話題
むげんことわざものがたり

むげんことわざものがたり(偕成社)

好評につき2刷!ことわざがつながって、ひとつの物語になったおもしろ絵本

  • 笑える
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
きみの話を聞かせて しろさめ作品集

きみの話を聞かせて しろさめ作品集(小学館集英社プロダクション)

全編透明水彩画で描かれたイラスト作品に、描き下ろしのショートコミックを大幅に加えた、待望の作品集!

  • 泣ける
  • かわいい
竜のはなし

竜のはなし

  • 絵本
作: 宮沢 賢治
絵: 戸田こうしろう
出版社: 戸田デザイン研究室 戸田デザイン研究室の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 1983年
ISBN: 9784924710153

出版社からの紹介

日本の名作を重厚な油絵で描いた、戸田幸四郎の名作絵本シリーズ。
このお話は宮沢賢治の世界を象徴する名作なのですが、絵本化されているのは本作のみ、という賢治童話の中でも珍しい作品です。

人や動物から恐れられる一匹の竜。ある時「もう、悪いことをしない。」と心に誓います。許すこと、受け入れること。自分の命さえ投げ出すような、壮絶なまでの竜の優しさは、読む者に「優しさ」の意味や本質を問いかけてきます。

竜の姿を前に、子どもが釘付けになったという読者のお手紙も多くいただく本作。子どもたちの心に、深い余韻をもたらすでしょう。

竜のはなし

竜のはなし

ベストレビュー

このはなしはおとぎばなしではありません

宮沢賢治の作品集から文章を借り、絵本とした作品。
最初に「このはなしはおとぎばなしではありません」という
前書きが力強いです。
皆に害を与える運命の竜。
ある時よいこころを起こした竜の行く末。
その決意の深さが、自己犠牲という行動に体現されます。
自己犠牲のお話はたくさんありますが、
竜の行動は苦痛を伴います。
その痛みがジンジン伝わります。
最後には乾いて死んでしまった竜は
天上でお釈迦様に昇華します。
宮沢賢治の作品に込められた力強いメッセージは
今も衰えていませんね。
いいえ、今の時代こそしっかり感じ取る必要があるかも
しれませんね。
長男はなぜかしら宮沢作品がお気に入り。
奥深い精神をしっかりと読み取ってもらいたいものです。
(レイラさん 40代・ママ 男の子13歳、男の子10歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,100円
1,430円
1,540円
1,540円
935円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

770円
550円
605円
550円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

竜のはなし

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら