まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

バルボンさんのおしごと」 みんなの声

バルボンさんのおしごと 作・絵:とよた かずひこ
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年7月
ISBN:9784752001331
評価スコア 4.63
評価ランキング 3,083
みんなの声 総数 39
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

39件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 動物園は住み込みだと思ったら、通いだったんですね。
    この発想、親が共働きの家、保育園での読み聞かせにピッタリだと思います。
    仕事が終わったら、保育園に子どもたちを迎えに行きます。
    親たちも安心して働けるのですね。
    園の先生はこれからデート。
    バルボンさんはどんな人かな?

    投稿日:2020/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • バルボンさんが可愛いです♪バルボンさんのおでかけは見たことありましたが、こんなにたくさん続編が出てるとは知りませんでした。仕事場の動物園の様子が見れてワクワクしました。最後にさくらさんの登場にびっくり★その後が気になります♪シリーズで集めようと思っています(*^^*)

    投稿日:2019/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物たちがご出勤

    動物園に、動物たちがお仕事で出勤している。という発想に脱帽です。
    それぞれ自動車や自転車に乗ってやってくる姿、不思議だけれど、かわいい。
    みんな、お仕事をきちっとこなしていました。
    バルボンさんは、大きな口を開けて、みんなを喜ばします。
    それにしても、職場内に保育園があるというのは、なんとも羨ましい環境だなと、妙に感心してしまいました。

    投稿日:2019/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物が動物園に勤めるなんて、シュールさが素敵!

    • ゆうパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 女の子3歳、女の子0歳

    バルボン、って言う不思議な響きの言葉に惹かれて手に取ったこの絵本。

    タイトルでもかきましたが、動物が動物園に勤める。(もちろん、主人公のバルボンさんも)
    で、動物園に勤める動物のための保育園がある。
    普通に考えたら、なんじゃそらーと思いますが、そこがまた面白かったです。

    とはいえ、子どもにそのシュールさは伝わらないので、普通に読んで、聞いていました。
    何でお母さん、この絵本ニヤニヤしながら読むんやろ…と思われていたでしょうね。

    最後、保育園の先生と、バルボンさんはおデート。
    バルボンという洋風な名前なのに、彼女ワニの名前は、さくらさん。
    名前はカタカナで統一して欲しかったなあ。

    投稿日:2018/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • バルボンさんお仕事まにあったかな?

    とよたかずひこのワニのバルボンさんシリーズが、ほんわかとして面白いので選びました。動物園に出勤してお仕事をする設定がユニークでユーモアがあってわくわくしました。仕事が終わって、バルボンさんも保育園に向かうのですが、さくらせんせいとデートする為だったんですね・・・・・・・
    こどもの日に東山動物園に行ったのですが、駐車場がいっぱいだったので、諦めて帰ってきました。その日はかなり渋滞してたからバルバンさんは、遅刻しなくて行けたかなあと、そんなことを考えながら読んで、楽しく読めました。孫たちにも読んであげたいと思いました。

    投稿日:2017/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • バスから降りたバルボンさんが向かう先は動物園、子どもが「バルボンさん、バス」と言って持ってきます。バルボンさんは独身ですが、勤務後は、ゾウさん夫婦やシロクマさん夫婦と一緒に保育園に向かいます。適当に力の抜けた筆致、長くない文、何度も子どもに読んで聞かせましたが、まだまだ飽きないようです。

    投稿日:2017/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • バルボンさんの人生

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    バルボンさんシリーズです。
    バルボンさんのおしごとって、動物園で「ガオガオーン」と口を開けて観客サービス(?)することだったんですね。おもしろい発想だと思います。動物園に行ったとき、ちょっと動物を見る目が変わっちゃうかも。
    バルボンさん、見るだけで癒されますバルボンさんシリーズを読んでいると、一匹のワニの人生を見ているようで、だんだん親しみを覚えてきます。

    投稿日:2016/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい

    ワニのバルボンさんをはじめ、ゾウ、ごりら、カンガルーなどがどんどん乗り物に乗ってやってきます。
    いろんな動物が芸をして喜ばせます。
    その喜ばせることがおしごとなのです。
    動物園の森の中に動物の子供たちの保育園?みたいなのがあり、そこに預けて動物の親たちが働いている(芸を見せる)ということなのです。
    その発想がとても面白くて、子供は何回もこの絵本を借りてきます。

    投稿日:2016/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物園

    子供が選んできた絵本です。
    動物園に動物が「出勤」する、という発想が驚きました。
    そして、動物の保育園もあります。
    「ありえない」世界なのですが、ドタバタにならずほのぼの系なのは、とよたかずひこさんだからなのでしょうね。

    投稿日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仕事なんだ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    動物園のみんなの愛想のいいこと!
    こんな動物園、大人気間違いなしだと思います。
    私も家族で行きたいです。
    …って動物のみなさん、これお仕事なんだ!?
    お仕事と言うことでこんなにもサービス満載、愛想の嵐なのでしょうか。
    動物のみなさん、ご苦労様です。

    投稿日:2014/07/03

    参考になりました
    感謝
    0

39件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ねぇ、ママ? 僕のお願い!』つんく♂さん 初絵本出版記念インタビュー

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット