注目の作品!

【PHP研究所】イチ押しの作品をご紹介

    シリーズ累計300万部突破! 「遊んで学べる」迷路シリーズ第17弾!

  • 恐竜の迷路

    恐竜の迷路

    作:香川 元太郎 香川 志織
    絵:香川 元太郎 香川 志織
    監修:冨田 幸光
    出版社:PHP研究所

    シリーズ累計300万部突破! 「遊んで学べる」迷路シリーズ第17弾!  通常より1場面多い13場面に広がる恐竜世界は、臨場感あふれる圧巻の迫力! 恐竜の世界が迷路になった! かくしえ、クイズもいっぱいだ。 ひそんでいる恐竜にも気をつけて、さあ出発!! 各場面では、「めいろ」「めいろ2」「かくしえ」「みつけよう」の4つの問題...続きを読む

出版社おすすめ

  • 進化の迷路 原始の海から人類誕生まで

    大好評『時の迷路』『文明の迷路』『自然遺産の迷路』に続く第4弾! 古代生物をめぐる進化の島へ出発し、盗まれたディスクを探します。遊びながら生命の歴史に興味を持てる一冊。

    進化の島の研究所からスタート→「三葉虫の入り江(カンブリア紀・オルドビス紀)」→「魚たちの海(シルル紀・デボン紀)」→「巨大シダの沼(石炭紀・ペルム紀)」→「は虫類の森(三畳紀)」→「恐竜の平原(ジュラ紀)」→「花と恐竜の谷(白亜紀)」→「ほ乳類の丘(第三紀)」→「けものたちの高原(第四紀)」→「原人の洞窟」→「進化の木」

    各エリアにある、迷路、かくし絵、むつかしい迷路、クイズなど、一見開きで何度でも遊ぶことができます。また、最後の問題でもある「進化の島の謎をさぐれ」では、探し物を…続きはこちら >>>

  • 昆虫の迷路 秘密の穴をとおって虫の世界へ

    ベストセラー「遊んで学べる」迷路絵本シリーズ、第7弾! 

    精緻に描かれた昆虫の世界には、迷路やかくし絵が仕掛けられています。そこには、「テントウムシの庭」や「クワガタムシの林」などの国が広がり、いろいろな種類の昆虫が暮らしています。正確に描かれた生態や生息場所、幼虫やさなぎの姿、いろいろな昆虫の名前など、迷路やかくし絵を追っていくうちに楽しみながら学べます。遊びながら自然への関心が高まり、生物への興味や好奇心が育つ一冊。

    <内容>犬の散歩をしていたら、犬が秘密の虫穴へにげてしまったんだ。ぼくたちも虫穴を通って犬をつれもどしにいこう! 「テントウムシの庭」→「セミの木」→「クワガタムシの林」→「ホタルの夜」→「トンボの川」→「ゲンゴロウの池」→「カマ…続きはこちら >>>

  • 乗り物の迷路 車、電車から船、飛行機まで

    累計230万部突破「香川元太郎の迷路絵本」シリーズの第10弾! 「鉄道基地」や「工事現場」「豪華客船」などにある迷路を通り抜け、かくし絵を見つけよう! 乗り物の種類や名前、用途、昔の乗り物……、遊びながら知的好奇心が広がり、想像力が育つ絵本。子どもと大人が一緒になって、家族みんなで楽しめます。

    <内容>たいへんだ! 博士が組み立てていた新発明の乗り物が、スパイにぬすまれた。乗り物のパーツをとりかえしに行こう! 「自転車の丘」→「車の街」→「バスにのって」→「鉄道基地」→「新幹線の駅」→「おまつり広場」→「工事現場」→「港で船に」→「豪華客船」→「空港」→「空の乗り物」→「夢の乗り物王国」

    最後の場面には、「夢の乗り物コンテスト」で当選した方々の作品…続きはこちら >>>

  • お化けの迷路

    お化けの迷路

    作・絵:香川 元太郎
    価格:¥1,300+ 税

    • ためしよみ
    • ‘全ページためしよみ

    ベストセラー「遊んで学べる」迷路シリーズの第13弾のテーマは、お化け!
    「幽霊の学校」や「お化け屋敷」などにあるこわ〜い迷路を通り抜け、かくし絵を見つけよう! 
    日本の幽霊、妖怪はもちろん、世界のモンスターも登場します。

    定番の「かくし絵」さがしや「めいろ」、「回文さがし」のほか、
    今回は、「なぞなぞ妖怪箱」という絵解きなぞなぞや、
    2ページにわたるかくしえを見つける「秘密のドクロ」、全場面をめぐり「キツネの旅」といった遊びもあります。
    さらに、4ページにわたる「天国の迷路」というシリーズ初、縦長迷路つき!
    エンターテイメント要素が満載の一冊です。

     <内容>「夕やみの街」→「幽霊の学校」…続きはこちら >>>

ユーザーレビュー

  • 楽しいです

    5.0

    こちらの魔女シリーズ。これが確か3冊目だと思います。 前に出ていた2冊も楽しかったので期待して購入しました。 そして期待通り、読み終えた娘からは「楽しかった!」の声が。 内容的には、挿絵が多いので、小学1年生から読める児童書だと思います。 娘のように3年生でもまだまだ楽しめます。ぜひもっとシリーズで出してほしいです。...続きを読む

  • みんなで読んでね

    4.0

    これは親子で読んでほしいです。 毎日お母さんから怒られてばっかりの子供、 そして 毎日子供にガミガミ言っては自己嫌悪のお母さん。 どちらにも読んでほしいです。 親だって昔は子供でした。 お母さんもいっぱい怒られました。 でも大好きだからこそ怒っていると言うことを 子供に伝えたいですね。...続きを読む

  • 辿っていこう!

    4.0

    雪の中をまほちゃんが歩いていると ゆりちゃんと名前が入った手袋が落ちていました。 そのゆりちゃんを探しに行きます。 足跡を辿っていけば会えるかな? なんか手袋以外にもいっぱい落ちてるな・・ セーターまで落ちてるよ。 途中で脱いでるの? ゆりちゃんに出会えた後は とてもステキな出来事が待ってい...続きを読む

  • このシリーズ、大好きです☆

    5.0

    一緒に読んでいた子供は、最初に現れた「いちごをかぶるしろくま」に大爆笑!!なにこれ!なにこれ!と言いながら、ずっと笑っていました。また、白に真っ赤な色が映えること。このコントラストだけで、かなりビビットな笑いが期待できます。このシロクマシリーズは何冊か読んでいますが、毎回期待を裏切らない面白さです。とぼけた顔をして、いろいろなものに入り込...続きを読む

  • おしゃれなカップケーキ

    4.0

    タイトルが気になって、手に取りました。 ネズミのルビーとレナードが、みんなに内緒で、カップケーキを作るお話です。 ちいさなネズミが、大きな牛乳パックや卵を使って、本に書いてある通りにカップケーキを作ります。 出来上がったカップケーキの、おしゃれで可愛らしいこと。 こんなのが作れて、すごいなぁと感心しました。 巻末には、カップケー...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット