ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

おばけのソッチぞびぞびぞー

おばけのソッチぞびぞびぞー

  • 児童書
作: 角野 栄子
絵: 佐々木 洋子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥990

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1980年
ISBN: 9784591010815

出版社のおすすめ年齢:低学年〜

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

おばけのソッチは、歌をうたうのが大すき。そんなソッチがある日、町の「子どものどじまん大会」に出場することになりました。

ベストレビュー

女子力高いと勘違い、困った子

角野栄子の小さなおばけシリーズ、5作目。いよいよ女の子キャラが登場しました。
飴屋の階段に住んでいる女子おばけは、自称☆歌が上手い♪&かわいい。自己評価が高い、天然おばけ。しかし、現実は飴屋のばあさん曰く「へたくそ」、他のおばけ&通行人:耳に指を突っ込む、という散々な歌声。おばけとしては最高だけど、本人はアイドルのつもりなので困った状況です。
ある日、「こども歌のコンクール」が開催される事となり、ソッチ嬢も自信満々で参加することにしましたが、周囲のおばけ仲間に「練習した方がいい」とほとんど無理やり小学校の音楽室に送り込まれ…

現実の自分の姿と、夢や希望という名の妄想(思い込みともいう)との間で揺れ動く、乙女心。傷つきやすいので、周囲の人がいろいろ気を使って、大変…こういう人って、学校や職場など、自分の身の周りに居たと思います。
正直、めんどうくさかったなぁ…(遠い目)。周りの人たちの気持ちも、本人の気持ちもよくわかって、人間関係を上手にやっていくって大変だなぁ、と、非常に勉強になる一冊です。

最終的にはハッピーエンドなので、どうやってこの難しい状況をのりこえていくのか、楽しみにして読んでみてください。
それにしても、おばけとしての技術は最高(歌で、もれなく人間もおばけも怖がらせる)なのに…もったいない。人生はうまくいかないものなのね…
(渡”邉恵’里’さん 30代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

990円
990円
990円
990円
990円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,980円
1,650円
528円
385円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

おばけのソッチぞびぞびぞー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら