アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

めーぷるさんの公開ページ

めーぷるさんのプロフィール

ママ・50代・神奈川県、女の子21歳 女の子17歳 男の子14歳

自己紹介
10歳、6歳の娘、3歳の息子の母です。
好きなもの
カナダ 赤毛のアンをはじめとするルーシー・モード・モンゴメリの作品 メープルリーフ・メープルシロップ ハミングバード
ひとこと
3人の子育てに追われつつ、絵本の読み聞かせを楽しんでいます。私自身、子どものころから本が大好きなので子どもたちにも本好きに育ってほしいと願っています。
ブログ/HP
子育ての日々を書き留めているHPです。絵本のページも少しあります。

めーぷるさんの声

56件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 三浦綾子さん唯一の絵本  投稿日:2008/08/28
まっかなまっかな木
まっかなまっかな木 作: 三浦綾子
絵: おかもとよしこ

出版社: 北海道新聞社
「氷点」などで有名な作家三浦綾子さんの唯一の絵本です。

大変丁寧に心をこめて描かれています。
娘はとても熱心にページをめくっていました。

いろんな誘惑にちょっぴり負けながらも一心に木を目指すまあ君、とってもかわいらしいです。

私は三浦綾子さんの作品の中では特に「塩狩峠」と「泥流地帯」が心残り、何度も読んだので、子どもたちもいつか読んでほしいと願っています。

この本は北海道旭川市の三浦綾子文学記念館で見つけました。お勧めです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 家族のクリスマス  投稿日:2008/08/09
絵本・大草原の小さな家 おおきなもりのクリスマス
絵本・大草原の小さな家 おおきなもりのクリスマス 作: ローラ・インガルス・ワイルダー
絵: ルネ・グレーフ
訳: しみずなおこ

出版社: 文溪堂
昔のクリスマスらしいお話です。
小さな丸太小屋の家に、さらにもうひと家族やってきて、狭い家でにぎやかに楽しいクリスマスのお祝いをします。
プレゼントはとても質素だけれど、子どもたちは大喜びです。
家族みんなで祝う喜びもあります。
クリスマスって本当はこういうものだ、と実感します。
どっさりおもちゃを持っている子どもには布でできた抱き人形がどんなにすばらしい贈り物か、よくわからないかもしれないけれど、ローラがとっても喜んでいるのはよくわかったようです。
今はアメリカでもこんなクリスマスはないかもしれないけれど、大人が気をつけて、少しでも良いクリスマスを過ごせるようにしてあげたいと思いました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい ますますコロボックルに夢中!  投稿日:2007/03/24
コロボックル絵童話(2) コロボックルふねにのる
コロボックル絵童話(2) コロボックルふねにのる 作: 佐藤 さとる
絵: 村上 勉

出版社: 講談社
早く「誰も知らない小さな国」シリーズを読ませたくてうずうずしているのですが、まだまだ無理そう。このシリーズはえがいっぱいなので喜んでみています。少し長めの話ですが、4歳の娘もかなりよく聞いてくれます。今回はトコちゃんが笹舟に乗って冒険!はらはらしますがさすがコロボックル、無事帰ってきてほっとしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 必読書、ですね!  投稿日:2007/03/24
ぐりとぐら
ぐりとぐら 作: 中川 李枝子
絵: 大村 百合子

出版社: 福音館書店
 このシリーズは保育園はもちろん病院の待合室など、どこへ行ってもあるのでしばらく購入していなかったのですが、やはり家において寝る前に読むと子ども達は大喜びします。一家に一冊、でしょうね。このほかのシリーズも大好きです!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 次女のお気に入り!  投稿日:2007/03/14
おまえ うまそうだな
おまえ うまそうだな 作・絵: 宮西 達也
出版社: ポプラ社
 3歳だった次女がすっかり気に入り、たどたどしくも「おまえうまそうだな」を繰り返して言っていました。とってもかわいくて、ついつい何度も読みました。
 とっても切ないティラノサウルス。なんかいじらしくってかわいそうだなあと思ってしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ビデオもほしい!  投稿日:2006/10/26
スノーマン
スノーマン 作・絵: レイモンド・ブリッグズ
出版社: 評論社
 まずビデオをレンタルし、何度も見てから絵本を購入したので、どうしても絵本にないシーンやBGMも絵本を開くとついてきます。娘たちと音楽を口ずさみながら絵本を見ています。クリスマスにぴったりのとっても素敵な本です!「サンタクロース」と話がつながっていて、そちらもお勧めです!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい むずかしいけれども  投稿日:2006/10/26
竜のはなし
竜のはなし 作: 宮沢 賢治
絵: 戸田こうしろう

出版社: 戸田デザイン研究室
 7歳の娘にはまだ早いかも、と思いつつも、恐竜や竜に興味を持つ娘に与えてみました。
 何度か一緒に読んだあと、一人で何度も読んでいます。難しい言葉もあり、頭で理解はできていないだろうと思うのですが、心に響くものがあるようです。親の私も、うまく説明できないこともあり、無理に解説するよりも、一緒に何度も声に出して読んでいます。少しずつ、心に沁みてくるのではないかと思いながら。
 宮沢賢治の大きな宇宙観、人生観が凝縮されている一冊です。娘と一緒に少しずつ近づいていけたらと思っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい まねしたい!素敵な朝ごはん  投稿日:2006/05/29
14ひきのあさごはん
14ひきのあさごはん 作・絵: いわむら かずお
出版社: 童心社
 大好きなシリーズ、この本では家族みんなで朝の支度をしていてとってもうらやましいです。それに比べて我が家の朝は・・・
 日曜日くらい、ちょっとまねしてみたいねって話しながら娘たちも読んでいます。いつか、ね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 娘と一緒に「にえたかな?」  投稿日:2006/05/13
おなべおなべにえたかな?
おなべおなべにえたかな? 作・絵: こいで やすこ
出版社: 福音館書店
題名にもある言葉がとっても好きで、何度も出てくるので、3歳の娘が一緒になって、「おなべ、おなべ、にえたかな?」と嬉しそうに言います。まだほかの本は題名をちゃんと覚えてなくて、「あのくまさんの本」、とか、「ねずみが○○するお話」、などと表現するのですが、この本の題名は即覚えて、「おなべ、おなべ、にえたかな、読んで」と持ってきます。きれいなオレンジ色のスープが若草色と黄色のスープに変わってしまうのも、とってもすてきです。春にぜひ読みたい1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい パパを起こすときに・・・  投稿日:2006/05/03
おおきなかぶ
おおきなかぶ 作: A・トルストイ
絵: 佐藤 忠良
訳: 内田 莉莎子

出版社: 福音館書店
 1歳くらいから繰り返し繰り返し読み続けた本です。私も大好き。乳幼児に与える定番中の定番といっていいでしょうね。分かりやすくて、楽しくて、乳幼児が夢中になるのに必要なものをしっかり備えてあると思います。
 我が家で何度か読んだあとは、ねぼすけパパを起こすときによくこの絵本の「うんとこしょ、どっこいしょ」を使いました。娘が一生懸命大きな声で引っ張るので、本当はもう少しお寝坊したいパパも笑顔で起きてくれてとっても助かりました。
参考になりました。 2人

56件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

出版社おすすめ

  • おいし〜い
    おいし〜いの試し読みができます!
    おいし〜い
    作:石津 ちひろ 絵:くわざわ ゆうこ 出版社:くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
    おいしいものはうれしい! 累計発行部数30万部超えの人気シリーズ第2巻!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット