クリスマスのかくれんぼ クリスマスのかくれんぼ
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大人気!「これなあに?かたぬきえほん」のスペシャル版です。ツリーやトナカイなどクリスマスのいろいろがいっぱい登場します。

わたしがママのこでよかった?」 みんなの声

わたしがママのこでよかった? 作:リサ・T・バークレン
絵:ローラ・J.ブライアント
訳:湯浅 芳子
出版社:いのちのことば社
本体価格:\1,500+税
発行日:2001年9月
ISBN:9784264019312
評価スコア 3.8
評価ランキング 31,109
みんなの声 総数 4
「わたしがママのこでよかった?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 待ちわびた我が子へ

    寝る前のひととき。こうやって甘えた子供は、安心して眠りにつきます。
    美しい装丁の優しい絵が、緩やかで満ち足りた眠りへと誘います。

    が、この神様神様が曲者でした。
    子供は神様からの授かり物で神様のお導きで出会った。
    なんとなくそういう観念も持っていますが、話全体に流れる一神教っぽさがどうにも受け入れることが出来ませんでした。決して押し付けがましく描かれているわけではないのですが。勝手に反応してしまいました。
    ここさえ通過できるならば、就寝前の絵本として文句なしの良本でしょう。

    付加するならば、我が家のお父さんはイマイチ父親の感がないまま出産を迎えたタイプなので、この父母で待ち受ける様子に現実味がわきませんでした。
    父母で待ちわびたおうちでは、心底温かく語ってあげられるかも。川の字になって読んであげられたら素敵だろうな。

    掲載日:2007/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 決めゼリフの多用は逆効果

    • あまたろうさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、男の子6歳

    こぐまのルルのおやすみの時間です。
    ベッドに入ってママにふとんをかけてもらったルルですが、
    まだちっとも眠くありません。
    そこで、ルルは、ママに聞きました。
    「ママ、ルルはどこからきたの?」

    一日の終わり、ゆったりと流れる時の中、
    ルルとママの会話に乗って、お話が進んでいきます。
    ルルはかみさまのところから来たということ、
    おなかにルルがいるとわかった時どれほどうれしかったか、
    ルルの誕生をパパと一緒に待ち続けたこと、
    そしていよいよルルの誕生…。
    一つ一つの事柄が、走馬灯を見るように、丁寧に温かく描かれています。
    絵がとても柔らかで、出てくる動物たちの表情がみな優しいです。

    表題の「わたしがママのこでよかった?」は、終盤に出てきます。
    少し不安そうなルルに、ママが言った言葉は…。

    外国版『あやちゃんのうまれたひ』とでもいえそうな、素敵な作品です。
    登場するのがシロクマなので、親も照れずに読めそうです。(笑)
    一点気になったのは、「かみさまがあなたをさずけてくださった」という
    言葉が何度も出てくることです。(数えてみたら、計6回!)
    訳し方にもよるのかなーとも思いますが、これだけたびたび出てくると、
    かえって逆効果では? 正直、“しつこい!”と思ってしまいました。
    素敵な絵本だけに、ここだけが残念でなりません。

    掲載日:2006/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母の愛

    子供が幼稚園のころ、「今日は、ちょっと怒りすぎてしまったかな(反省)…」と思った日の夜、つい私が選んで読んであげていた本です。

    ママとパパは、あなたのことを生まれる前から、そして、これからもずっと愛しているよ…というメッセージが、やさしい絵とともに子供の心に残ってくれたらいいな。

    かみさまがさずけてくださった…というところに違和感はなく、いのちの不思議さを考えさせられ、感謝する気持ちになれると思います。

    掲載日:2006/04/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「神様」が…。

    「ママの子でよかった?」
    子供の純粋な問いかけに優しく答えるしろくまママ。
    イラストもふんわりと優しい表情が魅力的でした。
    とっても素敵な話だったのですが、やたら「神様」という存在を意識して書かれているところは、日本人には理解しにくいかったです。
    それに、くまの親子にしなくても、人間でも十分よかった気がするな。

    掲載日:2003/11/10

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / おおきなかぶ / パパ、お月さまとって! / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット