オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
イヨイヨさん 30代・ママ

買わずにおられなかった、オオイシさん
ワタナベさんでハマって、もう本棚いっぱ…

ぶらいすさんの公開ページ

ぶらいすさんのプロフィール

ママ・40代・北海道、女15歳

自己紹介
一人娘と飼い猫に振り回される毎日です。
娘の学校に読み聞かせに行く事になり、絵本に触れる機会が増えました。
好きなもの
おいしいもの・おいしいお酒・楽しい本・猫
ひとこと
同じ絵本でも、大人の感じ方と子どもの感じ方が違ったり・・・
私自身、読む時期によって全く違うものを感じたり、絵本って奥が深いと思います。
読み聞かせで、少しでも子ども達の心にいろんな可能性のタネを蒔けたら良いなぁと思っています。

ぶらいすさんの声

38件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う おしゃれレッスン用に・・・  投稿日:2011/01/29
おしゃれノート
おしゃれノート 作・絵: 渡辺 直樹
出版社: コクヨ
おしゃれが苦手な娘(15歳)に興味を持つようにとプレゼントしました。
絵はちょっとレトロな感じですが服などのパーツは現代的で可愛いです。
シールで組み合わせを楽しんだりぬり絵をしたりして楽しめます。
娘は気に入って遊んでいます。
服の組み合わせを考えるのが苦手な子なので、少しは練習になってるみたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ナンセンスなようで・・・  投稿日:2009/04/28
365まいにちペンギン
365まいにちペンギン 作: ジャン・リュック・フロマンタル
絵: ジョエル・ジョリヴェ
訳: 石津 ちひろ

出版社: ブロンズ新社
子どもってナンセンスなお話が好きですよね?!
「えっ?」「まさか!!」「どうなるの?」
こういう展開で進む前半・・・
子どもはわくわくして楽しみます。
出てくる出てくるペンギンがた〜くさん。
はっきりした絵で読み聞かせにも
見やすいかなとおもいます。

後半は・・・「なるほど!」こういう方向の
お話だったのか!!
と、大人も思ってしまいました。
環境というか温暖化のお話でした。
最後のオチも面白いです。
大事な環境問題もこんな風に切り出すのも
子どもには有効だと思います。
うちの子もちょっとエコに関心が持てたようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい しっとりと染み渡ります  投稿日:2009/04/28
くまとやまねこ
くまとやまねこ 作: 湯本 香樹実
絵: 酒井 駒子

出版社: 河出書房新社
私の大好きな酒井駒子さんの挿絵です。
モノトーンでとっても素敵です。
細部にわたってきれいに可愛く描かれた絵。
お話はお友達を亡くした熊さんが主人公。
いかにその悲しみから立ち直っていくのかが
見ものです。
子どもには子どもなりに・・・そして
大人には一層深く感じられるテーマだと思います。
やまねこのさりげない思いやりやいたわりが
心地よく心に染み渡り・・・
いい気分で本を閉じられました。
子どもにこそ、成長の度に何度も
繰り返し読んで欲しいような本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 心に残る1冊でした。  投稿日:2008/09/09
ビロードのうさぎ
ビロードのうさぎ 作: マージェリィ・W・ビアンコ
絵・訳: 酒井 駒子

出版社: ブロンズ新社
一度に何冊も絵本を読む機会があり、この本は酒井駒子さんの
絵の可愛らしさで手に取りました。
絵の可愛さはもちろん、なんだかにじみ出る臨場感と
お話の展開に思わず引きこまれてしまいました。
12才の娘はこういう可愛い絵は敬遠するので
お話を語ってあげると・・・
意外と聞き入っていました。
絵も魅力なんですけどねぇ。
子どもとおもちゃの関係を飛び出して
とても深い感情を呼び起こしてくれるお話。
とても重い展開の後半から最後に救いのあるラストに
単純に感動です。
子どもにも大人にもおススメの絵本です。
久々にいつまでも心に残る絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんなライオン・・・  投稿日:2008/04/21
としょかんライオン
としょかんライオン 作: ミシェル・ヌードセン
絵: ケビン・ホークス
訳: 福本 友美子

出版社: 岩崎書店
まずは練習で12才の娘に・・・
そして読み聞かせで2年生に読みました。
低学年の読み聞かせには良い本だと思いますし
内容が深いので高学年や大人が読んでも
感じる部分の多いお話です。
静かな図書館に現れるライオン・・・
どんな展開になるのかワクワクします。
はじめは「ええ〜っ?!」と言っていた子ども達が
読み終わったら「こんなライオンのいる図書館に
行きたいなぁ。」と言ってました。
暖かい気持ちになれる本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絵にすごい魅力を感じます  投稿日:2008/04/21
トマトさん
トマトさん 作: 田中 清代
出版社: 福音館書店
はじめて読んだのは1年前くらいに娘に。
表紙を見て「変な本〜!!」と言っていた娘ですが
絵の迫力に引きこまれてました。
内容はちょっと小さい子向けでしょうか。
低学年の初夏からの読み聞かせにおススメします!
暑い朝にもトマトさんの真っ赤な色に
気持ち良さそうな水の流れ・・・
元気がでて、気持ちよくなれそうです。
お話もみんなで協力するところが好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 実はコワかった〜!  投稿日:2008/04/21
ねないこ だれだ
ねないこ だれだ 作・絵: せな けいこ
出版社: 福音館書店
娘が2〜3歳の頃保育園にあったこの本を
帰りの急いでいる時に何度も読まされて
とうとう買いました。
娘も一緒に「ぼ〜んぼ〜んぼ〜ん」まねして
とにかく何回も読まされて、そらでも言えるほどでした。
でも、12才の今は「本当はあの本コワかった〜!」
ですって。
子どもって面白いですね。
コワいもの見たさなんでしょうか?
セットで買ったせなけいこさんのこのシリーズ
今は娘のいとこの所に貸し出し中です。
結構ブラックなお話も多いのですが
せなけいこさんさんの絵本は魅力的です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 職人さんのカッコよさ  投稿日:2008/03/13
ルリユールおじさん
ルリユールおじさん 作・絵: いせひでこ
出版社: 講談社
絵も、フランスのおしゃれな感じがあふれて
ステキですし、ストーリーも素晴らしいです。
製本職人さんの仕事ぶりの興味深さ
そして職人として一人前になる事の厳しさなどなど
大人が読んで楽しめる内容です。
でも、職業をこれから決める子どもにも
是非読んで欲しいです。
読んだら、私も何かの職人さんになりたかったなぁと
思ってしまいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 伝えていきたい事  投稿日:2008/03/12
ここが家だ
ここが家だ 作: アーサー・ビナード
絵: ベン・シャーン

出版社: 集英社
アーサー・ビナートさんの文は、ストレートで
本当に心を打ちます。
そして強いメッセージをベン・シャーン氏の絵から
感じる事ができます。
平和について考えるために是非高学年位に
読み聞かせたい本だと思います。
6年生に読んだところ、はじめはちょっとざわついて
いましたが最後にはシーンとして聞いていました。
核の問題としてだけでなく地球全体の単位で考える事の
大切さを教えるのにもオススメです。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい 「生きてるの?」  投稿日:2008/01/27
10ぱんだ
10ぱんだ 作: 岩合日出子
写真: 岩合 光昭

出版社: 福音館書店
2年生の読み聞かせの時間調整で子ども達に
紹介したところ、本編より「こっちの本の方が良かった!」
という子が居た位、魅力的です。
コロコロところがっている子パンダの姿に思わず
「生きてるの?!」と聞く子もいたほど・・・
ぬいぐるみのように(?)かわいいパンダたちの写真です。
とても癒されるステキな本です。
参考になりました。 0人

38件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット