いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ばらいろのかさ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ばらいろのかさ

  • 絵本
文: アメリー・カロ
絵: ジュヌヴィエーヴ・ゴドブー
訳: 野坂 悦子
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2019年06月15日
ISBN: 9784834083576

読んであげるなら 5・6才から 自分で読むなら
ページ数:76ページ/サイズ:28×23cm

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

雨の日になると、気持ちがしずみ、なんにもやる気がしなくなる。
部屋に閉じこもって、太陽がまた顔を出すまでふとんにもぐりこんでしまう。
アデルは雨の日が苦手。

普段のアデルは、明るく輝き、笑顔の似合う愛らしい女性です。
海辺の村でカフェを出し、アデルが大好きなお客さんたちが集まってきます。

「ばらと、ひなぎく、チューリップ。」
週2回、八百屋のリュカが持ってきてくれた花で、花束をつくってお店のテーブルを飾ります。
トレードマークの「みずたまエプロン」をしゃんとしめて、髪にはバラのつぼみをさして。
なんて魅力的な女性なのでしょう。

この辺りに住む人たちにとって、小さな明かりがいつも灯っているカフェは、もうひとつの「家」。そして、そんなみんなにとってアデルは太陽そのものだったのです。リュカにとってもそう。

そんなアデルがただ一つ苦手なもの。
……それが、雨の日だったのです。

だけど、ある日。カフェを店じまいにした後に、小さな出来事が起こります。
あるものが置かれていたのです。
いったい誰が? なんのため?
アデルの素敵な物語は進んでいきます。

バラ色に輝くワンピース、すっとした立ち姿、キュートなエプロンとその笑顔。
誰もが憧れてしまう女性、アデル。
見ているだけも幸せになってしまうような彼女にも、繊細な一面があるものです。
そんな曇った心を動かしてくれたのは、誰だったのでしょう。

少し大人っぽいかな、と思っても。
子どもたちは、このお話にどんどん惹きこまれていってしまうはず。
だって「心が晴れる瞬間」なら、大人にならなくたってわかりますものね!

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ばらいろのかさ

出版社からの紹介

アデルのもとにとどいた、ばらいろのかさ

アデルは海辺の村でカフェを開いています。週に2回、八百屋のリュカが持ってきてくれた花で、花たばをつくって店のテーブルをかざるアデル。お客さんたちはみんなアデルが大好きです。そんなアデルがただ一つ苦手なのが、雨の日でした。雨がふると、アデルはなにもやる気がせず、店にとじこもってしまいます。雨の日には、気持ちがしずんでしまうのでした。ある雨の日、カフェを店じまいした後におかれてあったものは……。

ベストレビュー

ロマンティック

ロマンティックで、キュンキュンしてきます。
女性ならこんなことされたら、
惚れちゃいますね。

7歳の息子は、だれがしたのか、
誘導したら最後にはわかったみたいで、
もう一度、ページを見返していました。

お話も素敵だし、
色使いも絵もかわいくて、
ちょっと大人の女性向けだけれど、
いろんな人に読んでもらいたいです。
(まことあつさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


野坂 悦子さんのその他の作品

レナレナ / 映画ってどうやってつくるの? / ジバンシィとオードリー ―永遠の友だち― / ねずみのマウリッツ / リスのたんじょうび / とんがりぼうしのオシップ



『いつつごうさぎのきっさてん』<br>まつおりかこさんインタビュー

ばらいろのかさ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット