いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★

ameさんの公開ページ

ameさんのプロフィール

ママ・30代・北海道、女の子9歳

ameさんの声

35件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい おすすめ!  投稿日:2014/01/02
入学までにおぼえたい 3・4・5才のおりがみ
入学までにおぼえたい 3・4・5才のおりがみ 編: 主婦の友社
出版社: 主婦の友社
3歳の娘が折り紙にハマっていて、自宅にもともとあった本は難しく、私が作ってあげる感じだったので子供自身で作れる本を探しこちらを購入しました。
数折でできる動物など子供が喜ぶものがたくさんあって、しかも3歳児が折ってもそれなりに形になります。
「高い」と思い他の商品と迷いましたが、ページ数も多くてたくさん載っているし、少し難しいのもあるので長く楽しめそう!
本当に買って良かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 毎朝  投稿日:2014/01/02
きょだいな きょだいな
きょだいな きょだいな 作: 長谷川 摂子
絵: 降矢 なな

出版社: 福音館書店
子供が「めっきらもっきらどおんどん」が好きなので同じ作者のこちらが前々から気になっていたところ、たまたま立ち寄った本屋で目に付いたので購入しました。
すぐにお気に入りになり、毎朝保育園に行く前に「あったとさ読んで〜」と持ってきます。
きょだいな石鹸のページが特にお気に入りで、お風呂で体を洗うときにいつも「つるりつるつるすべりっこー」と遊んでいます。
ももたろうのページもお気に入りで、ももたろうが子供を抱っこしているのを見て「ちからもち!」と喜んでいます。
リズムが良いのでもっと小さな子でも楽しめると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大ハマリ!  投稿日:2014/01/01
おしくら・まんじゅう
おしくら・まんじゅう 作・絵: かがくい ひろし
出版社: ブロンズ新社
最近おしくらまんじゅうを覚え、よく口ずさんでいるのでこちらを購入してみました。
産まれてはじめて絵本で爆笑したのが「だるまさんが」で、未だによく読んでとせがまれるので期待していましたが、それを上回る好反応!
こんにゃくや納豆が出てきて予想外の展開に大ウケです。
ラストのオチは大人から見ると少し怖いかな?と思いましたが、こどもは全然その怖さには気付いておらず純粋に楽しんでいます。
いつもはお気に入りも1冊読んだら次の1冊、と言った感じで間を置いてまた読むのですが、これは繰り返し繰り返し何度も読みたがりあっと言う間にお気に入り断トツ1位になりました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 食わず嫌いでした  投稿日:2014/01/01
バムとケロのさむいあさ
バムとケロのさむいあさ 作: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂
このシリーズはよく書店で見かけて知っていましたが、内容を見ることなく表紙が可愛らしすぎてに逆に敬遠していました。
が、ネット書店などでのレビューがあまりに良いので一冊どれか買ってみようと。
冬なのでこちらをチョイスしました。
どこかで「よく見ると別のストーリーが展開されている」などと書かれていたので、
普段文字を読むのがメインの私もじっくり絵を見てみると、すっかりハマってしまいました。
噂によるとこのシリーズだけでなくガラゴシリーズにもリンクしているそうなのでそちらも欲しくなっています。私が。
子供も気に入って1日1回は必ず読まされますが、次は保育園で読んでもらったことのある「そらのたび」が欲しいと言われていますが、それ以上に私がハマってしまい、「あ、ここ見て!」と子供を煽って全作品を揃える理由を作ろうとしてします。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい もっと知っていれば  投稿日:2014/01/01
おもちのきもち
おもちのきもち 作: かがくい ひろし
出版社: 講談社
お年玉代わりに良い本はないかと探して、お正月にぴったりなこちらをプレゼントしました。
大人は単純に「面白い本だな〜」と読めましたが、
3歳の娘は神妙な顔つきでした。
叩かれたりちぎられたりおもちがかわいそうだと。
脱走してからは安心し、笑って楽しんでいました。
ただおもちを食べたのは今日が初めてで、知識がないのでかたくなった理由がわからなかったようです。
もっとおもちがどういうものか教えておけばより一層楽しめたと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい よくわからない  投稿日:2013/05/12
もこ もこもこ
もこ もこもこ 作: 谷川 俊太郎
絵: 元永 定正

出版社: 文研出版
1歳頃の時一度図書館で借りて見ましたが反応が薄く。
最近になってこちらで試し読みしたら気に入ったようだったので図書館で借りてきました。

笑ったりはしないけど、すっごく真剣に見ています。
読み終わると必ず「もう一回!」
1人で「にょきにょき」「かぷん(ぱくっ)」「ぎらぎら」など言いながら見ていたり。
輪廻転生でもあらわしているのかな〜弱肉強食も入ってるよね、などと考えましたが、ごちゃごちゃ余計な事を考えること自体が間違っているんだろうな、と思う本です。
何が魅力なのか私にはさっぱりわかりませんが子供は好きみたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おいしそうないちご  投稿日:2013/03/07
いろいろいちご
いろいろいちご 作: 山岡 ひかる
出版社: くもん出版
いちごたちがおやまのてっぺんを目指します。
途中でジャムになるいちごがいたりして、
この先どうなるのかと思ったら、ラストの可愛さとアイディアに感激して、
思わず読み返してしまいました。
子供はムースなどの未知の食べ物が登場するのもお構いなしに、
おいしそうないちごに終始大興奮でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろい  投稿日:2013/02/09
かえるをのんだととさん
かえるをのんだととさん 作: 日野 十成
絵: 斉藤 隆夫

出版社: 福音館書店
かえるから始まり、次々といろんなものを飲み込んでいくお話です。

「絶対無理でしょ」というものまで飲み込んで、「最後はどうやって終わるの?」と大の大人ですがワクワクしました。

他の昔話の残酷さには「生きるか死ぬか」が関わっていて仕方のない場合が多いですが、
この絵本は残酷を残酷と思わせないほどの身勝手ぶりです。

あまりの不条理故、引っかかる部分はないとは言い切れませんが、
ととさんの必死さと、飲み込む事に対する迷いのなさに騙されてみると内容は文句なしに面白いです。

ただ娘はきじまでは「え〜?」と言いながらニコニコ聞いていましたが、猟師で唖然としたのち神妙な面持ちへと変わってしまいました。

読み聞かせを続行するか迷いながら一度は最後まで読みましたが、もう少し大きくなるまで寝かせておこうと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 知らなかったことがいっぱい  投稿日:2013/02/09
みいつけた!おもしろじてん
みいつけた!おもしろじてん 作: NHKエデュケーショナル
出版社: 小学館
1歳の時に頂きました。
コッシーが好きな娘にはたまらないようです。
たくさんのキャラクターの情報が載っていて、
自分で憶えるまで「これは?」攻撃が凄かったです。
テレビは口がチャックになっている犬のキャラクターを見て大泣きしてから見たがらなくなってしまいましたが、本には載っていないので頂いてから1年以上経つ今もよく見ています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 美しい絵本  投稿日:2013/02/05
くろとゆき
くろとゆき 作・絵: 吉本隆子
出版社: 福音館書店
読んでいて和やかな気持ちになれました。
周りにも結構こういう馴れ初めの夫婦いるよなぁと思いました。
絵も文も無駄のない、美しい絵本で、子供よりも親の方が気に入っています。
疲れているときに読むと、なんだかホッとする優しい絵本です。
参考になりました。 0人

35件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット