注目の作品!

【PHP研究所】イチ押しの作品をご紹介

    第4回 未来屋えほん大賞に選ばれました!!

  • 10かいだての おひめさまの おしろ

    10かいだての おひめさまの おしろ

    作・絵:のはな はるか
    出版社:PHP研究所

    • ためしよみ
    • ‘全ページためしよみ

    おひめさまに憧れている女の子のもとに、お城からパーティーの招待状がとどきました。 「あなたを おしろの パーティーに ごしょうたいいたします。 すてきな おひめさまに なって おしろの いちばん うえまで きてください」 テディベアに案内された女の子が、10階建てのお城に入ると……。 【1階】おふろに はいって ピカピカに ...続きを読む

出版社おすすめ

  • あくたれラルフのハロウィン

    「あなたが いちばん すきなものに へんそうして きてね」
    あくたれねこのラルフとセイラの家に、友達からハロウィンパーティーの招待状が届きました。セイラはラルフに、ラルフはセイラに、変装して行くことにしました。ところが、セイラの恰好をしたラルフは、自分の恰好が気に入らず、おばけに変装している友達の衣装をぬがせたり、りんごあめをお風呂場中にくっつけたり……いたずらばかりのやりたい放題! 友達は、本物のセイラがいたずらをしていると思い、「帰ってほしい」と言います。ラルフの恰好をしたセイラは、友達に嫌われたかと思い泣いてしまいます。そこへ、黒猫が現れると、セイラはこれ以上に嫌なことが起こるかと思い嫌がりますが、ラルフのおかげで……。

    どんなにあくたれていても、大きな…続きはこちら >>>

  • ゴマとキナコのおいもほり

    「明日はおいもほりにぴったりのいい天気になるでしょう」天気予報を聞いたゴマとキナコは、おいもほりに行くことにしました。軍手や長靴、リュックなど、おいもほりに必要なものを準備します。ところが、ふたりはわくわくしすぎて、夜になってもなかなか眠れません。

    次の日の朝、さっそくおいもほりにでかけました。畑に着くと、「おいもほりたいけつ」が始まって、ふたりは一生懸命おいもをひっぱります。すると、おおきなおいもと、たくさんのおいもがとれました。

    ところが、おいもがぬけた勢いで、キナコがどこかに飛んでいってしまいました。キナコを必死で探すゴマ。すると、どこからかキナコの声が聞こえてきました。キナコは、深い穴の中に落ちてしまったのです。穴の中は、暗くて今にも何かで…続きはこちら >>>

  • はないきおばけと くちいきおばけ

    口を閉じればインフルエンザにかからない⁉ 風邪をひかなくなる絵本!

    テレビや新聞で多数紹介☆医師である今井一彰先生が考案した「あいうべ体操」は、口呼吸を鼻呼吸に変えていく舌の体操です。
    本書は、子ども達が簡単に楽しく覚えられるようにと初の絵本化!
    舌を正しい位置にもっていくことで、口が閉じられ、鼻呼吸ができるようになります。

    鼻で息する「はないきおばけ」と口で息する「くちいきおばけ」。ライバルのふたりは、山のてっぺんまで競争することに。
    最初は、勝っていた「くちいきおばけ」でしたが、疲れが出始め、最後は「はないきおばけ」が楽勝♪
    元気の秘密を教えてもらったら、「あいうべ体操」してるんだって!続きはこちら >>>

  • おかしとおうちくれませんか?

     山奥におばけがすんでいるほらあながありました。おばけたちは、じめじめしたくら〜いほらあなの中で、「すてきなおうちにすみたいな〜」「おかしをたらふく食べたいな〜」「わくわくするいたずらでもしたいな〜」と夢見てばかりいました。

     そんなある日、街にでかけていたおばけが帰ってきて「街では『ハロウィン』がはやっているらしいです」と、みんなに伝えました。そして、「ハロウィンはおばけが堂々と街を歩けて、そしておかしもやまほどもらえる。さらに、いたずらもしほうだい!」と教えてくれました。それを聞いたおばけたちはおばけに磨きをかけて街にでかけました。

     街は、ハロウィンで盛り上がっています。「トリックオアトリート!」と言いながら仮装して家を訪ねる人間の子どもを見…続きはこちら >>>

ユーザーレビュー

  • しあわせさがし

    4.0

    「どうぶつびょういん」や「しまうまのしごとさがし」を読んで、とても面白かったので、このシリーズをいろいろ読んでみたいと思いました。 今回は、さばくの王様に頼まれ、しまうまくんは「まぼろしのどうぶつ」を探すたんけんに出かけます。 そのたんけんは、「しあわせ」さがしの旅となりました。 ほっこりするお話です。 ところどころにカラーのイラ...続きを読む

  • 未来の自分の姿

    5.0

    同じ作者の「どうぶつびょういん」という作品を読んだことがあります。 こちらは、そのしまうま先生の子供の頃のお話のようです。 自分に向いたしごとが果たしてあるのかしら?と不安になるしまうまくんのお話。 いろんな動物たちにインタビューして、あれこれ、一生懸命悩む様子が健気で可愛かったです。 そして、ラストの白衣のシーンが、「どうぶつび...続きを読む

  • 楽しいクリスマス

    4.0

    ぞうのパオちゃんとおともだちのクリスマスの楽しいお話でした。雪遊びにケーキ作りにお父さんサンタさんの登場…1冊の絵本から楽しいクリスマスの様子がたくさん詰まっているのを感じます。ちょうど良い長さなのもいいですね。楽しめました。...続きを読む

  • 耳を澄ませて

    4.0

    耳を澄ませると聴こえる音。ほんとは聴こえないかもしれなくても、心の中で聴こえる音ってあるかもしれない…そう感じさせてくれる絵本です。地球で感じる音、お腹から感じる音、主人公とお母さんが赤ちゃんを、待ち遠しいと思っているのがすごく伝わってきました。...続きを読む

  • 色んな仲間が出てくるのが楽しい

    4.0

    かがくいさんの、おしくらまんじゅう、だるまさんシリーズが好きな1歳9ヶ月の息子に選んで読みました。最初は田植えが何なのかよく分からないためか、興味がなさそうでしたが、たこさん、いかさんが来たあたりから楽しくなってきたようでニコニコ聞いていました。...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット