なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…

こねこ」 みんなの声

こねこ 作:岸田 衿子
絵:荻太郎
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\583+税
発行日:1985年04月
ISBN:9784834009859
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,262
みんなの声 総数 2
「こねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 仕草

    何気ない子猫の仕草に、孫の仕草を重ねました。

    子猫ちゃんのようにお昼寝しないのが違いますが、毛糸の玉に夢中にな

    って遊ぶのは子供みたいに可愛いよ。

    身近に見られる光景のような親近感を感じます。

    ちょうちょに移行したりするのもそうそう、そうそう・・・・
    やっぱりお母さんネコに甘える姿も可愛いね!

    ちょっとねこは苦手な私ですが、絵本だととっても可愛いと思いました

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい日本語

    • レラさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子1歳

    お友達から貰った中にたまたま入っていた一冊。多分自分では手にとらないだろうと思うのですが、息子にとってはとても気になる一冊のよう。子猫の仕草が丁寧に描かれていて、テレビなどの描写は昭和を思い出させる雰囲気。
    寝る前に持ってきたので、読んでみると、言葉遣いがとても美しいのです。日本語の美しさをきりとったような、そんな感じがします。私は抑揚をつけたり、いろいろとアレンジをすることが多いのですが、この本に限っては、そんなことをするよりも、淡々と読んだ方が、絵とぴたりとはまるような気がします。

    掲載日:2004/07/26

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット