ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
鬼の首引き
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

鬼の首引き

  • 絵本
作: 岩城範枝
絵: 井上 洋介
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「鬼の首引き」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年02月
ISBN: 9784834021806

読んであげるなら 4才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

鬼の娘が初めて人を食べる「お食い初め」。その餌食となった若者が、食われまいと策を労する機転とかけ引きのおかしさ。若者は、たくさんの鬼と首引きの勝負をする羽目に。狂言から生まれた壮快な絵物語です。

ベストレビュー

愉快な子煩悩

【内容】
狂言「首引き」を、絵本に仕立てた一冊。絵は井上洋介氏。
都に上る途中、野原で若者は鬼の親子に出会う。鬼の娘が人間を始めて食べる(お食い初め)のに、若者がちょうどいいと捕まえられるが、若者はうまいことやって難を逃れていく。

【感想】
民話調の絵が懐かしい。昔のテレビアニメ「日本昔話」を思い出させるような、正統派?古典絵本。見ていて不思議な安心感があります。最近、私が読む絵本は、作者の想像力が飛躍していって、異空間に連れ去られるようなドキドキ感があります。どこに連れていかれるかわからない不安と期待の混じった体験ができるのですが、時々、「普通の話で落ち着きたい」という欲求が芽生えます。斬新なものもいいけど、いつも食べているお惣菜のような安心感のある体験も欲しい。疲れているのかしら…

 さておき、狂言の時代から変わらない「子煩悩」。読んでいて、親バカだなあ〜と感じる部分が満載です。とにかく、父はかわいい娘に弱い。鬼の娘だから、さして美人ではなさそうなものだと思いきや、そこそこ美人に描かれている。…もっとも人間を化かして食べる鬼もいるくらいだから、鬼も女性は美しくうまれてくるのかもしれません。
 自分の子どもだけ、自分の一族だけがかわいい、という親の鬼。自分自身すら愛せない人間もいる世の中で生きていて、きわめてまともな感じがいたします。自分の子どもを虐待して殺す人間のニュースが最近あったばかりなので、人間を食べるという鬼の「まともさ」をより強く印象的に感じました。
 しかし、やっぱり、親バカは「バカ」の一種でして、娘に振り回され、結局失敗する鬼を、苦笑しながら見ていました。愚かさは、時代が変わっても変わらない。愛おしいものです。
(渡辺諦さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

岩城範枝さんのその他の作品

すみ鬼にげた / 木の実のけんか

井上 洋介さんのその他の作品

エースケをさがせ / ホウホウフクロウ / きんのつののしか / つきよのふたり / こぶたのぶうくんと しりとり / こわくない



『星のゆうびんやさん ハイタツマン』「アキレスケンさん」 インタビュー

鬼の首引き

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.23

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット