まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

14ひきのあさごはん」 ぴあのさんの声

14ひきのあさごはん 作:いわむら かずお
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1983年07月
ISBN:9784494006199
評価スコア 4.79
評価ランキング 400
みんなの声 総数 237
  • この絵本のレビューを書く
  • 家族みんなで朝ごはん

    • ぴあのさん
    • 40代
    • その他の方
    • 愛知県

    この絵本を読んでいると、家族そろって、朝から食事ができることは、素晴らしいことなんだと気付かせてくれます。でも、現代においては、それはそれは贅沢な時間。
    朝は、まさに時間との戦いで、とてもとてもこのように素敵な食卓は囲めないけれど、それでもやっぱり、こういう世界がかつてはあったのだろうなぁ〜と想像してみるだけでも、心がほんわか、あたたかくなります。
    それにしても、この絵本を見ていると、ねずみさんたちのそれぞれの性格が、手にとるようにわかってきます。子供たち一匹一匹、というより、ひとりひとりがいつもながら、とてもいとおしく思えてきます。そしてもちろん、おとうさん、おかあさん、おじいさん、おばあさんのあたたかな包み込まれるようなまなざしも、いつも顕在で、その姿を見ていると心が救われる思いがします。

    野に咲くほたるぶくろのピンクと食卓に並んだのいちごの赤がとても印象的な、心がほのぼのとして、豊かにもなれる、そんな絵本です。

    投稿日:2006/04/30

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「14ひきのあさごはん」のみんなの声を見る

「14ひきのあさごはん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

だるまさんが / どんどこ ももんちゃん / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / ぴっぽのたび / おやすみ、はたらくくるまたち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



SNS犯罪から子どもを守るために。友達思いなにわとりのお話

全ページためしよみ
年齢別絵本セット