話題
PUI PUI モルカー モルだくさん!公式キャラクターブック

PUI PUI モルカー モルだくさん!公式キャラクターブック(フレーベル館)

モルカーのポテトやなかまたちの紹介からアニメの名場面、制作の裏側まで!

  • かわいい
  • 盛り上がる
新刊
ちゅっちゅとこっぷちゃん

ちゅっちゅとこっぷちゃん(文溪堂)

「しゅぱっ」「とぽーん」心地よい音の響きを赤ちゃんと楽しむ絵本

  • かわいい
  • ためしよみ

しずりんさんの公開ページ

しずりんさんのプロフィール

ママ・50代・群馬県

自己紹介
いつまでも赤毛のアンの世界を漂っていたい、専業主婦です。
4年ほど前から犬を飼い始め、持病の主婦湿疹も治り 心が癒されることの
大切さに目覚めました。
私にとって絵本もそのひとつです。
これからもたくさんの絵本に出会いたいです。
好きなもの
小学生の頃からお菓子作りが大好きです。
ここ7年くらいは絵本にはまっています。
映画は高校生の時から好きでした。今までに一番衝撃を受けたのは「ディアハンター」です。
ドラマは昔から好きだけど、ここ6年くらいは韓国ドラマの虜でした。
愛犬・手芸はぼちぼちかしら・・・。こんなこと書いたら、クッキーが怒るかな。
ひとこと
絵本を本当に好きになったのが、息子が小学1年生になった頃でした。
こんなにも大人を感動させられる絵本が存在していたんだと驚きました。
これからも笑い満載の絵本と、感動の嵐が吹き荒れるような絵本を探して、頑張ります。

しずりんさんの声

85件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う うちにもこんな種が欲しい  投稿日:2009/04/22
すいかのたね ばばばあちゃんのおはなし
すいかのたね ばばばあちゃんのおはなし 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
人が何かをそっと埋めている。
この行為は、傍から見ると、魅力的なんでしょうね。
どんなものをはたして、埋めたのか・・・。
種に文句を言ったことによって、どんどん大きくなるスイカの種。
これは大人の私には、かなり羨ましい話。
植物を育てるのは、かなり時間がかかるものなのに、文句を言っただけでどんどん大きくなるなんて。
でもこれって、文句を言った人勝ちって言う、世間の嫌な風習みたいじゃありませんか。
何も言わない人だけが、損をしたり・・・・。
絵本の感想なのに、どんどん違う方向に行ってしまいそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 単純な内容なのに  投稿日:2009/04/22
あな
あな 作: 谷川 俊太郎
絵: 和田 誠

出版社: 福音館書店
あなを掘って、あなを埋める。
これだけの単純なことを、絵本に描こうと思う谷川さんが、すごいと思う。
絵本は確かに、単純明快が良いとは思う。
現実には、これだけの深いあなを、子供一人の力で掘ることは無理であろう。
ひろしが言った「これはぼくのあなだ」
この言葉に、この絵本の言いたいことが、集約されているような気がする。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 善意が無駄に  投稿日:2009/04/22
ねずみのおいしゃさま
ねずみのおいしゃさま 作: 中川 正文
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
この絵本、ほのぼのとしていて良いとは思うんですが、
折角 雪の中往診して、翌朝やっとのこと着いたら、患者は治っている。
自分が、かわりに風邪をひく。
大人目線で見ると、一生懸命努力したことが、報われないような気持ちになるのは、私が見返りを求める大人だからなんでしょうか。
これを読んだ子供たちは、どう思っているのかな。
子供が小さいときに、一度聞いてみればよかったわ。
いいえ、まだ遅くないかも・・。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子育てのヒントに  投稿日:2009/04/22
どろんこおそうじ
どろんこおそうじ 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
子供たちも私も、大好きな ばばばあちゃん。

お掃除をするつもりが、どんどん違う方向へ行ってしまう動物たち。
これを遊びと勘違いする ばばばあちゃん。
ばばばあちゃん一人がエスカレートして遊んでしまう。

これって子育てのヒントなのでは。
母親がどんなに掃除しなさいと言っても、やらないと母親が片付けてしまう。
文句を言いながらも、母親が何でもやってしまう。
ダメ母の典型のような私にとって、ばばばあちゃん流が、子供たち自ら、掃除をしようと考えつく・・・素晴らしい方法なんじゃないかな。
でも、分かっちゃいるけど、出来ないんですよ・・・私。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 不覚にも・・・  投稿日:2009/04/22
もしもぼくにおにいちゃんがいたら
もしもぼくにおにいちゃんがいたら 作・絵: そうま こうへい
出版社: 講談社
今日図書館で、この絵本を読んでいて、不覚にも泣いてしまいました。
もし、うちの息子のお兄ちゃんが生きていたら・・・。
こんな感じだったのかもと想像すると、涙が止まりませんでした。
しかしご安心ください。
こういう経験のない方には、ほのぼのとした、優しい気持ちになれる絵本ですから・・・。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しいおみせやさんごっこ  投稿日:2009/04/22
おみせやさん
おみせやさん 作: かどの えいこ
絵: たばた せいいち

出版社: 童心社
以前幼稚園の読み聞かせで、読んだことがありました。
雨の日のおみせやさんごっこ。
お客さんが、可愛い動物たちなんです。
子供たちは、自分たちのしている遊びと重なるのか、とても興味深げに聞いてくれたのを、覚えています。
動物以外にも、あめぼうずが登場します。
なんとも可愛いぼうず君たちでした。

たばたせいいちさんの絵も素敵でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ほっと安心しちゃいます  投稿日:2009/04/21
そらいろのたね
そらいろのたね 作: 中川 李枝子
絵: 大村 百合子

出版社: 福音館書店
お互いに種と模型飛行機を取りかえっこした きつねとゆうじ。
まさか自分が持っていた種が、素晴らしい家になるなんて思いもよらなかったキツネの気持ちは分かるけど、ダメですよね。
自分の物と、他人の物の区別はきちんとつけないと。
キツネのわがままを、神様がきちんと見ていてくれているのかな。
こういうお話って、ちょっとずるしたいという人の心に、チクッとするよね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ドキドキ感が・・・  投稿日:2009/04/21
あさえとちいさいいもうと
あさえとちいさいいもうと 作: 筒井 頼子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
この絵本、時代背景がいささか古い。
お母さんの服装からも、懐かしさが感じ取れる。
林明子さんの絵が良いからなんでしょうね。
あさえが走っている絵・・・・とても早そうだ。
後半のドキドキ感がたまらない。
どうなる・・どうなるって子供の心だけじゃやい。
読んでいる大人の心まで鷲づかみする。
ノスタルジーいっぱいの、本当に素敵な絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 豪快なかあちゃん  投稿日:2009/04/21
せんたくかあちゃん
せんたくかあちゃん 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
この絵本・・・・そんなバカなって言うことがいっぱい。
子供や動物・・時計まで、なんでも洗濯しちゃうんですよね。
子供たちは、干されている洗濯物を細かく見たり、雷さまを一人ずつ見るのが楽しいみたいです。
色々な発見がいっぱいなんだろうな。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お料理で感動を  投稿日:2009/04/05
鈴とリンのひみつレシピ!
鈴とリンのひみつレシピ! 作: 堀 直子
絵: 木村 いこ

出版社: あかね書房
お料理と犬が大好きな娘のために、図書館で借りてきたこの児童書。
圧力鍋と、魔法の鍋を使って炊くお米の美味しさを、私もぜひ味わってみたいと思えました。
犬と鈴の友情の素晴らしさ、お料理を作ることによって、どんどん自信をつけていく鈴を、思いっきり応援したくなります。
参考になりました。 0人

85件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

10月の注目の新刊&おすすめ 〜ハロウィン〜

出版社おすすめ

  • ロボベイビー
    ロボベイビー
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    コールデコット賞作家ウィーズナーが 精緻に、いきいきとロボットの世界を描いています。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット