ブルドッグたんていときえたほし ブルドッグたんていときえたほし ブルドッグたんていときえたほしの試し読みができます!
作・絵: 谷口 智則  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
谷口智則さん新作絵本!星が消えてしまった世界のおはなし

はんなちゃんがめをさましたら」 みんなの声

はんなちゃんがめをさましたら 文・絵:酒井 駒子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年11月05日
ISBN:9784032324204
評価スコア 4.81
評価ランキング 242
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 誰も知らない密かな冒険

    灰色の背景に切り取られたような絵は、まるではんなちゃんの夜の世界をこっそり覗いているかのようです。

    文章にはんなちゃんの言葉はありません。
    言葉はなくても表情で伝わってきます。

    なんせ静かな夜の冒険ですから、おしゃべりは小さな声でしているのかもしれません。

    酒井さんの絵は薄暗い夜の空気、雰囲気にとても合っていて静まり返った時間を感じさせます。

    はんなちゃんが月に見とれている後ろ姿は、子どもの純粋さと好奇心に、月明かりの危うさがマッチして、なんとも美しい
    チロの仕草や表情や動きもとても忠実で、感動しました。
    トイレの時の目つきなんてそっくりですよ!

    眠る前に読んでみてください。
    お子さまの読み聞かせにもぴったりだと思います。

    掲載日:2013/11/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 誰も知らない子どもの時間

    息子が小さかった時に、私が一人うたたねをしてしまうと、一人起きていた息子が、ソファーや机に落書きをしていたことがありました。

    この『はんなちゃんがめをさましたら』を読んだ時、息子が一人で起きて楽しんでいたであろうその時間のことを思いだました。

    一人目を覚ましてしまったはんなちゃん。一人で遊んだりトイレに行ったり。一人の時間をとても楽しんでいるよう。

    子どもが一人目を覚まして一人楽しむ、そんな時間を私たちは実際に目にすることはありませんが。

    この絵本を見るとこんなことありそうと思えてきます。そして、酒井駒子さんの描く子どもの世界のとてもかわいらくいとしいこと。

    ひょっとしたら、大人が子どもの時間に思いをはせて読む絵本の一冊かもしれません。

    誰も知らない子どもの時間がこの絵本の中にはあります。

    掲載日:2013/01/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • まだちっちゃなはんなちゃんが、夜中にひとりで目を覚まして、さまざまなことを体験していきます。
    お姉ちゃんも、お父さんもお母さんも眠っています。
    トイレに行って、冷蔵庫からさくらんぼをつまみ食いして、外の景色を眺めて…。
    まだ怖さを知らないほど小さいのでしょう。
    あれこれしていたら、夜が明けかけてきて、はんなちゃんは眠くなってしまいました。
    とても清々しい絵本です。

    掲載日:2013/01/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 今しかみれない姿

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    4歳のこどもと一緒に読みましたが、
    子どもには伝わらないんじゃないのかしらこの良さは・・・
    と思いながら読みました。

    本当に子どもらしい可愛さにあふれています。

    ねこと一緒に台所で
    さくらんぼを食べている姿なんて
    ほんと1歳児のわが子のなにげない姿そっくり。

    でもあの姿もこんな風にみると
    今しかみれない姿なんだなと
    なにげない日常の一瞬が大切に思えてくるから不思議です。

    まだ暗闇がこわくないからできる素敵な体験。

    息子たちもこんな時間を知らない間に過ごしてるのかしら。

    掲載日:2016/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもに戻って・・・

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    子どものころって、夜の世界がとても特別なものでしたよね。神聖でもありました。
    この絵本では、目をさましてしまったはんなちゃんの目を通して、子どもが感じる夜の世界を体験することが出来ます。どきどきとわくわくが伝わってきます。子どもははんなちゃんに憧れの思いを持って楽しめるだろうし、大人は失ってしまった感覚を思い出して楽しめると思います。酒井駒子さんの世界、素晴らしいです。

    掲載日:2016/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「真夜中」は子どもの興味のど真ん中。

    真夜中に目を覚ましたはんなちゃん。
    家の中で起きているのは自分だけ。
    初めての真夜中をそっと静かに楽しんで、
    気が付いたら、外がうっすらと明るくなってきています。

    優しく語りかけるような文章と、
    芸術的で、神秘的な夜の気配が感じられる挿絵。
    素敵な絵本です。

    5歳の息子は夜中に一人でトイレにもいけません。
    親が寝室を離れて仕事をしていると、泣いて呼びます。
    情けないことです。

    でも、息子は、この本を好んで読みます。
    どうやら真夜中というものに、興味があるようです。
    暗くて怖くて、はんなちゃんと同じようには振舞えないけれども。
    はんなちゃんをうらやましく思っているか、
    憧れているかのどちらかのように見えます。
    女の子は強いなあ。

    掲載日:2016/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • はんなちゃんと猫が最高に可愛いです

    読み進めながら 次のぺ−ジ 次のぺ−ジとはんなちゃんと猫の様子がなんともいえずかわいくて 癒される一冊です
    絵の感じも素敵で リビングに飾ってもインテリアになりそうです
    静かな夜のお話で ゆっくりひとりで読むと心がほっと温かくなります

    掲載日:2015/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 酒井さんの絵、大好きです!
    でも、子供向けの絵本の絵にしては
    重いように感じるときも…。
    しかし、夜が舞台のときはあいますね。
    とっても。
    あまりに芸術的すぎるような感じがしないでもないですが、
    一番きゅんときたのは、
    一番最後のはんなちゃんの寝姿。
    ほんっとにかわいい!
    夜のヒミツな感じがひしひしと伝わってくる
    すてきな絵本です。

    掲載日:2015/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秘密

    私用に購入し、息子も興味を示したので一緒に読みました。
    夜中に目を覚ましたはんなちゃんの静かで優しい夜の時間。
    息子も楽しんで聞いていました。
    鳥さんの絵が彼の中では印象に残ったそうです。あと、猫ちゃんも可愛い!と言ってました。

    掲載日:2015/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夜泣きする子に

    1歳半の息子に読みました。
    酒井さんのイラストが大好きなので、息子のためというより自分の目の保養のため、といった要素が大きいのですが、息子もとても気に入っています。
    暗めのイラストに惹かれる傾向があるのでそのせいでしょうか。
    「はんなちゃん」を息子の名前にして読んでいるから、ということもあるかもしれません。
    他の絵本も主人公を息子の名前で読むことが多いのですが、主人公が女の子でも気にしないみたいですね。
    小さい子が出てくると自分だと思いながら聞いてくれるみたいです。
    夜泣きをよくする子なので、夜に目覚めても大丈夫だよーという気持ちでいつも読みます。
    そのせいなのかどうなのか、ここ2日ほど夜泣きをしなくなりました(なのでレビューを書いてみました)。
    読み始めて2週間ほどたつのですが…。

    文字が少ないので1歳児でも気に入ってくれると思います。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / ねずみくんのクリスマス / おしりをしりたい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット