そんなに みないで くださいな そんなに みないで くださいな そんなに みないで くださいなの試し読みができます!
作: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
読み聞かせで大もりあがり!くり返しのリズムが心地よく、赤ちゃんから楽しめます。

ひろのしんさんの公開ページ

ひろのしんさんのプロフィール

ママ・30代・大阪府、男3歳 女0歳

自己紹介
大阪の堺市で毎日ママチャリをこいで公園へ遊びに行っています。
2歳になる息子の足も段段速くなり、「待って〜」と追いかける日々です。

私自身が本が好きで、絵本だと衝動買いをしてしまいます。最近は破らなくなったので
ようやく図書館で絵本を借りられる様になり、3日に一度ほど図書館に通っています。
ひとこと
このページで絵本の紹介を読み、図書館のHPで本を予約して毎回借りています。
とても参考になり、感謝でいっぱいです。自分の書いた感想が少しでも他の人が絵本を探すときの参考になれば幸いです。
ブログ/HP
本当に自己満足の日記みたいなものです。読んだ本の感想や子育てについて書いていたりします。

ひろのしんさんの声

48件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい はじめて泣きました  投稿日:2008/09/09
たまごにいちゃん
たまごにいちゃん 作・絵: あきやま ただし
出版社: 鈴木出版
5ヶ月前に妹が生まれ、お兄ちゃんになった息子。この本を読んで

「たまごにいちゃん、割れちゃったの?戻らないの?」

と悲しそう。何故か私が焦ってホラ、殻を割ったおにいちゃん格好いいってみんな言ってるし、自分を見ても気に入ってるみたいだよ。なんて言い訳(?)を必死でしても、じぃぃっと絵本を見つめ、

ぽろり

・・・な、泣いた。今まで絵本を読んで笑う事はあっても、泣いたことなんてなかったのに!

卵に混じってお母さんに温めてもらえなくなる姿に、自分と重なるものがあったのかもしれません。

2度目からは下手になぐさめる(?)のをやめ、そっかぁ、悲しいか、○○(息子)は優しいね、と一緒に読んでいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 1作目「ピン・ポン・バス」よりこちら!  投稿日:2008/08/14
うみへいくピン・ポン・バス
うみへいくピン・ポン・バス 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 偕成社
乗り物の大好きな息子。図書館から借りてきた数冊の本の中から迷わずこの本をチョイス!

バス停ごとの「ピンポン」でリズムよく読み薦められます。トンネルや海がダイナミックに描かれていて大人も引き込まれる絵です。

1作目の「ピン・ポン・バス」も好きな息子ですが、こちらの方がシンプルで分かりやすかったみたいです。何度も何度も読み、図書館に返してしまってからも「バスの本は?」と言い続けています。再度借りる予定です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい プレゼントにもぴったり!  投稿日:2008/08/14
バムとケロのさむいあさ
バムとケロのさむいあさ 作: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂
私自身が大好きなこの本。3人に既にプレゼントし、みんなにとても好評でした。

お話としても面白いし、「ウォーリーを探せ」的な遊びも出来、出てくる雑貨が可愛いのでママも楽しい、本当に何拍子も揃った本だと思います。

バムやケロの顔、初めて見たときにはあまり可愛いと思えませんでした。なのに何度も何度も読み、シリーズで読むと今はすごく可愛く見えます。

シリーズの第一作だし、虫もさほど強烈には出てこないので読み始めには一番いいかな、と思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 僕も時計の時間を変えてみたい!  投稿日:2008/08/14
また!ねずみくんとホットケーキ
また!ねずみくんとホットケーキ 作: なかえ よしを
絵: 上野 紀子

出版社: ポプラ社
「ねずみくんとホットケーキ」が気に入ったのでこちらも読みました。

こんどは時計が出てきます。3歳の息子は時計の針を動かせることに興味深々!「僕も動かしたい!」と大騒ぎです。

動かしたら時間分からなくなっちゃうよ。おやつ食べられなくなっちゃうよ、と言っても聞き耳をもたないくらい。

でも、ねみちゃんが作った大きなホットケーキは大人が見ても美味しそう。他の色を抑えているからかとってもゴージャスに見えます。

そして最後のねみちゃんの腕時計を見て「僕も!」とまたまた大騒ぎ。時計に興味を持つ頃にちょうどいい本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なぜそんなにハマる?  投稿日:2008/08/10
ぶたのたね
ぶたのたね 作: 佐々木 マキ
出版社: 絵本館
正直、絵をみただけでは私自身は選ばないタイプの本。・・・・なのに初めて読んだ時から息子は妙にハマり、何度も何度も読まされました。

続刊?の「また ぶたのたね」と話の内容はあまり変わらない気がするのですが、2冊セットで読むとまた楽しいようです。

何度も何度も読むうち、私自身もなんだか面白くなってきました。大まじめに読むのがポイントかもしれません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「ぶたのたね」とセットで。  投稿日:2008/08/10
また ぶたのたね
また ぶたのたね 作: 佐々木 マキ
出版社: 絵本館
「ぶたのたね」とセットで何度も読みました。でもまぁ、足がブタよりも遅いおおかみ、だなんて作者の方はよくも思いついたもんです。

何度も読んでいるとおおかみがいじらしくなってきます。

なのにいつまでも「ぶたを食べられないおおかみ」でいて欲しいなぁ、と思ってしまいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい はたらく車好きにはぴったり  投稿日:2008/08/10
おたすけこびと
おたすけこびと 文: なかがわ ちひろ
絵: コヨセ・ジュンジ

出版社: 徳間書店
車大好きの息子。働く車が沢山出てきて作業する様子がかなり楽しいようです。図書館で借りましたが、何度も何度も読んで欲しいとせがまれました。

こびとたちもそれは沢山登場し、読むごとに新たな発見もあるので飽きのこない本だと思います。

また今度もう一度図書館で借りてこよう、と思う本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ねみちゃんに拍手!  投稿日:2008/08/10
ねずみくんとホットケーキ
ねずみくんとホットケーキ 作: なかえ よしを
絵: 上野 紀子

出版社: ポプラ社
「ねずみくんのチョッキ」は持っていましたが、シリーズが多すぎて他のどれから読んでいいか分からず、評判のいいこの本を2冊目に読んでみました。

のんきに「ぼく○○食べた〜い!」と座って言う子達にねみちゃんは困り顔。なのに怒らず、ナイスアイディアでみんなを満足させてしまいます。

普段の子育てで、子供に無茶を言われた時にねみちゃんの様に楽しく応えることができたら素敵だなぁ、と思います。

色々なホットケーキを作って子供と遊びたくなる本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ほのぼのして読み聞かせに良さそう。  投稿日:2008/08/10
やまねこせんせいのいそがしいいちにち
やまねこせんせいのいそがしいいちにち 作・絵: 末崎 茂樹
出版社: PHP研究所
やまねこせんせいはお医者さん。おなかが痛いうさぎのみみちゃんの家に往診に向かいますが、途中でケガをした子を助けてお礼にご馳走になり、別の子を助けてまたご馳走になり・・・というお話。

ちょっととぼけた感じのやまねこせんせいがいい味。言葉のリズムも面白くて読み聞かせに向いていると思います。

3歳の息子はやまねこせんせいが食べ過ぎて「ゲップ」する場面がツボの様です。ゲラゲラ笑って聞いています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 歌は知りませんでしたが  投稿日:2008/07/15
きみたち きょうから ともだちだ
きみたち きょうから ともだちだ 作: 中川 ひろたか
絵: 長谷川 義史

出版社: 朔北社
今春年少で入園した息子に読みました。

レビューを見るとよく歌われている歌ということですが、全く知らず(巻末に楽譜は載っているのですが)歌詞の部分は呪文の様に読んでしまいました。・・・・が、それが息子には面白かったらしく

「もいっかい!」「もいっかい!」

といきなり3度も繰り返すことに。年長さんが園を紹介してくれる場面も「あれぇ、僕の幼稚園にもある!」と嬉しそうでした。

まだまだ泥だんごを食べてしまう恐れのある息子ですが、絵本の年長さんのように「食べちゃだめだよ」と言える様になったり、ぶらんこの順番待ちの仲裁ができる優しい子になってくれたら嬉しいなぁ、と思い読みました。
参考になりました。 0人

48件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット