新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん

ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん(くもん出版)

「うた」は幼児のことばの世界を広げるのに最適!

  • 役立つ
  • ギフト
  • ためしよみ
りんご畑の12か月

りんご畑の12か月

文: 松本 猛
絵: 中武 ひでみつ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2012年08月28日
ISBN: 9784061325173

5・6歳から

出版社からの紹介

美しい安曇野の一年を描く。
冬、やすおじさんは、夜明け前から畑で働き始めます。パチン、パチンと枝の剪定です。
秋、おいしいりんごが実りますように。さあ、畑の一年が始まります。

●作者からのメッセージ

・文/松本 猛さんからのメッセージ
北アルプスの麓、安曇野の自然のなかで、低農薬や有機農法で農作物を作る人々がいます。
主人公はそういう人々の一人です。子どもたちに、農薬漬けでなく、安心して食べられる
食物を届けたいという彼らは、どんなに仕事が大変でも、いきいきとして、目が輝いています。
この絵本を通して自然とともに暮らす人々の生活の一端を知ってもらえたら嬉しいです。
画家の中武さんは、そういうりんご農家で働いています。だからこそ絵が生きているのです。

・絵/中武ひでみつさんからのメッセージ
僕がりんご農家で働かせてもらうようになって三年、おいしいりんごが出来るまでには
いろんな作業があるのだということを知りました。雪の中での剪定や真夏の草刈りなど、
大変な作業も確かにあります。でも一斉に咲いたりんごの花を見た時や、葉っぱをつたう
しずくのきれいさなど、自然の中で働いているとそれ以上に感動することも多いです。
この絵本からりんご作りだけでなく、草や土のにおい、花の香りや風の音なども伝わればいいなと思っています。

りんご畑の12か月

ベストレビュー

手に取りたくなる

りんご畑の12か月を描いた作品。
やすおじさんはおいっこのだいちゃんへ、畑の様子をお手紙で教えてくれます。

私たちがおいしく食べているりんご。
そのりんごができるまでに、それだけたくさんの手間がかかっているか、どれだけ農家の人たちが努力しているのか、よく知ることができます。
大人の私でさえ知らなかった、様々な工夫の紹介ももりだくさんです。

絵を描かれている中武さんは、りんご農家のお手伝いをしながら絵描きの活動をしていらっしゃるとのこと。
安曇野の景色の壮大さ、四季の移り変わりの美しさがとてもよく伝わってきます。
そしてりんご農家の苦労を描いている場面は、臨場感にあふれています。
いっぱい感動してしまったのですが、やっぱりりんごがたくさん実った絵が一番心を引きました。
本当に美味しそう!手に取りたくなります。
(こりえ♪さん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ないしょでんしゃ
    ないしょでんしゃの試し読みができます!
    ないしょでんしゃ
    作:薫 くみこ 絵:かとう ようこ 出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    「もりのひろば」駅では雪が解けるまでお休みになります。ところが、みんなが帰った後、赤い電車が動き出し
  • わたしたち
    わたしたち
     出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
    母と子の強い絆を描いたチリの絵本。いつか旅立ってゆく、あなたへおくるメッセージ

松本 猛さんのその他の作品

海底電車 / 絵本と社会 / ふくしまからきた子 そつぎょう / 白い馬 / ふくしまからきた子 / げんきに なったひ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > りんご畑の12か月

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

りんご畑の12か月

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット