たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ひつじのさんぽさんの公開ページ

ひつじのさんぽさんのプロフィール

ママ・30代・愛知県、男7歳 女4歳 女0歳

ひつじのさんぽさんの声

9件中 1 〜 9件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい あかちゃんってかわいい  投稿日:2006/07/20
ともだち
ともだち 作・絵: ヘレン・オクセンバリー
出版社: 文化出版局
このシリーズの5冊とも、どれもかわいらしくて素敵な絵本です。
字がないので、そのつどゆっくりながめたり、お話を作ったりしながら読みます。
上の子二人も、あかちゃんの妹によく読んでくれるのですが、
絵を見ながら自分たちで作っていくお話は、
横で聞いている私もほのぼのした気持ちにさせてくれます。
例えば「ともだち」の本では、

 うさぎちゃんがたんぽぽをハムハムしています。
 うさちゃんふかふかだねぇ〜。
 うさぎちゃんにつかまって、あかちゃんはおすわりをしています。

 わんわんがきました。おおきいねぇ〜!
 あかちゃんはわんわんにつかまって、
 たっちのれんしゅうです。

などと。
ぷくぷくむちむちした赤ちゃんの体、穏やかな表情がとても愛らしく、
繊細な色使いが美しい絵です。
角が丸く、紙に厚みがあるので、読んでいてあかちゃんにひっぱられても安心です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぐるぐるまぜる!  投稿日:2006/07/19
クマくんのはちみつぶんぶんケーキ
クマくんのはちみつぶんぶんケーキ 作・絵: 柳生 まち子
出版社: 福音館書店
こんなに楽しそうに、おいしそうなケーキを焼いている姿を見るたびに、
同じケーキを焼いて、同じようにおちゃの準備をしたくてたまらなくなります。
バター、はちみつ、クリーム、たまごをひたすらぐるぐるまぜるところは
子供たちのお気に入りです。
はちみつの香りがいっぱいに広がるこのケーキ、絵本を見ながら
「おなじだね!」と話しながら切り分けると、とても幸せな気持ちになります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 一番好きな絵本  投稿日:2006/07/19
ブルッキーのひつじ
ブルッキーのひつじ 作・絵: M.B.ゴフスタイン
訳: 谷川 俊太郎

出版社: ジー・シー・プレス
この本を読むと何だかとても落ち着きます。
さまざまなことに悩む子育て中、そんなにあせらずに、
こんな風に「だいすき」の気持ちを伝えられたらなぁ...思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 私も4歳の娘も大好き!  投稿日:2006/07/16
はじめてのおつかい
はじめてのおつかい 作: 筒井 頼子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
筒井頼子さんの絵本は、どれも娘のお気に入りです。
中でもこの絵本は、まだおつかいをしたことのない娘のあこがれと冒険の世界。
私自身も、自分の小さかった頃にみいちゃんの姿が重なります。
みいちゃんが、お店のおばさんにやっと気づいてもらえてぎゅうにゅうを買えたところ、
ほっとしてがまんしていた涙がぽろんとひとつおっこちるところでは、
いつも胸にぐっときて一緒に泣きそうになります。
いつか、娘もこんな経験をするのかな...?

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほんとにその通り!  投稿日:2006/07/16
あかちゃんてね
あかちゃんてね 作: 星川 ひろ子 星川 治雄
絵: 星川 ひろ子 星川 治雄

出版社: 小学館
我が家にも、現在7ヶ月になる赤ちゃんがいます。
上の子供たちは、「うまれたときは、こんなだったね」
「さいしょは おくびもぐらぐらだったよね」
「あかちゃんは みーんなはがないんだね!」
「このエプロン、うちにあるのといっしょだ!」
「7ヶ月でおねつがでたのもいっしょだね。おっぱいにもしがみついてたもんね」
「もうすぐ8ヶ月になるから、はいはいするのかなぁ?」
「1才になったら、ケーキでお祝いしようね!!!」と、
この本を見ながら、妹の姿を重ね合わせたり、
自分たちの赤ちゃんの時のアルバムを引っぱり出してきたりしています。
この本の写真の赤ちゃんは、本当に愛らしくてかわいいです。
お姉ちゃんも妹が産まれて嬉しくてたまらない様子が写真からよく分かります。
寝ている赤ちゃんの手を優しく握っているところ、
ほっぺにちゅっとしているところ、
最後のページの、一緒に歩く妹をそっと支える手...
ほのぼのと、とても幸せな気持ちにさせてもらえます。
赤ちゃんの成長は、本当にあっという間ですよね。
いつまでも忘れたくない、赤ちゃんの時のひとつひとつの成長。
今はまだ赤ちゃんの娘が、自分を振り返る時のためにも、
そして私のためにも、たくさんの思い出を残しておかなくちゃ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供たちと一緒に考えたい  投稿日:2006/07/16
さっちゃんのまほうのて
さっちゃんのまほうのて 作・絵: たばた せいいち
出版社: 偕成社
もし、さっちゃんが自分の娘だったら、こんな風にさっちゃんにゆびができなかったことを
説明できただろうか...と思いました。
さっちゃんのお母さんとお父さんの強さ、優しさ。
私も母親として、このような強さや優しさを持ちたいと思います。
我が家の子供たちも、これから様々な人たちと出会うことでしょう。
人を傷つけたり、自分を傷つけられたりすることの寂しさ、人を受け入れる心の広さ、
そのままの自分を受け入れてもらう喜びを一緒に学んでいきたいなぁ..と思う絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やさしい気持ちになれる本です  投稿日:2006/07/16
あかいことりとライオン
あかいことりとライオン 作・絵: エリサ・クレヴェン
訳: たがきょうこ

出版社: 徳間書店
やわらかそうなライオンのたてがみ!
紙の上からだとわかっていつつも、つい触ってみたくなります。
とても美しい色使い、やさしい雰囲気の絵を眺めていると、なんだか気持ちがホッとします。
絵のすみずみまで、細かい部分に新しい発見があるのもとても嬉しくなります。
あかいことりとライオンの気持ち、通じ合ってよかったね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 我が家でも一枚の絵につなげてみたい!  投稿日:2006/07/07
地面の下のいきもの
地面の下のいきもの 作: 松岡 達英
絵: 大野 正男

出版社: 福音館書店
先日、絵本の講座で紹介されていたのですが、
その時に、この本をカラーコピーされて横に長く一枚の絵のように
つなげて見せて下さいました。
地面の下でいきものたちがどのように過ごしているのかがよくわかり、
私も子供たちも興味心身で見入っています。
この作者の描くいきものの絵は、とても温かみがあって大好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい だんごむしがかわいいのです!  投稿日:2006/07/07
だんごむしそらをとぶ
だんごむしそらをとぶ 作: 松岡 達英
出版社: 小学館
小さいころは平気で手に乗せて丸くして遊んでいただんごむし。
大きくなるにつれて虫たちがだんだん苦手になり、
だんごむしも触れなくなっていました。
・・・が、この本と出合って、小さいころの記憶がムクムク。
だんごむしがすごくかわいく見えるようになってきたのです。
我が家の子供たちも、外でだんごむしと遊ぶ時には
いつもこの本のことを思い出すらしく、
「だんごむしも空を飛びたいのかなぁ・・・」と言っています。
参考になりました。 0人

9件中 1 〜 9件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

なかやみわさん×絵本ナビ代表・金柿秀幸 対談インタビュー

出版社おすすめ

  • かえるがみえる
    かえるがみえるの試し読みができます!
    かえるがみえる
    作:松岡 享子 絵:馬場 のぼる 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    かえるがみえる、かえるがかえる、「える」の変化だけで愉快なお話が生まれます!言葉の手品みたいな絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット