新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜 (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
岩波少年文庫 クリスマス・キャロル

岩波少年文庫 クリスマス・キャロル

  • 児童書
作: チャールズ・ディケンズ
訳: 脇 明子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥704

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2001年12月
ISBN: 9784001145519

出版社のおすすめ年齢:高学年〜
小B6判・並製・カバー・216頁

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

続きを読む

出版社からの紹介

クリスマス・イヴの夜,けちで気むずかしいスクルージの前に現れた3人の幽霊は,過去・現在・未来を見せてくれたのですが….19世紀イギリスの作家ディケンズによる古典的作品.

ベストレビュー

クリスマスを前に読みたい本

ケチで無慈悲なスクルージのところに、クリスマスの前夜 幽霊たちが現れます。
そして、過去から未来、いろんな時代の「自分」と、自分を取り巻く人々の様子を
幽霊に導かれながら見ていきます。

1843年の作品ということで、もっと読みづらいかと思いましたが、
場面展開が早さや、空を飛んでいるシーンの臨場感…ぐいぐい引き込まれました。

「とにかくクリスマスは、親切と、許しと、恵みと、喜びのときなんです」

スクルージの甥がこんな風にいうシーンがあります。
それは、ともすると、クリスマスの意味を見失いそうな、
現代人にも、大事なメッセージであるように思いました。

(のはらなずなさん 40代・ママ 男の子11歳、男の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,210円
2,178円
1,320円
880円
1,045円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,980円
1,320円
3,960円
825円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

岩波少年文庫 クリスマス・キャロル

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら