新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ねえ、おぼえてる?
NEXTプラチナブック

2024年5月認定
絵本ナビ NEXTプラチナブック

絵本ナビが特に推薦する作品です。

ねえ、おぼえてる?

  • 絵本
作: シドニー・スミス
訳: 原田 勝
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2024年04月10日
ISBN: 9784034254004

出版社のおすすめ年齢:低学年〜
260mm×240mm 40ページ

関連するスペシャルコンテンツ


作者の子ども時代の体験から生まれた、心ゆさぶられる絵本『ねえ、おぼえてる?』シドニー・スミス インタビュー (偕成社)

出版社からの紹介

「ねえ、おぼえてる? パパと3人で、野原へピクニックにいったときのこと」

明かりを消したあとのベッドでかわされる母と子の親密な会話。

喜びと痛みをともなう思い出を受けとめて、新しい人生を歩みはじめる2人をてらす朝の光。

絵本の可能性をきりひらく作品で、世界から注目を集めるシドニー・スミスが、自らの子ども時代の体験を3年がかりで描いた、心ゆさぶる絵本。

ベストレビュー

自分の記憶と向き合った作品

何度も何度も読み返して、シドニー・スミスにとってこの作品がどのような位置にあるのかを考えました。
「ねえ、おぼえてる?」と言いつつ、自らの記憶を掘り起こしていく作品です。
父親との別れは、どういったことだったのでしょう。
母親と二人、ベッドの中で思い出すのは父親も含めた楽しい時間です。
父親から渡されたくまのぬいぐるみとともに、母親と少年はビルだらけの街に引っ越してきました。
そして新しい生活の夜を過ごし、朝を迎えるのです。
この朝の気持ちを忘れていないから、二人は思い出とともに生きてきたのでしょう。
映画のラストシーンのような、野辺を歩く母親と少年の姿に、また読み返さずにいられない絵本です。
別れはあっても、これからを生きようと前を向いた、そして生きてきた姿の描かれた絵本です。
完成までに長い歳月を要した作品だと語られています。
その歳月の間、シドニー・スミスは自分自身と向き合ってきたのでしょう。
心揺さぶられる作品です。
(ヒラP21さん 70代以上・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

2,200円
1,760円
1,650円
1,760円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
2,750円
990円
726円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

ねえ、おぼえてる?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら