新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

ばあばに えがおを とどけてあげる

ばあばに えがおを とどけてあげる

  • 絵本
文: コーリン・アーヴェリス
絵: イザベル・フォラス
訳: まつかわ まゆみ
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年09月21日
ISBN: 9784566080768

296mm×241mm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

よろこびって何だろう

普段何気なく使っている言葉ほど
 その意味を人にうまく伝えられないことがあります。
 イギリスの作家コーリン・アーヴェリスさんが文を書いて
 イザベル・フォラスさんが絵を描いた
 『ばあばにえがおをとどけてあげる』という絵本には
 「よろこび」という言葉の意味を
 主人公のファーンという女の子がママに訊ねる場面があります。
 ママが答えます。
 「ひとのこころをしあわせにして、めをかがやかせるものよ」
 なんて、素敵な答えでしょうか。

 ファーンがそんな質問をしたのには
 理由がありました。
 ファーンが大好きなばあばが最近元気がないからです。
 どうかしてばあばを元気にしてあげたい彼女は
 町に出て「よろこび」を捕まえることにしました。
 ファーンには町は「よろこび」に満ち溢れています。
 子犬のにこやかな顔、小さな女の子の笑顔、池の水のきらめき、
 でも、それを捕まえることはできません。
 仕方ないので、ばあばに自分がみた話をしてあげました。
 すると、どうでしょう、ばあばの顔に笑顔がもどりました。

 何気なく「よろこび」という言葉を使い、
 それをとても大層なものに思っているかもしれませんが、
 よく見ると、この世界にはたくさんの「よろこび」に満ちています。
 この絵本に出会えたのも「よろこび」。
 ちなみにこの絵本の原題は「joy」、「よろこび」です。
(夏の雨さん 60代・パパ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

7,040円
1,100円
1,650円
1,045円
6,600円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

825円
550円
275円
550円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

ばあばに えがおを とどけてあげる

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら