しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

子どもはみんな問題児。」 みんなの声

子どもはみんな問題児。 著:中川 李枝子
出版社:新潮社
本体価格:\1,000+税
発行日:2015年03月30日
ISBN:9784103391319
評価スコア 4.43
評価ランキング 9,518
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 知人からプレゼントで頂きました。本当に胸に響いてくることばかりで、思わずサイドラインをひいてしまったところも。内容ごとに短くまとめられているので、すぐに読んでしまいました。
    子育て観も子どもへの見方も少し変わりました。
    子どもの目線になって、子どもの思いが書かれているところがたくさんあり、自分がいつの間にか忘れていた子ども心が分かったような気がしました。子どもにとって大切なことは何なのか、改めて考えさせられました。そうだよな・・・子どもの頃ってこうだったな。と子どものことがかわいく思えるようになりました。

    投稿日:2015/11/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • そういう観点で見れば!

    「子どもはみんな問題児」。
    この言葉、すごく子育て中のママさんたちを勇気づけられる言葉ではないでしょうか!
    困ったな〜どうしてよ〜何でよ〜時に不安で心配になったり、親の思うようにはいかない子供の行動に嫌気がさしたり。。。
    でも大丈夫!と思わせてくれます。
    我が家の子供は小学校中学年になりますが、幼児期もっと叱らずに子供の行動をおおらかに見てあげればよかったな〜。
    どうしても親目線になってしまっていたので。

    投稿日:2019/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママの味方になってくれる本

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    とても読みやすく、一気に読み進めてしまいました。
    ものすごく変わったことや新しいことがかいてある
    わけではなく、むしろ少し昔に感じてしまうような
    内容もあります。それでも、何かしら子育てで
    引っ掛かった気持ちをもっている母親に
    寄り添うように味方してくれ励ましてくれるような
    言葉がたくさん載せられているので、
    これまで自分がやってきたことはよかったのかな、と
    救われる思いがしました。
    現実は、なかなか他人の子供を好意的に見守ってくれる
    人や環境ばかりではないです。中川さんみたいな
    気持ちで子供を受け入れてくれる人が増えたら
    もっともっと子育ては楽しくなるとおもいます。
    自分自身の子育てだけに前向きになるのではなく、
    私も他人の子供をほほえましく見守ることかできるよう
    努めたいと思える機会となりました。

    投稿日:2016/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素直に読める

    育児書の類はあまり手に取らないひねくれ者の私ですが、この本は素直に読む事が出来ました。
    子育ての大先輩である上に、私が幼い頃から親しんできた「いやいやえん」や「ぐりとぐら」の作者ですから、まるで自分も「りえこせんせい」にお世話してもらった園児の1人だったかのような気がするのです。
    ドロドロベタベタで汚く、自分丸出しで、にくたらしいところもあって。それでも子どもは見れば見る程かわいい存在であるという事を、愛情たっぷりに説かれています。
    ダメな所だらけの母である私には耳の痛い話も多々ありましたが、それでも説教されている感じではなく、もっと力を抜いて子どもを丸ごと受け止めていこう、子どもとの貴重な時間を楽しんでいこうと思わせてくれます。
    あと何年、我が子と一緒に絵本を読めるのかなと考えると、少しホロリとしてしまいました。

    投稿日:2016/07/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたたかいまなざし

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    17年間保育士をされ、絵本・児童書を書かれた中川李枝子さん。
    こどもたちへのあたたかいまなざしを持った方ですねー。
    こどもは「こどもらしい」が一番かー。
    こういう姿勢の方から「ぐりとぐら」や「いやいやえん」といった数々の名作が生まれたのですね。
    自分とこどもとの関係を改めて思いました。
    子育てをがんばっているお母さん方におすすめです。

    投稿日:2016/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもらしいのが一番

    話題の本になっていたので、読みたいと思いました。中川さんの子どもに対する温かい眼差しや言葉に、感動したり反省したりしながら読み進めました。
    我が家の子供達、特に下の子は、よく「子どもらしいね」と言われるのですが、「幼い」「きちんとしていない」と言われているようで、褒め言葉と思ったことは一度もありませんでした。
    でも、本文中に「子どもは子どもらしいのが一番よ」とあって、なんだかとても嬉しく、救われた気持ちになりました。
    子育ての時間は限られているのだから、楽しまないとと思います。

    投稿日:2016/04/27

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • カブトくん
    カブトくんの試し読みができます!
    カブトくん
    作・絵:タダ サトシ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    今年でなんと成人式!愛されて20年の昆虫愛ロングセラー


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その4

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 1
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット