はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1) はじめてのえいごえほん にほんのおはなし(1)の試し読みができます!
再話: 深山 さくら  出版社: くもん出版
子どもたちの大好きなあのお話、英語で読んでみませんか? 昔話や楽しい歌を収録した、CD付き絵本!

わたしとあそんで」 西の魔女さんの声

わたしとあそんで 文・絵:マリー・ホール・エッツ
訳:与田 凖一
出版社:福音館書店
本体価格:\1,100+税
発行日:1968年08月
ISBN:9784834001532
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,233
みんなの声 総数 125
  • この絵本のレビューを書く
  • 「さわれるかも」で嬉しくなっちゃう絵本。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子15歳、男の子11歳

    野原に出たら 
    そこに棲む生き物とのたくさんの出会いがあるものですが
    野生の生き物はなかなか人間に心を開いてくれるものではありません。
    でも触ってみたい、
    ちょっとでも近くで眺めてみたいっていうのが子ども心ってものです。
    そんな場面に遭遇した時 この絵本を思い出したら
    生き物との距離を少しでも縮めることに成功しそうです。
    もしかしたら触れちゃうかもしれません。
    そんな嬉しい気持ちにさせてくれるお話だから
    娘もこの絵本が大好きだったのかもしれないと感じています。
    また 与田準一さんの訳が 
    とても絵としっくり合っているんですよ。
    私は かめの出てくる場面の文章が一番気に入っています。
    かめが水にもぐる音が「ぷくり」なんて☆
    絵から 本当にそんな音がしてきそうな感じがします。

    ほんわか優しい気持ちにさせられることうけあいの絵本です。

    優しいクリーム色の絵本。
    私の大好きな色がベースになっているところも気に入っています。

    投稿日:2009/01/15

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「わたしとあそんで」のみんなの声を見る

「わたしとあそんで」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット