新刊
きみの話を聞かせて しろさめ作品集

きみの話を聞かせて しろさめ作品集(小学館集英社プロダクション)

全編透明水彩画で描かれたイラスト作品に、描き下ろしのショートコミックを大幅に加えた、待望の作品集!

  • 泣ける
  • かわいい
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

サンタクロースとれいちゃん
プラチナブックメダル

『 サンタクロースとれいちゃん 』 は
「絵本ナビ プラチナブック」です。

絵本ナビ人気ランキング上位の絵本として選ばれています。

サンタクロースとれいちゃん

  • 絵本
作: 林 明子
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥605

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1987年10月
ISBN: 9784834004175

出版社のおすすめ年齢:3歳〜
クリスマスの三つのおくりもの☆☆

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

みどころ

クリスマスの夜、れいちゃんはベッドの中でサンタクロースが来るのを待っています。でも、なかなかやって来ません。待ちきれなくなったれいちゃんは、サンタさんを探しに外へ出て行きました。すると、森の奥からサンタさん!

「サンタさん、わたしのくまちゃんは?」

ところが、急いでいるサンタさんには、れいちゃんの声が聞こえなかったみたい。気がつかずに通り過ぎてしまいます。さらにサンタさんの袋に穴があいていて、プレゼントが落ちてしまっていることにも気がつかずに行ってしまいます。そこでれいちゃんは……。

かすみちゃん、れいちゃん、もっくんの3きょうだいそれぞれに訪れる、クリスマスの不思議なできごとを描いた小さな絵本3冊がセットになった「クリスマスの三つのおくりもの」シリーズ。2番目のお話の主人公は、末っ子れいちゃんです。それぞれの愛らしい活躍、3冊揃えて楽しんでくださいね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

サンタクロースとれいちゃん

出版社からの紹介

クリスマスの夜、サンタさんを探しに行くと……

クリスマスの夜、れいちゃんはベッドの中でサンタさんを待っています。れいちゃんは待ちきれなくなって、サンタさんを探しに外へ出て行きます。森のほうへ歩いていくと、サンタさんの姿が見えました。たくさんのプレゼントを入れた袋を肩に背負って忙しそうなサンタさんに、れいちゃんは「わたしのくまちゃんは?」と声をかけますが、サンタさんは気がつきません。さらにサンタさんは袋の穴から落ちているプレゼントにも気がつきません……。

ベストレビュー

サンタさんはあわてんぼう

1才の子が読むには少し長いお話でしたが、最後までじっと聞いてくれました。

夜の道を急いで歩くサンタさん。
大きな袋には穴があいていて、おもちゃが落ちています。
やっと気づいたサンタさんは、おもちゃを拾っていたれいちゃんも一緒に袋の中へ入れてしまいました。
あわてんぼうのサンタクロースですね。

10月なので「まだ早いかな」と思いましたが、これからクリスマスの絵本を読むことが増えそうです。
(なしなしなしさん 20代・ママ 女の子6歳、女の子1歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
605円
1,650円
1,650円
1,595円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,310円
638円
440円
3,080円

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

サンタクロースとれいちゃん

みんなの声(52人)

絵本の評価(4.81

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら