いばらひめ」 みんなの声

いばらひめ 作:グリム童話
絵:エロール・ル・カイン
訳:矢川 澄子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1978年
ISBN:9784593500550
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,629
みんなの声 総数 22
「いばらひめ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 溜め息が漏れるほど

     数日前、「のはらひめ」という絵本を読んだとき、世界各国のたくさんのおひめさまの名前が並んでいるページがあり、その中にいくつか知らないおひめさまを見つけて興味を持った娘に、この絵本をプレゼントしました。

     「ねむりひめ」のお話は読んだことがありましたが、グリム童話の原典に忠実な絵本を1度読んでおきたいと思ったので、中世風の衣装や建築様式まで見事に再現されているエロール・ル・カインの絵を選びました。

     本当にため息が漏れるほどの美しさ。
    娘も、ページを開くなり、「わあ、きれい!」と感嘆の声を上げていました。
    お姫様の衣装だけでなく、文章を縁取る細やかなデザインまで、本当にどこをとっても美しく、華やかで、それでいて、とても繊細な色使いと描写で、大人も子どもも見る者すべての心を魅了してくれます。

    投稿日:2011/09/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • ねむりひめのことでした

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子11歳

    あまりなじみの無い『いばらひめ』という題名と、
    中世もので気に入っていたエロール・ル・カインさんの絵ということで
    手に取りました。
    ・・・ねむりひめ、眠りの森の美女のおはなしでした。
    でも、原典に忠実に訳されていて、中世の雰囲気そのままの絵が
    お話を引き立ててくれています。
    待望の子どもが授かった国王夫妻は、祝宴で
    ある仙女への接待を誤解されて、娘に呪いをかけられてしまいます。
    その呪いどおり、15歳になって、100年の眠りについた王女。
    やはり原典に忠実だと、細部の描写が生きてきます。
    細かく描かれたカインの筆致はとても美しいです。
    名作であるからこそ、きちんとした訳出と絵で
    子ども達に届けたいですね。

    投稿日:2007/01/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 飾っていたいほどの美しさ

    エロール・ル・カインさんのえはとにかく美しい!
    どのページも開いてた棚に飾っておいても素敵な絵画のよう・・。
    女の子だといばらひめの美しさ、ロマンティックなストーリーに憧れ、夢見ること間違いなしです。

    投稿日:2006/09/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 耽美的

    エロール・ル・カインの豪奢で耽美的な絵が素晴らしいの一言です。これだけでも「買い」です。特に、仙女たちが招待されてやってくるところの一枚絵は傑作ではないでしょうか。おはなしは有名ないばらひめそのもの。王子の前でいばらが道をあける場面も、横たわるいばらひめの場面も、ただただ美しい。うちの0歳児にも話ははしょりつつひたすら絵を見せています。

    投稿日:2006/08/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 本当に美しいお姫様

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    エロールルカインの絵の大ファンな私です。
    御伽噺はうっとりため息が出るくらいの挿絵でないと!
    と常々思っていましたがルカインの描く世界は本当に夢の様で
    私たちをすっと一瞬で中世のお城やお姫様の世界に連れて行ってくれます。

    投稿日:2006/06/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵がすばらしい

    最初に読んだとき、子供たちの反応はよいとは言えませんでした。長いし、使ってある言葉もちょっと難しかったからです。しかし、繰り返し読んでいく内に、言葉のひびきにも慣れたのか、毎日のように読んで欲しいと持ってきます。娘はいばらひめのドレスの美しさに感動していました。大人が見ても、美しいと思う絵です。

    投稿日:2006/03/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 13は不穏な数字

    子どもがずっとできなかった王家に待望のお姫様が誕生します。
    その後誰もがうらやむ完璧に美しい大人になった姫は、呪いにかけられてしまいます。引き付けられるように魔女に出会ってしまう姫。
    それは運命的なというより、避けられない道だったのでしょう。そして姫は長い眠りについてしまい・・・。絵が美術館にいるような素敵な絵本です。

    投稿日:2020/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が素敵です

    この絵本は、私が大人になってから、エロール・ルカインさんの絵に
    はまり、その時に購入したものです。
    4歳の娘に読み聞かせしてみましたが、ちょっと長かったかもしれません。
    お話自体は、よく知っているものなので、いいかなと思ったのですが。
    けれど、とにかく絵が素敵!!
    絵画のような美しさで、読むのを忘れて、絵に熱中してしまいます。
    美しい文章と、絵のコラボが、とってもおすすめの絵本です。

    投稿日:2015/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 二度買い

    以前、友人にプレゼントしたものの、自分も持っていたくて、買ってしまいました。「このお話はもう知ってるから」と言う方も、是非一度読んでみて欲しいと思います。どちらかというと小さめの絵本だけれど、絵をじっとながめていると、奥深さだったり、広がりだったりを感じます。
    ページを通して作り上げられた世界の一部分だけを切り取ってみているからかもしれません。それだけ、エロールルカインの細部にまで描きこまれた絵はすばらしく、馴染み深いお話が、他に類のない絵本になっていると思います。

    投稿日:2015/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幻想的な絵

      魔法にかかり、いばらにかこまれたお城に、だれもはいることができない、、、。ストーリーは知っていても、読みたくなるお話です
     
     とても繊細出幻想的な絵に、見入ってしまいます。ページをめくるたびに、絵本の中にひきこまれそうです。ひとりひとりの衣装が、きれいですね。
     文章のまわりをかこむ絵も、ていねいに描かれています。
     
     糸車を「つむ」といっているのが、おもしろいなと思いました。

    投稿日:2014/07/11

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / わたしのワンピース / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット