だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

この子だれの子」 みんなの声

この子だれの子 著者:宮部 みゆき
画家:千野えなが
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\620+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784061487390
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 短編集

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    4つの独立したミステリー短編が収録されています。
    『我らが隣人の犯罪』
    真面目な私は「えっ、これって犯罪でしょ!?」と思いながらも読みました。
    子供はハラハラドキドキワクワクかな、と思います。
    『この子だれの子』
    ある日見知らぬ女性が赤ん坊を連れて自宅に現れ、「この子はあなたのお父さんの子よ!」!?
    主人公の少年がけっこう大人と言うか冷静な印象でした。
    『サボテンの花』
    子供たちの好きにさせてあげてくださいよ。この担任はテスト問題といい、いろいろと問題ありですね。
    『気分は自殺志願』
    個人的にはこの話が一番好きだったかな。推理作家のところに「私を殺していただきたい」と言う男が現れて…。

    掲載日:2016/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い短編集

    かなり面白い大人が読んでも楽しめる短編集です。でも、一部、不妊男性と精子バンクのようなお話やゆすりのような話があるので、気になさるご両親は避けたほうが良いかもしれません。

    個人的にはとても面白く、小学校(中〜)高学年から読めると思いました。高校生くらいとかなら内容としても違和感ないです。収録されているお話は、「我らが隣人の犯罪」としても大人向けの文庫本になって出ています。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット