話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
アッチのオムレツぽぽぽぽぽ〜ん

アッチのオムレツぽぽぽぽぽ〜ん

  • 児童書
作: 角野 栄子
絵: 佐々木 洋子
出版社: ポプラ社

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,210

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1986年04月
ISBN: 9784591020500

出版社のおすすめ年齢:低学年〜
22cm x 15.5cm 80ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ねずみのチとキに、お月さまをつくれないだろうといわれたアッチは、おいしいお月さまをつくりました。オムレツのお月さまです。

ベストレビュー

反抗期の小ちゃいこどもが生き生きと描かれ、憎らしい!

ふたごのねずみ兄弟、チとキのイタズラが最近ひどい。困ったアッチはエっちゃんに頼んで動物病院で診察してもらった。結果は「むしゃくしゃ病」。ねずみのこどもがかかる病気で、イタズラをさせておけばそのうち治るという。しかし、お客さんに出すケーキにトンネルを開けたりするなど、イタズラはますます派手に深刻になり、とうとうアッチは…

子どもは反抗期が2度あり、第1次の幼児期、第2次の青春期とそれぞれ様子が違う。このお話は第1次の、小ちゃい子ども時代の反抗期の様子がよく描けていると感じた。
お前は一生反抗期だ、といろんな大人たちに言われて40年。私が反抗期ではなかった時期はなかったのだと自覚しているが、他の人はどうなんだろう?イタズラばかりやっていたあの子が、大きくなったら立派に働いて常識的な対応をしているなんて、ざらにあるのではないだろうか。

ねずみの兄弟がその後どうなったかは、わからないけど、もともとそんなに悪い子ではないので、反抗期を乗り越えてまともに育ってくれていると思う。小さいころにしっかり反抗期をやっておき、保護者が責任を取れる時期まではやりたい放題やって、さんざんいろんな人に叱られて、思う存分暴れまわったら、満足していい大人になれる、というメッセージが込められているような気がした。

ただ、やっぱり、周りにいる人は被害甚大。小さい子だから扱いも難しいし、言ってもわかってもらえない。アッチが、最初のころよりもずいぶん成長している様子も伺え、物語がますます面白くなってきた。壮大な話になって、すごい解決の仕方で、びっくりした。困った時はこんな話を思い出し、気持に余裕を持ちたいものだ。
(渡”邉恵’里’さん 30代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,078円
1,210円
748円
2,200円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

6,160円
495円
275円
385円

出版社おすすめ

  • はるのおくりもの
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします



いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

アッチのオムレツぽぽぽぽぽ〜ん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 1
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら