たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ジェフィのパーティー」 みんなの声

ジェフィのパーティー 作:ジーン・ジオン
絵:マーガレット・ブロイ・グレアム
訳:わたなべ しげお
出版社:新風舎
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年
ISBN:9784797449280
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,161
みんなの声 総数 18
「ジェフィのパーティー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 仮面をつけると…

    ジェフィ主催の仮装パーティー。
    参加の条件は、誰だかわからないくらい、おかしな服装で来ること!
    でも、それぞれがしてきた仮装は、ひと目で誰が誰かわかるもの…。
    ところが、いざパーティーが始まると、一体誰が誰なのか判らなくなります!

    自分らしい自分と、自分の中に眠るいつもと違う自分。
    どんな人も、いろんな面を持っているということ。
    もしかすると、自分の中にも、自分が気づいていない部分があるのかもしれないなって、わくわくしました!
    仮面つけてみようかな?(笑)

    掲載日:2016/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい絵本!

    「どろんこハリー」が大好きな4歳幼稚園年少さんの娘が,図書館でこちらの絵本を手に持って来たので一緒に読んでみました。
    ジェフィの提案で仮装パーティをすることになった子供達の様子が描かれている楽しい絵本です!
    たくさんの子供達が出てくるので整理しながら理解していくのは小さな子供には少々大変ですが,楽しい絵本でした。
    幼稚園児から小学生低中学年まで楽しめる絵本ではないでしょうか。
    お話の内容も大人が読んでも考えさせられるところもありました!

    掲載日:2015/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジェフィは仮装パーティーをひらくので、友達に招待状を送るのです。
    なんて、楽しいパーティーなんでしょう。
    夢があるな〜
    みんなも何に変装しようかと、心ときめかせているのがかわいい!
    自分で買い物に行って作ろうとしているのも楽しいです。
    本当に、おもしろい変装です。
    カーニバルも大好きな民族性がいいな〜
    私も高校の時仮装行列があって、楽しんだのを思い出しました。
    みんなが、ジェフィの家に行くときに、あっ!どろんこハリーもいる、
    これを見ると嬉しくなりました。
    ジェフィがみんなにアイスクリームをごちそうするのです。
    みんなとっても楽しそう。
    ジェフィは寝る前にパパに言ってる言葉が、大人びてるな〜
    子供がこんな事を言うのが、少々心に残りましたが、どろんこハリーの
    絵本のジーン・ジオン氏はおもしろい事が好きなのだな〜と思いました。

    掲載日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • パーティが楽しい

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ジーン・ジオン/作、マーガレット・ブロイ・グレアム/絵の夫妻による1957年の作品です。
    この夫妻の作品では、あまりにも「どろんこハリー」が日本では有名。
    この作品は、2004年に邦訳されたものの、残念ながら今は絶版となっていました。

    物語は、主人公の女の子のジェフが、パーティの招待状を友達に出状するシーンから始まります。
    そのパーティが、仮装なのです。
    今から50年も前の作品に、こんな発想のものがあるというのが、最初の驚きでした。
    招待された8人の友達が、それぞれどんな仮装をするのか?思い思いに考えるさまを1ページを使って描いています。
    楽しいのは、会場に到着した時に、みんなが考えた仮装の人物が、結局正しかったということ。
    それぞれが、自分のイメージにあわせて仮装したということなのでしょう。

    それにしても、パーティをする位ですから、ジェフの家は大きな屋敷というに相応しいもの。
    ゲームをするにしても、芝生の上での競争をしたりするのですから、日本の住宅事情からすると、あまり想像できないかも知れません。

    登場人物、文章量とも多いので、一回読んだだけでは、この絵本の面白さは理解出来ませんでしたが、繰り返し読みたくなる作品なので、その点は大丈夫だと思います。
    十人十色ということを改めて認識することになる、そんな絵本で、実に楽しい作品でオススメします。

    掲載日:2011/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仮装パーティ

    知り合いの小学生の息子がゲラゲラ笑いながら読んでいるのをみて、いつかわが息子にも、と思っていました。
    仮装パーティに誘われた子どもたちはそれぞれどんな仮装をしようか楽しく考えます。
    さて、パーティの当日、みんなが仮装してきたものは・・・。
    こんなパーティがあったらきっと楽しいだろうなと思います。
    5歳の長男も楽しそうに読んでいました。

    掲載日:2011/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仮装パーティー

    仮装することで、いつも憧れていた自分にもなれるし、自分にもこういう面ももっていたことに気づいてよかったと思いました。自分で新しい自分の発見も出来るし、お友達のいままで見せなかったよい面にも気づくことが出来てよかったと思いました。とても楽しい仮装パーティーでお友達の興奮する気持ちも伝わってきました。

    掲載日:2011/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しそう♪

    こんな本格的な仮装パーティ、とっても楽しそうですね!
    3才の娘はハロウィンの時にビニール袋で作ったおばけに
    なった事がありますが、この変身に興味津々。

    子ども達がそれぞれ「何に変身しようかなぁ」と思いを巡らすシーンには
    「私は、これとこれがいい!」とお気に入りの変身を指差しています。

    楽しいだけじゃないのがこの絵本のいいところ。
    他の人から、分からないように変身したら、いつもと違う自分にもなれてしまう。
    人間にはいろんな面がありますよね!
    最後にそれに気付くジェフィー。

    うん、もうちょっと大きくなって、その事に気付く頃にまた読んであげたいです。

    掲載日:2010/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 様々な素敵な側面があることにも気づく

     子どもながら大掛かりなパーティーです。
     きちんと招待状を出すジェフィ。
     受け取ったお友だちは、真剣に仮装を考えてます。
     おかあさんに「僕はなんに化けたらいい?」と聞く子に、「あなたが自分で決めるのよ。」という答え。
     『ん〜、さすが〜。こうでなくちゃ自立心は育たないんだな〜。』と、反省の私。
     もし、こんな招待を息子が受けたら、率先して息子にアイディアを押し付けちゃいそう。

     お友だちが、どんな仮装にするかあれやこれや考えているページが楽しい。
     お友だちって、色んな子がいることに、読んでいるこどもたちも気づけそうです。
     それぞれ、可愛らしい仮装でパーティーへやって来たページにワクワクしてしまいました。
     それぞれのパーソナリテイに合った仮装でやって来たのに、ゲームが始まると仮装の効果か、本来のパーソナリテイからかけ離れた行動にでるシーンがまた楽しい。
     ジェフィと一緒に、人には正面だけではなく様々な素敵な側面があることにも気づける作品でした。

    掲載日:2010/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハリーが好きならこれも。頭の体操に!

    • セルバさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子5歳、男の子0歳

     今、我が家ではわたなべしげおさんの訳本がなぜか娘たちのブームのようで、再度借りてきました。
     この本は、内容は仮装パーティーに招待される絵本なのですが、誰が誰に変身というところが、超頭使います。
     何度も何度もページを繰って、この子がこれ、とやっているとあっという間に時間がたってしまいます。さらに、子供たちの気質を「ひょうきんな」等単語で表しているのですが、そのひとつひとつが娘たちには難しいらしく、いちいち説明を求められて、結構大変です。

     ここは母親らしく間違わないように注意深く教えなくては、と緊張を強いられるため、私の中ではこの本は頭の体操絵本です。

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • この本だったらほしいな

    ジーン・ジオンとマーガレット・ブロイ・グレアムの読んでいない本いうことで借りてきました。

    読み終わって「この本だったらほしいな」と思ったのですが、絶版なんですね。がっかりでした。

    ジェフィは「だれにもわからないようにおかしなかっこうできてください」という招待状を送ります。

    その招待状をもらったお友だち一人一人の性格が書かれているところが、この本の特徴だと思います。

    はずかしがりやさんは?そうぞうしい子は?どんな仮装をするのかな?とワクワクしました。「だれにもわからないように」というのがキーワードですもんね。

    子どもだったら、こんなパーティー出てみたいのではないでしょうか。息子も楽しんで見ていました。

    ジェフィの家の近くで、ぶちの犬を発見した息子は「ハリーがいる」と喜んでいました。

    パーティーを終えたジェフィの言葉もよかったです。

    掲載日:2009/03/03

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット