季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
もりのおばあさん

もりのおばあさん

  • 絵本
作: ヒュー・ロフティング
絵: 横山 隆一
訳: 光吉 夏弥
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥990

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1980年
ISBN: 9784001151091

4.5歳以上

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

小さな川の小さな橋のたもとに,タッブスおばあさんが住んでいました.長年住みなれた小さな家を追い出されたおばあさんを助けようと,犬のパンクやアヒルのポンクが大活躍をします.

ベストレビュー

撃退法は偶然でした

「ドリトル先生」シリーズのヒュー・ロフティングと、「フクちゃん」の横山隆一に組み合わせ。
話も楽しく読みました。
おばあさんと一緒に暮らしているブタとアヒルと犬が、家を追い出されて困ったおばあさんを助けようとします。
おばあさんに恩のあるネズミやツバメが協力してくれますが、歯が立ちません。
そして、解決してくれたのは…。
以外にも予想外の偶然でした。
次に何が出てくるのかと思っていただけに、この展開はとても楽しいです。

ドリトルシリーズを読みあさった小学校時代ははるか昔のことですが、ロフティングの描く擬人化された動物がとても印象に残っています。
ドリトル先生の絵でないところが、また違った感覚です。
横山さんにしても、フクちゃんを書いていた漫画家のイメージが強いので、この絵本には意外性がありました。
この本は意外感のアラカルトが楽しめます。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

ヒュー・ロフティングさんのその他の作品

ポプラキミノベル ドクター・ドリトル アフリカへゆく / 新訳 ドリトル先生の動物園 5 / 新訳 ドリトル先生のキャラバン 6 / ドリトル先生アフリカ行き The Story of Doctor Dolittle / 新訳 ドリトル先生の郵便局 3 / 新訳 ドリトル先生のサーカス 4

光吉 夏弥さんのその他の作品

ねこはやっぱりねこがいい / ねことバイオリン / ちびっこ大せんしゅ / うさぎがいっぱい / だんごをなくしたおばあさん / ガンピーさんのふなあそび<新版>


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > もりのおばあさん

4月の新刊&オススメ絵本情報

もりのおばあさん

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット