新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト

ほのぴーさんの公開ページ

ほのぴーさんのプロフィール

ママ・20代・東京都、女3歳 男1歳

自己紹介
3歳娘。
1歳息子。
笑って、どなって、泣いて、走り回ってます。

(自分鍛え中。)
好きなもの
お酒
甘いもの
掃除
洗濯



季節の変わり目

ひとこと
いっぱいいっぱい子供に絵本を読んでもらいたい。
想像力豊かな子に育て!!

ほのぴーさんの声

78件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 表紙に惹かれて  投稿日:2006/12/03
アスカ
アスカ 作・絵: 司 修
出版社: ポプラ社
娘が図書館で「これがいい」と手に取った絵本です。
「あぁ、お空がきれいね」
そんなノリでした。
すごく蒼い空。
しかし、この表紙からは全然想像できない内容だったのです。
震災で両親を亡くした女の子の話だったんですね。
まず開いて1ページ目で
「あ」
って、思いました。
笑いながら読む絵本ではないことに。
まだ二歳の娘には内容が理解できずでしたが、
声を出して読んでいた私は、途中で黙読に。

おとうさん、おかあさん。

後はうまく言葉にできません。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ぱっ! とびこんでくるよ。  投稿日:2006/12/03
123 かずのえほん
123 かずのえほん 作・絵: トム・スローター
出版社: 西村書店
「かず」のお勉強の本、らしいですが、
鮮やかな色彩、大胆な構図、おしゃれです。
小さい赤ちゃんにもいいと思いますよ。
この絵のバランスの素敵さを娘が吸収してくれるといいなぁ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う まほうの”ながーい”  投稿日:2006/12/03
ながーいおはなし
ながーいおはなし 作・絵: ひろかわ さえこ
出版社: あかね書房
読んでるうちに「ながーい」という日本語が呪文のようなおかしな響きに聞こえてきます。笑
何度「ながーい」がでてくるの?
今度数えてみましょう。
ながいながいながい・・・。
くりかえされる「ながーい」で
夢のなかへ・・・。
おやすみなさい・・・。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どーん!  投稿日:2006/09/12
はなび
はなび 作・絵: 秋山 とも子
出版社: 教育画劇
今年初めて娘を花火大会に連れて行きました。
最初は怖がるも、次第に慣れてそれ以来花火が大好き!!

季節的には少し遅れてしまいましたが、花火好きの娘が喜んでくれる!と、
確信して読み聞かせました。

やっぱり反応大!

花火が夜空に上がるページでは大興奮で
「どーん!どーん!」といいながら花火の絵を叩いて(?)いました。太鼓の<どーん>と花火の<どーん>がまだごちゃごちゃなんです(笑)

花火大会に向けての町の情景も素敵で暖かい絵本だと思います。花火大好きな子に是非!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どんどこリズムにのって  投稿日:2006/09/12
ひまわり
ひまわり 作・絵: 和歌山 静子
出版社: 福音館書店
どんどこどんどこ大きくなるひまわり。

図書館でたまたま手に取った絵本でした。

まず。
娘はひまわりが好き。
そして。
リズムのある絵本が好き。

覚えやすいフレーズが娘の心を捉えました!
大きくなっていくひまわりと一緒に、
読み方もどんどん声を大きく!

娘は「キャッキャ」言って、私の「どん!」攻撃におっかなびっくり。
でもたのしい〜!って感じです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う だっこを要求されるようになって・・・  投稿日:2006/07/12
ママだっこ
ママだっこ 作・絵: あらかわしずえ
出版社: 学研
やっと最近になって関心を示しだした絵本です。
今、私が第2子を妊娠中ということもあってか、娘はだいぶ甘えが強くなってきました。いままで自分で降りれた階段も「だっこ!」といって、両手を広げて要求してきます。
やれやれ・・・。と毎日葛藤しているときに、再度この絵本を
読み聞かせたら、すごく反応がよくてびっくり。
内容は動物親子がそれぞれママにだっこをするものなのです。
それだけなのですが、娘は「ままだっこ!いいないいな〜」の度に、一緒になって私に抱きついてきます。
この絵本はこうやって親子のスキンシップを楽しむものなんだな〜。と、最近娘に教えてもらいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい だいこん!読む〜  投稿日:2006/07/03
やさい だいすき
やさい だいすき 作: 柳原 良平
出版社: こぐま社
野菜は割と好んで食べるのですが
いまだ、どうしても食べてくれない野菜があって・・・。
もっと野菜に興味をもってくれるとうれしいなぁと、この絵本を借りて見ました。
一番『だいこん』のページに興味があり、この絵本=「だいこん」となっています。
なぜか「ごぼう」も好き。
娘は根菜好きか?!
そして。問題のトマト・・・。苦手なんです。
他の野菜の名前は私の後について言うくせに、「トマト」ページになると。
・・・。
かわいい野菜たちが色彩豊かに、そして数や色も一緒に学べます。最後の野菜集合ページでは、「ナスはどこ?」なんて聞いてあてっこする遊びもできます。
個人的にはゴーヤーが好きなので、ゴーヤーページがあったらうれしかったな〜。(先日娘はゴーヤーを生でガジガジかぶりついていた・・・。)
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい もう娘はあははだった  投稿日:2006/06/30
おひさま あはは
おひさま あはは 作: 前川かずお
出版社: こぐま社
やたらと最近おひさま、おつきさまに関心を示すので選んでみました。「おっさま〜(おひさま)」と言いながら喜ぶんだろうな!なんて想像してたんです。
しかし、娘はこの絵本を持ってきて「あはは、あはは」というんです。おいおい、私はまだ読んでいないぞ。・・・。きっと保育園で読んでもらっているのでしょうね。
意外な反応でびっくりでした。
それにしても娘の「あはは」の言い方が棒読みで、それを聞いて私が笑ってしまいます。
男の子がむつかしい顔をしているページをめくると、同じ顔をしてくれちゃう娘が大好き!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 病は気から!  投稿日:2006/06/26
エルマーとヘビ
エルマーとヘビ 作・絵: デビッド・マッキー
訳: きたむら さとし

出版社: BL出版
文章が長くておにいさん、おねえさん向きの絵本なのでしょうが、エルマーの色の鮮やかさが素敵なので、娘には「ぞうさん」の歌を歌いながらページをめくっています。
ところどころにでてくるワニやサルを見つけて楽しんでもいます。エルマーはもちろんのこと、背景の植物なんかもおしゃれだな〜と、感心してしまします。
内容は、(私自身のみで楽しんでみました)ズバリ、
「病は気から」
笑ってすごしていれば、元気元気!
笑顔で読み終えることのできるほのぼのとした絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夢があって大好き!  投稿日:2006/06/26
そらとぶパン
そらとぶパン 作・絵: 深見 春夫
出版社: PHP研究所
パパに今日、この絵本を読ませました。
一言「ありえね〜!」
そうです。ありえない話だからおもしろいのです。
トンネルからパンがでてくる。パンに乗る。パンが空を飛ぶ!
いいじゃないですか!
素敵です。
2歳に近い娘にはお話が少し長いかしら。と、思ったのですが、いいえ。最後まで聞いてくれます。
だって娘はパンが大好き!
ちなみに、「えーんえーん」と子供達が泣くシーンと
怪獣が泣くシーンでは一緒に泣きまねをしてくれてます!
(なんて弱い怪獣!かわいい!)
参考になりました。 0人

78件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

10月の注目の新刊&おすすめ 〜ハロウィン〜

出版社おすすめ

  • ひとは なくもの
    ひとは なくものの試し読みができます!
    ひとは なくもの
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    「泣く子はきらい」ってお母さんは言うけれど、一つ一つの涙にはちゃんと理由があるんだよ!心うたれる絵本
  • ロボベイビー
    ロボベイビー
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    コールデコット賞作家ウィーズナーが 精緻に、いきいきとロボットの世界を描いています。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット