もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

さとしとすてネコ」 みんなの声

さとしとすてネコ 作・絵:福田 岩緒
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1995年
ISBN:9784591041888
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,104
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 捨て猫

    学校の帰りに、子猫が捨てられていろことに気がついた、さとし。
    でも、猫が苦手なので・・・
    苦手でも、見捨てて行かないのですから、さとしは本当に優しい少年なのたと思いました。
    きっと、子猫は大切な家族になるのだろうなーと、ハッピーな予感がしました。

    掲載日:2014/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちの成長

    ネコが嫌いな男の子が、かわいそうな捨て猫を見捨てられず奮闘する様子が描かれていました。短いお話の中で、主人公の男の子が成長している姿がとっても感動的でした!!うちの子もこの男の子がガンバっている姿を見て応援しながら見ていました。

    掲載日:2013/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心理描写が素晴らしい!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子20歳

    ダンボール箱に入って
    ヒゲは下向き
    上目使いの悲しそうな瞳のこねこ・・・

    なのに、さとしくんは、ねこというか動物全体が
    ダメらしい・・・

    1日の中でほんの少しの時間なのかもしれないけど
    さとしくんにとっては
    大変な経験だったね

    心理描写のいろいろな動きが
    手に取るようにわかります

    ドキドキ、ハラハラ、キュ〜ン
    と、読み手も心を動かされます

    学校の登下校を
    車で送迎していたら
    こんな出来事は体験できませんよね・・・

    掲載日:2012/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少年の優しさと勇気のお話し

    • ちいニャさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子9歳、男の子4歳

     題名を見て想像していた内容とは、全く違っていましたが、とてもいいお話しだな、と思いました。
     動物が苦手なさとしは、下校途中にすてネコを見つけます。そのまま通り過ぎようとしますが・・・。かよわい子猫を守りたいという優しさと、守るために怖いものに立ち向かっていく勇気、読んでいて「がんばれ!」と応援したくなります。
     4歳の子に読みました。ちょっと怖がりな男の子や、小学低学年にもおすすめです。

    掲載日:2010/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • きっと大丈夫だよ。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    さとしはネコがきらいでした。ところが、公園を通りかかった時に、ごみかごの前のダンボールの中から、ミャーミャーと、ねこのなき声が追いかけてきました。
    このままにしておくと、きっとからすやヘビに襲われる、でも、ねこは嫌い…
    さとしの気持ちの揺れ動きがいたいほどわかります。
    じつは、私も猫なんて飼ったことはなかったのですが、空き地でひと晩中ないていた子ねこを拾ってきて育てた経験があります。頭よしよしくらいだったら触れましたが、自分でまだえさを食べることができなかった子ねこの世話なんて、想像もつかない世界でした。
    そんなことを思い出し、重ね合わせることのできたお話でした。
    さとしくんの優しい気持ちで、きっとクリアできることでしょう。
    子ねこの目の中に写っている自分は、きっと大丈夫だよっという目をしているはず。

    掲載日:2008/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 捨て猫と遭遇!!

    • エミミンさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    私の大好きな絵本作家、福田岩緒さんの絵本です。
    さとしは学校帰りに捨て猫と遭遇。動物が苦手なさとし、知らんふりで通りすぎようとしますが・・・。
    我が家の息子もさとしと同じく捨て猫ちゃんと遭遇した経験があります。
    学校帰りはいろいろな体験をしてくるものですよね。
    話も絵も一押しの絵本です。

    掲載日:2004/11/13

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / うんちしたのはだれよ! / ちびゴリラのちびちび / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット