雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

にんきもののはつこい」 みんなの声

にんきもののはつこい 作:森 絵都
絵:武田 美穂
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2001年04月
ISBN:9784494013340
評価スコア 4.42
評価ランキング 8,383
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • クラスの人間関係に悩むようになったら

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子4歳

    2年生の長男に薦める本を探していて自分で読んでみました。

    シリーズもので、巻ごとにクラスの色々な立場の子が主人公になっていますが、この巻の主人公は、クラスの人気者の女の子。人気者も人気者なりに色々と苦労があるようです。

    読むのは低学年でも読めますが、このような人間関係は4、5年生くらいからかな〜と思いました。シリーズ数冊を借りて来ていたのですが、息子は何度も繰り返し読んでいました。

    掲載日:2016/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • プライドの高いのが鼻につく女の子っているけれど、純粋だから背伸びしすぎに疲れたら普通の女の子に変身できるのでしょうか?
    にんきものシリーズは、クラスの人間関係が、色々な観点から描かれていて、とても面白いと感じました。

    掲載日:2015/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • こまつくん素敵!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    8歳の息子と読みました。

    人気者シリーズもこれで3冊目。
    私たち親子にはすっかりおなじみになった「こまつくん」と、
    学級委員のけいたくん、かなえちゃんも登場して、
    とっても親しみの湧く一冊 と思いましたが、

    主人公のきさらぎさんが、かなりいけすかない!

    小学生目線だとかなりキツイものがあったらしく、
    息子はかなりアンチ・きさらぎさんになっていました。

    きさらぎさんにも色々と背負っているものはあるのだけど、
    小学生の土俵では、そんなところまでは気が回らないようです。


    それにしても今回、活躍したのは、やっぱりこまつくん。
    きさらぎさんを傷つけることなく、
    ここまで変えてしまった彼の力には
    大人ながらも尊敬するところがあります。

    どういう育ち方をしたらこんなデキタ人間になったんだろう。
    是非、こまつくんのお父さん・お母さんが主人公の一冊も
    シリーズに登場してきてほしいです。

    掲載日:2015/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小2の長女が借りてきました。
    この主人公の気持ちは、男子には
    わからないだろうなあと思いました。
    ちょっと一昔前のトレンディドラマ的な発想です。
    が、こういう気持ちって
    昔も今も女子の中にある普遍的な気持ちっていう
    気もします。
    なんとも。
    でも、うまく、子供らしいオチでまとめてあって、
    大人びたテーマでドキッとするけれど、
    これはこれで女子は面白いと思える内容だと思いました。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男子のアイドルが恋をした

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    男子のアイドルの女の子がクラスメイトのキンキンに恋をしてしまいます。
    彼女の対男子と対女子での態度の差にびっくりです。対男子の時とそうでない時では顔が全く違って、え?同一人物だよね?と思ってしまうほどでした(笑)。
    にんきものシリーズはほかのお話とリンクしているのでぜひ他のお話も読んでもらいたいシリーズです。

    掲載日:2014/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2冊一緒に、是非!!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    「にんきものをめざせ!」と一緒に読むことをお薦め!
    同じ場面が出てくるんです

    女の子でもいろんな種類(^^ゞがあって
    何でだろう〜と思うと
    そうそう、いろんな事情
    背景があるんだよね・・・

    きさらぎさんはきさらぎさんで
    辛かったと思うなぁ・・・

    クラスの女子の存在が
    なんかおかしい
    どこの学校でもそうなのかな〜

    金魚が絡んでいるのがなんともいいです

    いろいろ考えさせられますよ
    小学中学年の女の子に是非!
    ママも一緒に是非!

    掲載日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぶりっ子にはぶりっ子の想いってやつが

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    「にんきものの本」シリーズ4作目。
    私も子どもも、ぶっちぎりノンストップで、この4冊を読み切りました。えぇ、そりゃ〜面白くって面白くって。

    4作目のこの本はクラスの女子には嫌われ者、男子には人気者のきさらぎまいこが主人公です。
    まいこは男子の前ではいわゆる『かわい子ぶりっこ』ってやつをしています。だから、見た目はかわいいけど性格はちょっとって、女の子。

    そんなまいこ目線で、物語は進行しています。
    ぶりっこはぶりっ子なりに、いろいろ悩みがあって、努力もしているんだ。と、まいこの身になって、初めてわかることもあるんですね〜。

    うちの子どもたちはラストの方の、キンキン(こまつくん)とまいこが金魚ばちを持ったまま会話するところで、とてもウケていました。

    やっぱりお薦めするとなると、ちょうど主人公たちの年齢である小学校3〜4年生くらいが、一番気持ちが分かるかもしれませんね。
    でも、字が大きくて読みやすいので、ひらがなさえ読めれば2年生くらいからでも面白いと思うし、字や絵が大きすぎるのを我慢すれば6年生でも楽しめるお話だと思います。

    掲載日:2009/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美男美女カップル誕生?!

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    にんきものシリーズ4巻目。いよいよ最終巻です!

    けいた→こまつくん(キンキン)→かなえ・・・と、1巻毎に主役が代わり、今回は、男子のアイドル・女子の嫌われ者のきさらぎさん。

    あはは。小学4年生で、こんな子がいたら、お目にかかってみたいわ〜というくらいの極端に個性的なキャラですが・・・
    彼女の立場で書かれたストーリーを読むと、「魔性の女」を目指すのも、色々苦労があるのね〜と、同情したくなります。

    家庭の事情で、そうならざるを得なかった下りは、大人には、けっこうズキンときます。

    でも、こんなきさらぎさんでも、普通に恋をして悩んだり、衝動的な行動をしたり・・・なんだか、後半は、かわいく思えて応援したくなります。

    そんな女心を知らずに、最初から最後まで、のほほんとしたキンキンのキャラがいい味出してます(笑)。

    要するに、男の子より、女の子の方が、大人なんですよね〜!
    実際に、年頃の男女中学生を持つ母には、よ〜くわかります。
    でも、なぜか、小2の次女がはまってるシリーズなんですけどね。

    今後も、森絵都さん&武田美穂子さんコンビで、どんどん児童書出してほしいです♪(母もはまりました。爆)

    掲載日:2008/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当の自分を出せるっていいよね

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    にんきものシリーズの最後の作品になるのかな?

    今回は男子のアイドルきさらぎさんのお話です。

    きさらぎさんは『魔性の女』をめざしています。

    男の子にはアイドルでも女の子には嫌われ者・・でもそんなの全然気にしないところがすごい!!

    でもね・・子どもの世界にもいろんなことがあるようで成長していくんですよね。

    きさらぎさんもちょっとしたきっかけで・・・女の子たちからの見る目に変化が起こってくるのです。


    なんとなく難しいのか我家ではこの本は3冊読んだのでついでに読んだという扱いを受けてしまいました。
    もう少し高学年になってから読んだほうが共感できたのでしょか??

    私自信もきさらぎさんみたいな子って・・・想像ができないので星4つにしました

    掲載日:2008/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優等生の複雑な気持ち

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子12歳、女の子9歳

    優等生ってなかなか自分の気持ちを表せない。周囲の自分を見る目を裏切るわけにはいかないから。でもこの本の主人公はある事件をきっかけにそんな優等生の自分をふっきっていきます。
    子どもって子どもなりにいろいろと考えているんだなと改めて思います。
    絵が多いですが、絵本ではなく物語。内容的にも小学校中〜高学年の子どもに読んでもらいたい本です。

    掲載日:2007/04/03

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット