話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

おおはくちょうのそら
  • 全ページためしよみ
  • ちょっとためしよみ

おおはくちょうのそら

  • 絵本
作: 手島 圭三郎
出版社: 絵本塾出版

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おおはくちょうのそら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年01月
ISBN: 9784864840637

A4・40ページ

出版社からの紹介

病気で空を飛ぶことのできない子どものために、北の国に帰る時期を遅らせていたおおはくちょうの家族。しかし旅立ちの日は近づいています。そして、おとうさんは子どもをおいていくことに…。おおはくちょうの家族の悲しくもやさしい物語。1988年、ニューヨークタイムズ紙が選ぶ世界の絵本ベストテンに選出された名作絵本。

おおはくちょうのそら

ベストレビュー

悲しみの受容のなかにある家族の愛を伝えて

表紙の絵で心震える方は、動物が好きな方や自然と共に生活をされている方、北国の生活を経験されている方なのかもしれません。北海道の野生動物の“いのち”をまっすぐに語っている本で,木版画絵本作家の手島圭三郎さんの2作目(1983年)になります。2015年に再度出版されるまで,ほとんど書店では探すことができませんでした。「おおはくちょうのそら」から“いのち”と“家族の愛”をメッセージとして受け取ることができます。この本は子どもから大人まで、そして朗読していただくと,情景が描き出され最後に近づくにつれて声にならなくなります。死に寄り添うおおはくちょうの一家の姿を通して、家族の愛といのちの悲しみの受容を広大な自然が優しく、そして巡りくる季節が家族の思い出とともに、おおはくちょう一家を包み込みます。木版画のタッチが、広大な自然の景色を導いてくれます。
(KotohaMatsuoさん 40代・ママ 男の子14歳、女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


手島 圭三郎さんのその他の作品

ひとりだちする きたきつねのこども / すだつ きたのかわせ / たんちょうづるのそら / あざらしのはる / くまげらのはる / はしれ はるのゆきうさぎ



【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

おおはくちょうのそら

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット