もったいないばあさん かわを ゆく もったいないばあさん かわを ゆく
作・絵: 真珠 まりこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
川を舞台に、水の循環、命のつながりをテーマにした絵本です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
カエルもヒキガエルもうたえる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カエルもヒキガエルもうたえる

作: アーノルド・ローベル
訳: アーサー・ビナード
彩色: エイドリアン・ローベル
出版社: 長崎出版

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「カエルもヒキガエルもうたえる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年08月
ISBN: 9784860954079

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

世界でもっとも愛されているカエルとヒキガエルの生みの親アーノルド・ローベルが、友人のために描いた未発表の傑作。没後20年の歳月を経て発見された本書は、ローベルがいちばん最初にカエルとヒキガエルをとりあげた絵本。
『ふたりはともだち』から始まる、あのFrog and Toadシリーズの原点がここにある。
生き生きとした線画にエイドリアン・ローベルが美しく彩色をほどこし、愉快でリズミカルな詩はアーサー・ビナードの翻訳で鮮やかな日本語に生まれ変わりました。

ベストレビュー

彩色がエイドリアン・ローベル

図書館の新刊コーナーで見つけて不思議に思ったのは、ローベルの絵なのに、彩色がエイドリアン・ローベルとあったことでした。

あとがきを読んで、どうしてだかよくわかりました。

ローベルが友人にプレゼントした作品で、友人の死後オークションにかけられて絵本コレクターの元に渡ったのだとか。

『ふたりはともだち』以前にこのような作品がプレゼントとして描かれていたんですね。

プレゼントでこんな作品を贈ってしまうあたり、ローベルは粋な人だったんだろうなあと思いました。

出版される経緯がとても興味深いものがありました。

正に出版の裏にも秘話がある。

中には、詩とも掌編とも言える作品が10編収められていて、確かに『ふたりはともだち』の萌芽を感じさせます。

ローベルファンなら一見の価値ありの作品となっています。

もちろん、かえる好きさんもね。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

アーノルド・ローベルさんのその他の作品

マスターさんとどうぶつえん / たんけんクラブ シークレット・スリー / まるごとごくり! / かわうそオスカーのすべりだい / 英日CD付 英語絵本 ふたりはともだち Frog and Toad Are Friends / 4ひきのりっぱなこぐま

エイドリアン・ローベルさんのその他の作品

このフクロウったら!このブタったら!

アーサー・ビナードさんのその他の作品

紙芝居 ちっちゃい こえ / わたしの森に / ずっと ずっと かぞく / なずず このっぺ? / みんな みんな いただきます / この本をかくして



祝! 10周年記念! 「ばけたくん」シリーズ<br>岩田明子さんインタビュー

カエルもヒキガエルもうたえる

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット