話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

心をこめて地雷ではなく花をください」 みんなの声

心をこめて地雷ではなく花をください 作:柳瀬 房子
絵:葉 祥明
出版社:自由国民社
税込価格:\1,676
発行日:2002年
ISBN:9784426883119
評価スコア 4.33
評価ランキング 14,433
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 勉強になりました。

    コロナ禍の今、家族を守るだけでも大変な苦労や制限を続けてきていますが、世界規模で考えるとさらにもっと別の問題が多々あることにあらためて気づかされます。分かっていても目を向けていないこと、考える余裕のない日々、それでも少しでも目を向け考えることの必要性をひしひしと感じました。

    未来を生きる子どもたちにも現状を知ってほしいと感じますが、情報を与える年齢もまた難しいですね。戦争や環境問題は、教科書で学ぶだけではなく、様々な角度から考えていけるように普段から少しずつそのきっかけを取り入れるのが親の役割のひとつだとも思います。こちらの本もとても勉強になりました。

    投稿日:2021/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悲しくつらい現実

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子10歳、女の子8歳

    優しい絵ですが、アフガニスタンのひどい現実が、とてもつらい。
    お使いに行って、とうもろこし刈りの途中に、様々な普通の生活の中で地雷を踏んで手足を失う子、気づいたら一緒にいた両親はいなくなっている子…。

    平和な日々を知らないということが何よりつらく、悲しいです。

    世界中の人が協力して、新しいアフガニスタンができますように。ニュースを見るたびに、そう願わざるはいられません。
    優しくアフガニスタンについて学ぶことができました。

    投稿日:2021/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 平和を知らない子供がいる

    毎回、違った国を取り上げてくれていますが、今回はアフガニスタン。
    何と、世界一とも言われるくらい、地雷に汚染されている国ということ。
    そして、20年以上も続く戦争。
    「平和」が何なのか、知らない子供もいるのですよね。
    体だけでなく心にも、大きな傷を残す、地雷の恐ろしさが伝わってきます。

    投稿日:2012/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • しってほしい

    • しのべさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子1歳

    日本という国は世界一安全といわれています。
    それが当たり前のように感じられていますが、世界の現状を知るとショックを感じてしまうこともあります。
    ですが、同じ子どもを持つ親として、子どもが犠牲になる地雷についても認識しておきたいと思い手に取りました。
    戦争の愚かしさ、残酷さを、繰り返さない為にも子どもにしってもらいたい絵本です。

    投稿日:2009/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • アフガニスタンからの報告

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    完結した『地雷ではなく花をください』のあとに、
    アフガニスタンの現状から、再び作られた作品。
    今なお紛争としてニュースで伝えられることが多い国です。
    その地に住む人々の声が、切ないです。
    平和の意味を改めて考えさせられます。
    やはり、世界中の一人一人が関心を持つことが大切なのですね。
    できることから始めましょう、の視点がいいです。

    投稿日:2009/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 花いっぱいにしようね

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    「地雷ではなく花をください」5作目の作品です。

    ほとんどの国で撤去作業が始まったと思っていたらまたまた『助けて』の声。

    アフガニスタンです。

    内戦が多い国で終わったかと思うといやまだ・・・とテロ行為もありと複雑な環境が見えます。


    葉 祥明さんの絵では戦争のむごさは表現できないように思いましたが・・・だから読んでいけるのかな?とも思いました。

    地雷は埋めるのは本当に簡単です。
    埋めながら、後ろに後ろに進めば踏みませんから。
    でも、そんな無責任な行動で何人の人が苦しんでいるのでしょう・・・

    小さい子には難しすぎますが・・いつか読んでほしいなぁと思う絵本です。

    投稿日:2008/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 平和なだけではだめ

    世界で困っている人たちを助けるために、長いみみで遠くから呼びかける声を聞き分け、今もたんぽぽの綿毛で作った気球にのって世界中を飛び回っている、うさぎのサニーちゃんが、まだ土の中に埋まっている地雷の怖さと平和を呼びかけている本です。
    第一作目であるこの本では、サニーちゃんが、「地雷ってなに?」「地雷はどこにあるの?」「どうしたらいいの?」を優しく教えてくれています。

    葉祥明さんのイラストなので、とてもきれいで、そしてサニーちゃんはとてもかわいらしい。
    また文章もやさしく書かれているので、お子さんにも理解しやすいと思います。

    地球上で、悲しい思いをしている子どもがいることを、お子さんに教えることができ、また、この本の収益は全て地雷除去のために寄付されるため、1冊買うことによって、10平方メートルの土地を安全できれいにするという協力になるそうです。

    大人にとっても、今自分が平和ならそれでいいのではないということを、改めて考えさせられます。

    投稿日:2006/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地雷

    • モリヘイさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、男の子1歳

    子供向けにはあまりお勧めしない。でも子供を持つ親にはお勧めしたいのです。はじめのページのメッセージに強く感じました。
    そして子供と一緒に地球儀をみながらこの本を読んだらとても分かりやすい世界史であり 政治情勢であり 地理であると思います。そして何よりもこの日本に生まれた喜びが伝わるのではないでしょうか。
    その上に世界の平和を考えることが出来たら人間としてどんなに幸せなことでしょう。

    投稿日:2002/07/23

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました


ボロボロ絵本コンテスト開催中!

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 1
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット