話題
ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん

ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん(くもん出版)

「うた」は幼児のことばの世界を広げるのに最適!

  • 役立つ
  • ギフト
  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
ふねのとしょかん

ふねのとしょかん

  • 絵本
作・絵: いしい つとむ
出版社: 文研出版 文研出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年07月30日
ISBN: 9784580823280

幼児〜小学校低学年向き
32ページ A4変形判

出版社からの紹介

ぼく はじめて ふねの としょかんに のるんだ。どきどき している。
ふねの としょかんは まるで ほんの もりみたい。
としょかんでは せんちょうさんが おはなしを きかせてくれたり、みつけた しまで たんけんしたり。いろいろな いきものに であったんだ。
でも、あそびつかれちゃった  ぼくは しらないうちに ねむっちゃった。
むかえにきてくれたおかあさんのせなかでくーくーくー。おやすみなさい。

ベストレビュー

体験してみたい☆

船が図書館になっているだなんて、娘が喜びそうだな〜と思って読んでみました。ねずみの兄弟たちがお母さんと離れて船に乗り込むところからお話は始まります。船の中は本に溢れねずみやカエルたちが好き好きに楽しんでいます。

ページをめくるごとにねずみの兄弟がどこにいるかを探しながら、自分もその船に乗っているかのようにわくわくしました。途中でアクシデントが起きても船長さんが機転を利かせてくれたり海の動物が助けてくれて、楽しい一日を過ごしたねずみの兄弟たち。

最後はお母さんの元に帰っていき、この冒険も幕を閉じます。子どもに体験させたくなるような素敵な船の旅。どこかの遊園地にこんなアトラクションがあったらいいな〜と思いました☆
(ouchijikanさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • わたしたち
    わたしたち
     出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
    母と子の強い絆を描いたチリの絵本。いつか旅立ってゆく、あなたへおくるメッセージ

いしい つとむさんのその他の作品

紙芝居 おおあめ、ゆだんしないで! / オタマジャクシつかまえた! / ばあばは、だいじょうぶ / うれしいやくそく / ふたごのどんぐり / はなねこちゃん



出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

ふねのとしょかん

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット