アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ネコがすきな船長のおはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ネコがすきな船長のおはなし

  • 絵本
作・絵: インガ・ムーア
訳: たがきょうこ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年09月11日
ISBN: 9784198636791

4才〜
B4判変型ハードカバー 56ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

さあ、準備はいいですか。船に乗りこんで、旅に出発しましょう! 本を手にした瞬間に、ネコ好き&冒険物語が大好きな私の血は騒ぎます。船の舳先にずらり並んだ猫と優しそうなおじいさんの顔。これは読まずにはいられません。

ネコ船長の船、カルロッタ号に乗っているのは、船員よりネコのほうが多いくらいです。商用で出かけた地で、珍しい品物を現地のみすぼらしいネコに交換してしまう船長さんは、周囲の人から変わり者と思われています。
そんな船長さんの夢は、世界中のあらゆるところを旅すること。ある日「旅に出る時がきた!」と強く思い、いつもと違う方向へと向かいます。

危険な嵐を乗り切って、ようやくたどりついたのは、小さな女王様がおさめる島です。ここにはネコが一匹もおらず、女王様は初めて目にするかわいいネコたちに大興奮! さらに、その島で困っていることを、ネコが解決できることがわかります。

小さな女王様は、船長にネコと宝石を交換しようと持ちかけます。ネコたちも狭い船内より、この島が気に入ってのびのび暮らすことを選んだのです。ネコたちとわかれた船長は、さびしい気持ちをこらえて、旅をつづけるため再び海へと出るのですが……。

躍動感と透明感にあふれた絵は、眺めていてなんとも贅沢な気持ちになります。そして、風変わりでマイペースで温かい船長さんとネコたちの絵が素晴らしいです。一緒にいるときの、お互い安心しきった空気が伝わってきます。猫たちの動きや仕草、表情がリアルで、猫好きな人はもちろん、動物好きも大満足まちがいなしです。

すごいのは絵だけではないですよ。物語はくるんくるんとひねりをきかせながら、意外な展開をみせます。
船長さんの持ち帰ったたくさんの宝石を見た他の商人たちはどうしたでしょうか? 船長さんは夢のとおり世界中を旅してまわることができたのでしょうか? 島に残ったネコたちはどうなったのでしょうか? そして、船長さんが気づいた本当に大切なものとは?

絵本を読んで確かめてみてくださいね。そして、最後のページ、作家の謝辞の言葉もお見逃しなく。思わず笑顔が大きくなりますよ!

(光森優子  編集者・ライター)

出版社からの紹介

あるところに、ネコが大すきな船長がいました。船長は、船にネコをたくさんのせていました。ある日、船長の船が嵐にあい、たどりついたのは、ネコのいない島。美しい島ですが、たくさんのネズミたちがなやみのたね。そこで、船長がネコに退治させたところ、小さな女王さまは大喜び。宝物をくれるかわりに、ネコを全部ほしいといいだします。そこで…? 英国で挿絵画家としても評価の高い絵本作家による、昔ばなし風のお話絵本。

ベストレビュー

船員たちやカモメにも注目してみてください

若干大型です。作者のインガ・ムーアはイラストレーターですが、この作品は作・絵ともに手掛けてます。
ちょっと驚いたのは、出版社からのおすすめの年齢が、読んであげるなら4歳くらいからということ。
う〜ん。4歳はちょっと難しい気がします。
動物が好きで、家で猫を飼っているよというお子さんでも、このくらいの長さと内容のものになると小学校に入ってたほうがわかるかなという気がしました。
画面が大きくい見やすのでですが、テキスト(文)が意外と長いので、読み聞かせで使うなら私なら小学校中学年以上でしょうか。

とにかく、猫がたくさんできくるので、猫好きには耐えられないくらい可愛いと思います。
個人的には猫たちや船長よりも、船長と一緒に行動している船員たちや、女王の島にいるカモメたちの動きが面白かったです。

この本を手にしてもらえばわかると思いますが、
船長や女王以外のその他の船員や島の人たち、たくさんの猫たちそれぞれそこにいるべくしてそこにいて、動いているんだということが伝わってくる作品でした。
わたしはそういうところに絵本作品としての好感が持てましたし、皆さんにも見てほしいなと思いました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

インガ・ムーアさんのその他の作品

くろねこのロク空をとぶ / のんきなりゅう

たがきょうこさんのその他の作品

ちいさいおうち うみへいく / ミニブック かわいいあひるのあかちゃん  / ホー ホー! きれいだな ミミズクのいろのえほん / こねこのネリーとまほうのボール / ベスとベラ / がーこちゃん あそぼ



「くもんのこどもえんぴつ」シリーズ<br>開発チーム 星野由香さんインタビュー

ネコがすきな船長のおはなし

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.8

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット