宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぶたのたね」 ぷりこさんの声

ぶたのたね 作:佐々木 マキ
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1989年10月
ISBN:9784871101127
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,499
みんなの声 総数 180
  • この絵本のレビューを書く
  • 幼稚園から小学校高学年でも

    • ぷりこさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子6歳

    上の子が幼稚園の時に、欲しいと言って買った本です。下の子も年長さんになり、読んでと言って、親子で楽しんでいます。今年度から、6年生の読み聞かせに行くことになり、一冊は決まりましたが時間の関係で、短めの本を選ばなくてはならないと思い悩んでいました。すると娘が、『ぶたのたねなら、絵も可愛いしいいんじゃない?』と言って薦めてくれました。6年生には物足りないかもと思っていましたが、読み始めたら『読んだことある〜!』と言う子がいて、なんだかにこにこして、懐かしそうに聞いていました。あちらこちらから、クスクス笑い声も聞こえてきて、ウケていました。選んで正解でした!娘に感謝です。幼稚園から小学校高学年でも十分に楽しめる息の長い作品です。

    投稿日:2013/06/19

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぶたのたね」のみんなの声を見る

「ぶたのたね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / いないいないばあ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / キャベツくん / なにをたべてきたの? / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット