新刊
やっぱり じゃない!

やっぱり じゃない!(フレーベル館)

あの驚きが再び!

  • びっくり
  • 盛り上がる
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

nikoniko**さんの公開ページ

nikoniko**さんのプロフィール

ママ・40代・愛知県、男の子17歳 女の子13歳

自己紹介
こんにちは。
小学生の息子と幼稚園児の娘の母親です。
子どもの頃から本が大好きで、毎週家族で図書館に行っていました。
大学で図書館司書の資格を取り、図書館のおはなし会で読み聞かせしたり、本屋でアルバイトをしたりもしましたが、全然違う職に就いてしまいました。。
今は子どもと一緒に毎日絵本を楽しんでいます。

絵本の時間は、ゆったりした時間が流れて、親子共に幸せな時間ですね。
好きなもの
自然の中で遊ぶこと。
子どもが生まれてから、自然の魅力に気づかせてもらいました。

木の実が大好きです。
子どもと一緒に木の実拾いをしたり、工作を楽しんでいます。
(どんぐりトトロや松ぼっくりのツリーなど)
どんぐり銀行の通帳を作りました。

手芸(子供服など)、ビーズアクセサリー作り、フェルト羊毛の小物作り
家庭菜園や寄せ植え

パン作り(手捏ね)や料理を子どもと一緒に楽しむこと。
自然食、マクロビオティックにも興味があります。
(愛知県の自然食レストランにも何軒か行きました。)

シュタイナー教育などの本を読むのも好きです。
シュトックマーの蜜蝋クレヨンや透明水彩絵の具で子どもと楽しんでいます。

新築してからピアノを毎日弾いています。
ママさんブラス(吹奏楽)にも入会しました。フルート担当です。
ひとこと
好きな作家は、レオ・レオニ、アンドレ・ダーハン、エリック・カール、バーバラ・クーニー、バージニア・リー・バートン
内田 麟太郎、いわむらかずお、いとうひろし、あきやまただし、村上康成、中川ひろたか、林明子、中川 李枝子、酒井駒子、木村裕一、長新太、など。

感動する絵本から面白い絵本まで、たくさん読みたいと思います。
毎週図書館で30冊ほどの絵本を借りて楽しんでいます。
(半分くらいは借りたことのある絵本です。
やはり子どもは愛着のある絵本を選びますよね。)

また絵本作家のエッセイ集などを読むのも好きです。
(「ぼくらのなまえはぐりとぐら」「14ひきのアトリエから」(いわむらかずお)「絵本があってよかったな」(内田麟太郎)「絵本作家日記2」(長新太)など)
おすすめの本があれば教えてくださいね。

【追記】
『大人のための絵本ガイド』に私の感想が掲載されました。
(にんにんにこにこのHNで、『とっときのとっかえっこ』の感想です。)
ブログ/HP
愛息子、愛娘、愛猫のこと。
自然、お出かけ(愛知県や岐阜県)、写真、雑貨屋、手芸、料理、絵本や本の紹介。
何でもありのブログですが、よかったらのぞいてください。

nikoniko**さんの声

408件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 息子に大好評  投稿日:2007/10/19
うさぎはやっぱり−卯(うさぎ)
うさぎはやっぱり−卯(うさぎ) 作・絵: 五味 太郎
出版社: クレヨンハウス
五味太郎さんの「干支セトラ」シリーズの1冊です。
うさぎはみんなの人気者、ですよね。
息子もうさぎ大好き。
カラフルなうさぎたちがたくさん出てくるたびに「かわいい」と言っていました。
だんだん模様もついてきて、すごい展開に・・・
息子は「ぶはははは」と大うけでした。

干支の話として「?」と思いますが、息子に大好評だったので☆5つにします。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 優しく包み込んでくれる絵本  投稿日:2007/10/18
ぽんぽん山の月
ぽんぽん山の月 作: あまん きみこ
絵: 渡辺 洋二

出版社: 文研出版
4ひきのこうさぎが、おかあさんの帰りを待っています。
月を見上げて、「あんなところに、おかあちゃんが。」
それを見ていたやまんばは・・・
そしてやまんばの様子を見ていたかぜの子は・・・

優しく見守ってくれる人がきっといる。
そんなことを実感できる絵本でした。

優しくあたたかい気持ちに満たされた絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵本を読みながら抱っこ  投稿日:2007/10/18
ちっちゃい かわいい ちゃん
ちっちゃい かわいい ちゃん 作・絵: アニタ・ジェラーム
訳: 小川 仁央

出版社: 評論社
『どんなにきみがすきだかあててごらん』や『パパとママのたからもの』の絵を描いている、アニタ・ジェラームさん作の絵本。
この優しい絵が大好きです。

うさぎのバニーとママの様子がかわいくて、心温まります。
「かわいいちゃん」と言って抱きしめるところ、絵本を読みながら私も息子にしてみました。
迷子の後で「ママー」と走るところは、息子がやってくれました。
絵本を読みながら、スキンシップがたくさんできる絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 虫たちの声、聴こえる世の中になってほしい  投稿日:2007/10/18
むしたちのおんがくかい
むしたちのおんがくかい 作: 得田 之久
絵: 久住 卓也

出版社: 童心社
大好きなこのシリーズ。
息子は4冊並べて喜んでいます。
この絵本は虫たちが音楽会を開くお話で、秋におすすめの絵本です。

秋の虫の声、心地よいですね。
でも今の時代、虫の声も聴こえないところが多いです。
この絵本の中でも、虫たちの音楽会を邪魔するものがたくさん。
環境のことを考える絵本ともなりました。

演奏会ができると、それはそれは楽しそう。
スズムシ、コオロギといった鳴く虫はもちろん、
鳴かない虫たちが葉っぱで楽器を作ってしまうところもいいなぁと思いました、
ところどころに虫たちの特性も描かれていて、絵も話し言葉の小さい文字も楽しめます。

こんな風に、虫たちの音楽会が聴こえてくる世の中になってほしいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 平和ってなあに。 皆に読んで欲しい絵本  投稿日:2007/10/18
The Peace Book ピース・ブック
The Peace Book ピース・ブック 作・絵: トッド・パール
訳: 堀尾 輝久

出版社: 童心社
Peace、平和。
この言葉の意味をまだはっきりと理解できない息子ですが、この絵本を読んで伝わったかなぁと感じています。

私も私で、今の生活は本当に恵まれているんだ、世界には食べ物に、住処に、困っている人たちがたくさんいるということをあらためて強く感じました。

平和ってなあに。
色んな音楽を聴くこと。
痛いと言われて、ごめんなさいと言えること。
たくさんの本を読めること。
みんなが靴を履けること。
お母さんに抱かれて、あったかい。

具体的に、かわいい絵と共に描かれています。
私も胸が熱くなったり、涙が溢れたり。。
息子は「にこにこしてるね」と絵から平和を感じ取っているようでした。

平和ってなあに。
みんなが違っていい笑顔。
あなたはあなたのままでいい。

子どもたちみんなに、そして大人にも、この絵本を読んでほしいですね。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい かわいくて、心温まる絵本  投稿日:2007/10/18
ぼく、お月さまとはなしたよ
ぼく、お月さまとはなしたよ 作・絵: フランク・アッシュ
訳: 山口 文生

出版社: 評論社
お月様大好きな息子。
中でもこの絵本は特別好き。
クマくんの気持ちがよくわかるのかな。

お月様に誕生日プレゼントをあげたいクマくん。
山の頂上にのぼって、お月様に向かって叫びました。
すると、お月様から返事が・・・
同じ言葉で返ってくる。
そう、やまびこなのですが、クマくんはうれしくなってプレゼントを用意します。
プレゼントの仕掛けには私も感動しました。
息子も「わぁ!やったぁ!」
さて、何を贈ったのでしょう?
優しい気持ちが伝わってきて、心がぽかぽかになる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 続いて息子がリピートしてました  投稿日:2007/10/18
かいじゅうのこんだて
かいじゅうのこんだて 作: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成

出版社: PHP研究所
中川&村上コンビの絵本。
さすが、面白かったです。

1から12までの数字をこんなに面白く覚えられるなんて。
「1じ いちじく 1こ」に始まり、12時までリズム感良く進んでいきます。
食べ続ける怪獣がどうなったか?ストーリーも面白いです。

私が読んだ後、息子も自然とリピートしていました。
心地よいリズムで言いたくなるんでしょうね。
最後は、大うけでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 久しぶりに読んだ面白い絵本  投稿日:2007/10/18
とのさまのひげ
とのさまのひげ 作: ますだ ゆうこ
絵: 国松 エリカ

出版社: 偕成社
久しぶりに面白い絵本に出会えました。
いばりんぼうの殿様のひげが、いやだ!と言って逃げ出します。
ひげに意志があって、動き回れるところも面白いですが、このひげが次々とくっつくもの、これには大笑いでした。
中でも、はげあたまのおじさんの頭についたときには、あまりに似合いすぎて探すのに苦労しました(笑)
こういう楽しみ方もできて、終わり方もユニークですっきり。
息子も私も大好きな絵本になりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ついに出た!名古屋弁の絵本  投稿日:2007/10/18
ペラがえる
ペラがえる 作: うどんあこ
絵: 市居 みか

出版社: 佼成出版社
本屋で見つけて、「ついに名古屋弁の絵本が出たぁ!」と思っちゃいました。
関西弁の絵本は多いけど、名古屋弁の絵本に出会ったのは初めてです。

ペラがえる(ペラペラに薄っぺらくて、ペラペラおしゃべりなかえる)が、名古屋のおばあちゃんに買ってもらった電車の中から出てきました。
砂場で遊んでいたごうくんとペラがえるのおしゃべり。
まさに、名古屋弁を題材にしているのですが、「○○だぎゃぁ。」「○○みゃあ。」
今は使わない名古屋弁ばかりですね。
おばあちゃんの言葉が移っているんだから、こうなるんでしょうけど。。
「あめよ ふりゃあ。」と何度も叫んでいるところでは、息子は大笑い。
ふりゃあは使いませんが、来やあ。しやあ・・・よく使ってます^^;
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どんぐり、食べてます(^^)  投稿日:2007/10/18
どんぐりだんご
どんぐりだんご 作・絵: 小宮山 洋夫
出版社: 福音館書店
「どんぐりだんご」という題名、どんぐりって食べれるの?と思う人も多いのでは?

どんぐりにも色々な種類があって、シイやマテバシイは生でも食べれますよ。
フライパンで炒って、我が家でも食べています。

でも、コナラ、カシなどはアク抜きのために4時間ゆでるんですね。
重曹でアク抜きするそうです。
絵と説明が詳しく載っているので、根気のある人はやってみるといいかも。
どんぐりだんご、一度は作ってみたい。
どんぐりは米や麦、芋に負けないくらいの栄養が含まれているそうですよ。

どんぐりだんごの他にも、こまややじろうべえの作り方も載っていて、秋のこの時期に読むと楽しめる絵本だと思います。
参考になりました。 0人

408件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット