アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

まつちやんさんの公開ページ

まつちやんさんのプロフィール

その他の方・40代・三重県

まつちやんさんの声

11件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 魔法の言葉  投稿日:2015/04/11
だいじょうぶだいじょうぶ
だいじょうぶだいじょうぶ 作・絵: いとう ひろし
出版社: 講談社
「だいじょうぶ だいじょうぶ」
この言葉は魔法の呪文です。がんばれ!!100回言うよりもこの言葉ひとつで勇気が湧いてきます。
おじいちゃんとぼくとの温かい話ですが、私は1年間の終わりいろいろなことができるようになった、新学年に向けて緊張している子どもたちにこの本を読み聞かせにつかっています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う きみからの贈りもの?!  投稿日:2015/04/11
きみへのおくりもの
きみへのおくりもの 作: 刀根 里衣
出版社: NHK出版
きみへのおくりものを考えているクロの思い。
その思いをしっかり受け止めているシロ。
はじめは思いもよらないものが次々に取れて・・・ちょっと笑えたりしましたが、最後に思いやる2人の優しい心にとても癒されました。
星の綺麗な夜や、七夕の季節に大切な人に読んであげたい本です。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい みんなまねっこから学ぶのです  投稿日:2015/02/14
まねっこでいいから
まねっこでいいから 作: 内田 麟太郎
絵: 味戸 ケイコ

出版社: 瑞雲舎
はじめ、とても切なくて・・・。
「まねっこでもいいから」という子どもの訴え。
「まねっこでもいいなら」と挑戦する親の覚悟。
絵本の後半では親子の表情が柔らかくなってきて・・・。
どんな親でも、始めて親になったときはいろいろなことをまねっこしながら親になっていってると思います。すべての親に向けている本だと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい がんばっぺえ〜  投稿日:2015/02/14
へぇこいたのだれだ?
へぇこいたのだれだ? 作: 平田 昌広
絵: 野村 たかあき

出版社: くもん出版
「へえ こいたのだれだ〜」「おらじゃねえ」の繰り返しに、高学年の読み聞かせでは、こういう「うんこ」「おなら」関係の本は、笑いをこらえてできるだけすまし顔で恥ずかしがりながら聞いてくれるのですが、思わず吹き出す子もいました。低学年は、恥じらいもなく大爆笑。最後の一言もおならを文字ってる?!「がんばっぺ〜」 うん。今日も一日頑張るぞ〜と前向きになる朝にオススメの本です。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 結局ママが1番  投稿日:2015/02/12
ぼくつかまらないもん!
ぼくつかまらないもん! 文: マーガレット・ワイズ・ブラウン
訳: なかがわ ちひろ
絵: 長野 ヒデ子

出版社: あすなろ書房
だんだん、自分の考えというのが出来てきて、思い通りにならなくて、ひとりになりたい、自由になりたい。と思うこともあると思います。でも、どこにいっても、最後は家族に見守られていることに気づいてかえって来て欲しい。そんな港でありたいなぁ。この絵本を読んで温かい気持ちになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい だれかのために  投稿日:2014/11/28
てぶくろ
てぶくろ 作・絵: いもと ようこ
出版社: 講談社
「ひとは誰かを幸せにするために産まれてきたんだ。」ということを毎日でも子どもたちに伝えていきたい。この絵本で全てが伝えられると思いました。自分が自分が。の時代になりかけている現代社会に生きるどの世代にも読んで欲しい本です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 人は誰もが悲しみを背負ってるはず…  投稿日:2014/07/12
泣けないサボテン
泣けないサボテン 文: なす かつら
絵: KINA

出版社: 扶桑社
朝読の読み聞かせ用に購入したのですが、この絵の力も言葉の力も両方こどもたちにつたえたい!

大変、すばらしい作品でした。

サイズが集団読み聞かせ向きではなかったのが残念!!大きいサイズ、また巨大サイズが登場することを願いしたい!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい めけめけふらふら〜  投稿日:2011/08/12
おどります
おどります 作・絵: 高畠純
出版社: 絵本館
こどもを楽しませるには、この本の面白さを大人がこころをおどらせて!!「めけめけふらふら〜」いっしょに楽しんで読んだら、あまり絵本に興味のなかった子どもがどっぷりはまってしまいました。

「めけめけふらふら〜」このフレーズに家事をしていてもふっと浮かんできちゃう魔力あり。このフレーズがあれば楽しくなっちゃいます。

5歳になってもいまだに大好きな魅力あふれる作品です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「あとがき」までじっくり  投稿日:2011/08/12
いのちのおはなし
いのちのおはなし 作: 日野原重明
絵: 村上 康成

出版社: 講談社
なにも考えてなくても、心臓は動いていく。子どもたちがどういう生き方をするのか、命は何かを考えるきっかけになる作品です。

「あとかぎ」の『「いのち」は、だれにでも平等にあります。』いのちをどう使うか、を最後に提言してくれています。

あとがきまでじっくりよんで欲しいです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 迷路だけではない!!  投稿日:2011/08/12
時の迷路 恐竜時代から江戸時代まで
時の迷路 恐竜時代から江戸時代まで 作・絵: 香川 元太郎
出版社: PHP研究所
迷路の本だとおもったら、いろんなワクワクが隠れた本。

さらに時代の風景がしっかりと書き込まれていて、遊びながら学習もできてしまいます。家族でワイワイしながら一緒に楽しめます。

いつもやんちゃな5歳の子どもがずっと静かになってしまう時の世界に入りこんでしまう・・・本当に時の迷路に迷い込んだ感じです。出口(答え)を見つけた時の爽快感は最高です。
参考になりました。 0人

11件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット