しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

なおたつママさんの公開ページ

なおたつママさんのプロフィール

ママ・30代・大阪府、男6歳 男4歳

なおたつママさんの声

14件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 11わぁ!!  投稿日:2005/03/24
11ぴきのねことあほうどり
11ぴきのねことあほうどり 作: 馬場 のぼる
出版社: こぐま社
2歳の息子が大変気に入って、毎晩寝る前に読んでいます。

コロッケ屋を始めた11ぴきのねこ。コロッケを食べ飽きて鳥の丸焼きが食べたくなった頃にあほうどりが一羽やって来て、聞けば、ねこと同じ数だけのあほうどりの兄弟がいる!
下心丸出しで、あほうどりのクニに行けば・・・

もう、最後のねこたちの顔がなんとも言えません(笑)
ぜひ、ぜひ、皆さんにお勧めしたい一冊です!!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 原点のあんぱんまん  投稿日:2005/02/02
あんぱんまん
作: やなせ たかし
出版社: (不明)
「あんぱんまん」がまだテレビアニメになっていなかった子供時代に読んだ本です。

子供心に顔を食べさせるの?!とビックリしたのを覚えていました。先日、久しぶりにこの本を見つけ子供達に読んであげました。

いつもテレビで見ている「アンパンマン」との差に違和感があったようですが、優しい「あんぱんまん」はテレビのアンパンマンと同じだといっていました。

これが「あんぱんまん」の原点。愛と勇気がいっぱいの作品です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 繰り返しが楽しい〜  投稿日:2004/10/07
うずらちゃんのかくれんぼ
うずらちゃんのかくれんぼ 作: きもと ももこ
出版社: 福音館書店
「もう、いいかい」「もう、いいよ」かくれんぼの楽しいやりとり。
一緒に読んでいる私たちもひよこちゃん、うずらちゃんを探す楽しみ。
隠れているものを見つける喜び、ハプニング、最後は優しいお母さんの愛に包まれて家路に着く。読んでいるこちらまでホッとして、優しい空気の中に包まれたような気がします。
繰り返し何度も読み返したくなる作品です。
 
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい おもしろすぎる〜  投稿日:2004/09/02
バムとケロのそらのたび
バムとケロのそらのたび 作: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂
バムとケロのシリーズの人気は知っていましたが、手にとってなるほど!!と思いました。本当におもしろいんですもの
家の子供たちは乗り物が大好きなので、まずは飛行機が出てくるこの本を読んでみました。カラフルなイラストは子供だけでなく大人の私も大好きになっちゃいました。
お話も楽しく、特に「かぼちゃかざん は50年に一度しか噴火しないけど・・今年がその50年目なので注意する事」
もう可笑しくて可笑しくて。こんな調子の絵本なので子供も何回も読んで欲しいとリクエストしてきます。
次は、「さむいあさ」を読んでみたいと思案中です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい シンプル イズ ベスト  投稿日:2004/09/02
もこ もこもこ
もこ もこもこ 作: 谷川 俊太郎
絵: 元永 定正

出版社: 文研出版
なんとまぁ、シンプルなんでしょう。でも、これがビックリするくらい子供に大好評。
あまりのパワーに、私自身驚いています。
1歳のチビは大笑い、4歳のチビ兄は自分で弟に読んであげるくらいです。(文字が少ないので・・それとも覚えているのか?!)
こんなに子供をひきつける要素は何なのだろうと考えましたが、さっぱり分かりません。子供が未知数なのと同じようにこの絵本も常識では計れない何かがあるのかもしれません。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う オバケもいろいろ  投稿日:2004/08/19
オバケやかたのひみつ
オバケやかたのひみつ 作・絵: 大島 妙子
出版社: 偕成社
見るからに怖いオバケが大好きな主人公のマイケル。パパの仕事部屋から見つけたクモの巣だらけの模型のお家をお部屋に飾って・・・現れ出たのはかわいいオバケ。そんな彼らの交流がとても微笑ましい作品です。
我が家の子供は、初めページのこわーいお部屋が大好きで「ここのお家に行きた〜い」と言っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい もう一度読んで!!  投稿日:2004/08/19
すてきな三にんぐみ
すてきな三にんぐみ 作・絵: トミー・アンゲラー
訳: 今江 祥智

出版社: 偕成社
絵本の色使いが素敵で私自身大好きな作品です。
4歳の息子はラッパ銃がお気に入り。
毎日、声を低くして読んで聞かせています。イラストといい内容といい、もう息子は三にんぐみに夢中です。
すぐに読み終えることの出来る作品ですが、終わるとすぐにもう一回!!といわれ結局2回から3回は一度に読まされます
もう少しで暗記できるかも(笑)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 歌声高く!いざ!!  投稿日:2004/08/18
ランパンパン インドみんわ
ランパンパン インドみんわ 再話: マギー・ダフ
作: インド民話
絵: ホセ・アルエゴ
訳: 山口 文生

出版社: 評論社
女房をさらわれたクロドリの武装したページが大好きです。愛する者を守るため命がけで王様に挑む。そんな強い意志がこの一ページにしっかりと描かれています。
うちの子供たちは、私が歌う「ランパンパン〜ランパンパンラパパパパ〜ン」がお気に入りのようですが(笑)
いずれは、理不尽な事に対してはどんな事であろうと許さない強い意志を持つ事の大切さを分かってもらえればと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ナイスサポート  投稿日:2004/08/18
こわがりおばけのブー
こわがりおばけのブー 作: ビルヒッテ・ミンネ
絵: リスケ・レッメンス
訳: ひしき 亮子

出版社: フレーベル館
ヤスパーとブーの素敵な関係が印象的な作品です。
ブーの力だけでは無理でも、ヤスパーがサポートすれば難関を突破できる。そしてそれはブーの自信につながる。友情っていいな〜と思う一冊です。
でも、驚かされたパパとママはちょっとお気の毒ですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 今日もいい夢みようね  投稿日:2004/08/18
おやすみなさい おつきさま
おやすみなさい おつきさま 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: クレメント・ハード
訳: せた ていじ

出版社: 評論社
バタバタと慌ただしく一日を終え、ようやく子供を寝かしつける時、この本をゆっくり読んであげると私まで落ち着いてきてほっとします。
子供たちも落ち着いて眠りに入ることが出来ると思います。

シンプルだけど奥の深い絵本だと思います。
参考になりました。 0人

14件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット