雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

だって ぼくは 犬なんだい!」 みんなの声

だって ぼくは 犬なんだい! 作:アラン・ブラウン
絵:ジョナサン・アレン
訳:久山 太市
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年
ISBN:9784566007468
評価スコア 3.75
評価ランキング 29,438
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 犬になった男の子

    このお話はイヌのマネをしている男の子が主人公でした。ママに怒られても犬のふりをしていたのですが、本物の犬を飼うってなった時にはあっさり犬の真似をやめていました。うちの子はそれが面白かったみたいで「本物の犬かったからマネやめたんだ!」って言って笑っていました。

    掲載日:2013/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一寸難解な絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    パパとママとぼくと妹の4人家族が舞台。
    ぼくが、犬のように振舞うシーンから始まります。
    そして犬のように振舞うシーンが延々と続きます。

    気になるのは、日本語訳のためなのかどうか分かりませんが、ママが妹を「ロージー」と呼び、ぼくのことを「あんた」と呼んでいること。
    あんたって呼ばれて、愛情を感じることのできる子供っているのでしょうか?
    何かのメッセージだと思うのですが、一寸理解に及びません。

    また、犬の真似をするシーンがずっと続くものだから、正直言って読んでいるのが苦痛です。
    最後は、犬を飼ってもらうことになって、ぼくは人間に戻るのですが、果たして両親の愛情を確認したかったのか?それとも犬が欲しかったのか?汲み取ることが出来ませんでした。
    絵本なのですから、読者によって様々な考えをもたせるのではなく、分かり易く伝えたいことを感じさせることが肝要なのではないかと思います。

    最後まで作り手の意図が理解できず残念でした。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんで?

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    うちはねこちゃんになってしまってから1ヶ月がたちました
    ことあるごとに、「ねこちゃんだもーん」とねこになります
    図書館で見つけすがるように読みました
    このサインは何なんだろう・・・
    絵本の中のパパとママはうまく気持ちをわかってあげれたので
    わたしも頑張りたいです

    子供の気持ちって複雑です。

    掲載日:2010/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃん返り?!犬返り?!

    • ゆぺちさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    子供の気持ちにハッとした絵本です。
    我が家は上の子が4歳、下が2歳。実際、上の子をほったらかしている事が多くまだ4歳なんだけど、『お姉ちゃん』だからしっかりしていて当たり前、って扱いをしてしまいます。
    この主人公の男の子も同じで、ママは妹のお世話に追われ、また妹には甘い感じが我が家と似ているって思いました。一番ハッとしたのはママは妹の事は「ロージー」って名前で呼ぶのに、男の子のことは「あんた」。胸が痛くなりました。
    そんな男の子が愛されていないと思うのは当然。そして、気を引こう作戦!それは赤ちゃん返りならぬ犬返り?!をします。その犬っぷりは見事です☆
    でも、男の子のその抵抗に打ち勝つお父さんのアイデアはすごい!
    本物の犬を飼うというもの。犬が欲しい男の子。犬は一匹しか飼えないと言われたから、犬のまねは止めるしかない!!そして、本物の犬と戯れる男の子を見て笑っているパパとママ。そんなパパとママを見て【まだぼくのこと好きでいてくれたんだ】と気付く男の子。その気持ちに気付いたから、もう犬返りは終わり☆そんなお話です。
    他の方のレビューとはちょっと違いますが(^^;)私はそんな風に受け取りました。
    男の子の淋しい気持ちに気付いた両親。一生懸命我慢していた男の子。どちらにも拍手って気持ちです。
    明日から4歳のお姉ちゃんにもう少し優しくしようと思いました。
    パパママに読んで欲しい一冊です。

    掲載日:2009/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • なになに???

    この男の子、寂しいのかなって思いながら読み進んでいくと
    犬が欲しかった?!
    そうなんだぁってなんだかびっくりしましたね。
    最初から本当の犬になりきっている男の子。なんだか不思議な本だなぁって
    思っていると仕事から帰ったお父さんが・・・

    最初から最後まで不思議な本でした。
    子供達は男の子がずっと犬の真似をしているのが
    不思議だし面白かったようで、読み終わって直ぐ
    「もう一回読んで〜」と言ってました。
    男の子の両親の男の子の気持ちをわかってあげられる
    事が凄いなと思いつつ、私の中ではちょっと異色な本でした。

    掲載日:2008/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子の心理は?

    • NON×2さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛媛県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    お父さんは仕事。お母さんは、手のかかる妹の世話で大変。
    だから、この男の子は犬になって、自分を見て欲しいアピールをしているのだと思いました。
    実際は、違いました。
    男の子は、犬が欲しかったのです。
    お父さんはすごい!
    息子の気持ちがわかったのですね。
    男の子の気持ちの変化が、子供にも理解でき、いい本だと思いました。

    掲載日:2007/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供が訴えたいことに気付くのは大変。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子10歳、女の子5歳

    まぁ、よくもここまで犬になりきれるもんだと思いました。
    子供って、本当にやって欲しいことは、口に出して言わないで、利かん坊したり、大人が考えないようなことをしたりしちゃうんですね。
    この絵本の中の主人公「ぼく」もそんな一人。
    ママが妹ばかり構うせいなのか、もう、とことん犬になりきって、何でもしようとします。
    でも、この「ぼく」の本当に訴えたかったことは、ママの気持ちを自分に向けたいだけではなくて、本物の犬が飼いたかったんです。
    それを見抜いたパパとママはすごい!!
    私がこのこの母親だったら、分からなかったかも…。

    掲載日:2006/01/29

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット