なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

NEOさんの公開ページ

NEOさんのプロフィール

ママ・50代・愛知県

NEOさんの声

43件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい かわいい  投稿日:2012/07/09
おにぎりがしま
おにぎりがしま 作: やぎ たみこ
出版社: ブロンズ新社
本屋で、表紙の絵に惹かれ、手に取りました。

最近、「オニ」と「オニギリ」の本がいくつか出ていますが、
こちらは、絵も内容も可愛らしく、とても気に入りました。

おにぎりから産まれてきた
「おにぎりおに」を見た途端、
娘の顔に笑顔が咲きました♪♪

昔話のようなストーリーも
いろんな妖怪?が出てくる展開も、
おもしろいおにぎりが出てくる場面も
娘の心をひきつけたようです。

お米や梅干の作り方なんかも
わかっちゃう??(笑)

帰ってから、パパに一生懸命、
「おにぎりがしま」の話をしていました。

近々、購入しようかと思っています!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい パパ大好き  投稿日:2012/03/12
あたし、パパとけっこんする!
あたし、パパとけっこんする! 作・絵: のぶみ
出版社: えほんの杜
のぶみさんの「おひめさまようちえん」シリーズが
大好きな娘に購入しました。
ちょうどアンちゃんと同じような髪型の娘です(笑)

うちの娘もパパが大好き。
パパも娘にメロメロです(笑)

アンちゃんのところを娘の名前、
ケンぼうやとマリちゃんのところも、
娘の友達の名前にして読みました。

娘は、結婚式がどういうものかを知らないので
ちょっと難しいかな?と思いましたが、

おひめさまみたいなたくさんのドレス、パパとのキス、
(お鼻とお鼻のキスは、うちもよくしているので笑っていました)
大きな大きなケーキ。
とっても気に入っていました。

そして、うちのパパも出張が多く
帰ってこれない晩は、よく「パパに会いたい」と泣き、
仏壇などで、何か祈っていると思ったら
「パパとママとずっと一緒にいられますように」と言っていました。

アンちゃんと娘が重なります。

この本は、パパが大好きな女の子とパパと一緒に読んで欲しいと思いました。

最後の背表紙裏の「おうちでパパと結婚する方法」は笑えました。
参考になりました。 2人

ふつうだと思う 残念・・・  投稿日:2012/02/21
おならうた
おならうた 原詩: 谷川 俊太郎
絵: 飯野 和好

出版社: 絵本館
おなら、うんこ等、下ネタ大好きな4歳の娘。

絶対ウケると思い、
本屋で一緒に読みましたが・・・
全く反応なし・・・汗。

意味がいまいちわからなかったようです。
もうちょっと大きくなってからの方が良かったかな。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵を見ているだけでも、大満足!!  投稿日:2012/02/16
スイスイスイーツ
スイスイスイーツ 作・絵: さいとう しのぶ
出版社: 教育画劇
娘も私も「さいとうしのぶさん」の本が大好きで、
即決で買いました!!

案の定、美味しそうなスイーツでいっぱい!!
実際に市販されているお菓子などもあり、
4歳の娘は、「これ食べたことある!!」とか
「これ、食べたいなぁ」とか
「〇〇(娘の名前)が1番好きなのプリン!!」とか
夢中になって見ていました。

現在、そしておかあさんの時代、
おばあちゃんの時代。
それからどんどん過去へ・・・原始時代まで??

私自身も、おかあさんの時代にドンピシャなので
とても懐かしく、
「お母さん(私)は、コレが好きでよく食べていたよ」と
娘に話しながら読みました。

そして、昔のスイーツの場面の登場人物を
よくみると!!
パッチン留めで気付きました(笑)

親子で会話が出来る絵本。
そして、娘と一緒にスイーツ作りをしたくなる本!!
私も娘と一緒に作ったり、バイキングや世界中のスイーツ食べに
行きたいです!!
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 買いませんが・・  投稿日:2012/02/16
うんこ!
うんこ! 文: サトシン
絵: 西村 敏雄

出版社: 文溪堂
本屋で見つけると必ず、
ニヤニヤして「読んで」と持ってくる娘。

私は、最初かなり抵抗がありました。
男の子ならともかく、女の子なのに!!
でも、子供はこういうのが大好き。

実際読んでみると、
ダジャレ連発。
その辺は、娘にはいまいちわかっていないようですが、
もちろん、3歳の娘には、
畑の肥やしなど全く理解できません。

「くっさーい」と言って逃げていく動物たちを
見て大笑い。

もうちょっと大きくなったら、
ちょっとしたお勉強になるのかな?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 来たら、怖い(笑)  投稿日:2012/02/15
もったいないばあさん
もったいないばあさん 作: 真珠 まりこ
出版社: 講談社
私自身は以前、読んだ事がありました。

物を大切にすることをキチンと教えないと・・と
思っていたところで、本屋で娘に読みました。

かなりのインパクトで、驚いたのか
無言で最後まで聞いていた娘。

その日の夕飯時、おちゃわんに残ったご飯粒をみて
「もったいない、もったいない」と言っただけで
焦って、きれいに食べきり、
残したあまり好きではないおかずも、必死で食べていました!!

娘はやっぱり「もったいないばあさん」が怖いそうです(笑)

私は、もったいないばあさんのアイデアを
参考にしたいので、このシリーズの他の本も読んでみたいと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 怖い?  投稿日:2012/02/15
たこやきようちえん
たこやきようちえん 作・絵: さいとう しのぶ
出版社: ポプラ社
このシリーズの「たのしいえんそく」が
娘の大のお気に入りだったので、
こちらも買ってみました。

たこやきたちが
幼稚園に行くきっかけや行くまでのエピソードで
あたたかで、可愛らしいお話です。
「たこやきよこせんせい」のような
優しくて強い先生がいたら、安心して子供たちを預けられますよね(笑)
たこやきようちえんも、なんて魅力的な場所なんでしょう!!

が、途中出てくる、以後「マスコット犬」になる「のらいぬ」の怖い顔ときたら!!
こわがりの娘は、ビビリまくり(笑)
1度読むと、「怖い犬」が出てくるから
もう読まなくていいと封印されました(泣)

やっぱり、「たのしいえんそく」の方が好きみたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 顔はないのに、表情が!  投稿日:2012/02/15
ちくわのわーさん
ちくわのわーさん 作: 岡田 よしたか
出版社: ブロンズ新社
「ちくわ」が主人公?
どんなだろう・・(笑)と
本屋で娘と読みました。

だいたい、食べ物が主役の絵本って、
食べ物に「顔」があるけど、
このお話に出てくる「食べ物」達には、
顔がない。
だけど、必死な顔、困った顔、楽しそうな顔。
表情が想像できちゃうのって、
スゴイ!!!

「わーさん」、どこに向かっているんだろう?と
ワクワクしながら読み進めました。

やっぱり、ちくわっていったら、
「コレ」ですね(笑)

4歳の娘にも大ウケでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 怖いと思ったら・・・  投稿日:2012/02/14
オニじゃないよ おにぎりだよ
オニじゃないよ おにぎりだよ 作: シゲタサヤカ
出版社: えほんの杜
このお話に出てくる「人間ども」と同じく、
オニと聞くと、怖いイメージ。

本屋でこの本を見つけた怖がりの娘が「読んで」と催促。
「怖くないのかな?」と読み続けると・・・

美味しそうなたくさんのおにぎり。
とぼけた感じのオニ達。
オニの勘違いも大笑い。
最後の「被り物」は最高に可笑しく、
娘と一緒に大笑いしてしまいました!!

娘は、とても気に入ったようで
「この本、欲しい!」と言ってきました。
正直、ビックリしました(笑)
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい えんちょうせんせい、かわいいです(笑)  投稿日:2012/02/14
えんそくバス
えんそくバス 作: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成

出版社: 童心社
このシリーズは、「よーいどん!」を持っています。
娘がとても気に入っていたので、
「えんそくバス」も読んでみました。

みんなが「えんそく」をとても楽しみにしている様子、
特に、えんちょうせんせいが一番?

ちょっととぼけたえんちょうせんせい、大好きです(笑)

お話も大変わかりやすく、
絵をみているだけでも楽しいです。

園児たちが、えんちょうせんせいに
おべんとうをわけてあげる・・
読み終えて、ほのぼのした暖かい気持ちになりました。

もちろん、娘はすごく気に入ったようで、
本屋でみつけるたびに、
「読んで」とせがまれます。
参考になりました。 0人

43件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット