新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

ひとりぼっちのミャー クリスマスのよるに」 みんなの声

ひとりぼっちのミャー クリスマスのよるに 絵・文:たしろ ちさと
訳:ピーター・ミルワード
出版社:女子パウロ会
税込価格:\1,210
発行日:2014年10月
ISBN:9784789607407
評価スコア 4.38
評価ランキング 12,819
みんなの声 総数 7
「ひとりぼっちのミャー クリスマスのよるに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • クリスマス気分に

    クリスチャンじゃなくても、クリスマスには、不思議と慈愛に満ちた気分になるのはなぜでしょう。幼い頃のケーキやプレゼントの楽しみ、若い頃のロマンチックな思い出、町で流れるきよしこの夜のメロディなどのせいでしょうか。この絵本は、その雰囲気を凝縮したような素敵な一冊です。

    投稿日:2019/09/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 考える。

    一般的な日本の子供たちにとって、クリスマスはケーキを食べてプレゼントのもらえる日。
    そのプレゼントも何の違和感もなく希望した物で、その希望するものは玩具だったり。
    でもその一方で、クリスマスどころではない貧困の国の子たちもいるのも事実。
    クリスマス自体さえ知らない可能性だってある。
    もしそんな子供たちに願いを聞けたら、ほしいものは玩具なんかじゃないのだろうな・・・食料だったり衣服だったり暖かい布団だったり当たり前の日常に必要とするものなのだろうな・・・。
    今年はそんなことも考えるクリスマスシーズン。
    すべての子供たちにとって幸せなクリスマスであれば本当いいのになぁ・・・。
    この絵本を読んで日本の子供たちにも何かを想ってほしいです。

    投稿日:2020/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスの奇跡

    やせっぽっちでお腹を空かせたみすぼらしいねこのミャー。

    ミャーには、クリスマスを一緒に祝う家族もいません。

    ミャーが、逃げ込んだ先が、サンタさんのプレゼントの袋の中で

    よかったと思いました。

    ミャーにクリスマスの奇跡が起きたのです。

    サンタさんと暮らすミャーは、生き生きとしてとても幸せそうです。

    裏表紙の内側の絵がサンタさんとトナカイと一緒に野原を走りま

    わるミャーの絵がとても気に入ってます♪

    投稿日:2019/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスに救いが…

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    いつも周囲の者に追い払われ、ひとりぼっちのミャー。
    絵もかわいいねこちゃんなのに…。
    クリスマスに救いがあるお話でよかったねと思えました。
    こうしたクリスマスに救いが…みたいな話はいいですね。
    英文も付いてます。

    投稿日:2017/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 孤独な存在に対するまなざし

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子19歳

    女子パウロ会による出版ということで、クリスマスの原点を感じさせてくれる作品です。
    クリスマスというのに、身寄りもなく、お腹をすかせたねこ、ミャー。
    どこへ行っても疎外されているミャーが逃げた先、
    それがサンタクロースのプレゼント袋、という訳です。
    世界中で不幸な境遇にある人々が、幸せになってほしい、という思いが伝わってきます。
    どうか、ミャーのような奇跡が、孤独な人々に起こりますように。
    幼稚園児くらいから、そんなことも感じ取ってもらえそうです。

    投稿日:2015/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙絵の寒々しく雪降る中、やせ細ったミャーの姿に絵本を開かずにはいられませんでした。

    家族も友だちもいない見捨てられたミャーの行き場のない境遇に、その先に光が見えない思いでした。

    本能的に身を護るため逃げ込んだ先に、ミャーの生きる場所があったようです。

    神様がきっと見ておられたのだな〜と思います。

    あったかい部屋で、美味しいご馳走を前に、愛する家族や友人とクリスマスを過ごせることの幸せをかみしめる子どもたちが、ミャーのような存在に心をとめる優しさも少しづつ自分の中で育てていける子であればと願ってやみません。

    投稿日:2015/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 英文も一緒に書かれているので

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    言い回しの勉強になります。クリスマスの夜にこんなに寂しい思いをしていた猫がいるのかと悲しい気持ちになりましたが、逃げ込んだ場所がミャーの運命を変えてくれました。環境で生き方っていくらでも変わるものなんですね。

    投稿日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【大日本図書株式会社】

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 7

全ページためしよみ
年齢別絵本セット