しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

やまんじいとたろう」 みんなの声

やまんじいとたろう 作:松谷 みよ子
絵:西山 三郎
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1992年09月01日
ISBN:9784494001170
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,047
みんなの声 総数 7
「やまんじいとたろう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 昔話

    昔話では、鬼ややまんばから、さまざまな手で逃げることがよく見られますが、こちらも小さな男の子が、おおきなやまんじいと勝負して勝ちます。
    勝負の内容が「大声勝負」ということがいいですね。
    剣術などよりも、シンプルで、小さな子にもわかりやすいと思います。

    読むときには、声の大きさに気をつけると、迫力がますかと思います。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親切なたろう・・・

    昔話は、孫にも伝えていきたいので選びました。私が子供だったころは、昔話は、保育園の先生から、本を、読んでもらった記憶があります。他に、祖父、祖母からも聞いたかもしれません。桃太郎、さるかに合戦、つるのおんがえし、かぐやひめは、親からなのか、自分で本を読んだのか覚えていません。孫には、できる限り本で、伝えていきたいと思います。
    やまんじいとたろうからも、やさしいたろうが、自分のべんとうを、ねずみにわけてあげて、そのねずみさんが、弁当のお礼に、一生懸命にたろうを助けてあげる。やっぱり、恩を返すことは大事なことだから、この絵本から、学び孫に教えたい。たろうは、なにもしないが、おおごえのだしくらべも、勇気があり、ねずみさんもおおごえをだして、勇気をもって立ち向かい、堂々としていたところを誉めたい。どんな時にも、最後まであきらめないことも。今回は、ねずみさんのおんがえしをしっかりつたえたい。絵本のおかげで、たすかります。

    掲載日:2008/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • むかしばなし

    昔話は本当は語り継がれてきたものだと思います。ですが現在昔話を語れる親はいるのでしょうか。少なくとも私は語れません。ですので、松谷さんのこの本はとても有り難いです。昔話は好きだし、いいものだと思う。でも、子どもに語れない。葛藤でした。昔話は必ずと言ってよいほど教訓があります。そしてこの教訓が分かりやすいのがいいです。たろうは心優しいのでネズミにむすびを分けてあげる。分けてもらったネズミはたろうに恩を返すためやまんじいから身を守る。そして太郎を無事に送り届ける。正義と悪がとても分かりやすいし、“人には優しくしなくてはいけないなあ”というのが簡単に感じられる。そして、スリルも迫力も申し分ない。私は昔話が好きだからかもしれませんが、お勧めの絵本です。

    掲載日:2007/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ファースト昔話として・・・

    この絵本は、『あかちゃんのむかしむかし』という副題がついています。

    でも、ちょっとあかちゃんには難しくって、お話の中に入り込めないかもしれません。

    でも、少し大きくなった23歳の子どもたちの最初の昔話絵本として読んであげるとしたら、とっても良い絵本だと思います。

    ストーリも昔話とはいえ、優しいので、スーッと絵本の中に入ってこれると思います。

    うちの3歳になる息子も、この絵本、とっても大好きです。

    掲載日:2007/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 賢い太郎くん。

    怖いお話だけど、娘たちはすぐに大好きになりました。
    昔話パワーを感じました。
    自分たちのように小さな太郎が大きなやまんじいをやっつけちゃうって言うところがやっぱり魅力なのかな。
    実際のところ、太郎は何にもしてないんですけどね。

    掲載日:2007/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話が苦手でも、理解できる本です。

    • NON×2さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛媛県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    「あかちゃんのむかしむかし」と表紙に書かれてあるので、気になっていました。
    字の読めだした子供に、オススメです。
    我が娘は、昔話を読んであげても興味しめしたことがなかったのですが、
    自分で読むということ。
    簡単な内容で、分かりやすいということ。
    で、真剣に読んでいました。
    お弁当を分けてあげる優しさ・怖いものに立ち向かう勇気、
    理解できたと思います。

    掲載日:2007/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔ばなし

    むかしむかし山で迷子になったたろうの前にあらわれた恐ろしいやまんじい。たろうはやまんじいと大声のだし比べをする事になりました。たろうがお弁当をあげて友達になったねずみがとても
    かわいいです。こういう恐ろしいやまんばや妖怪!?に出会うむかし話って多いですね。その度に、知恵で相手を負かせてやっつけるところに痛快さがあります。このお話ではたろうはどうやってやまんじいから逃れるのか、それは読んでのお楽しみ♪

    掲載日:2003/07/01

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット