もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

ほうすけさんの公開ページ

ほうすけさんのプロフィール

ママ・30代・埼玉県、男1歳

ほうすけさんの声

24件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 穴と音が楽しい絵本  投稿日:2007/11/30
ごぶごぶ ごぼごぼ
ごぶごぶ ごぼごぼ 作: 駒形 克己
出版社: 福音館書店
ストーリー性はありませんが、子供はとっても大好きな1冊です。
わかりやすい色づかいと、丸が組み合わさったような変な形。
お気に入りは、なんと言っても穴。
指をいれたり、のぞいてみたり・・・
「ごぶごぶ」「ぷぷぷ」などの音が子供にはどんな風に聞こえるのでしょうか。
本当に楽しそうに喜びます。
一人で見ているときも、ページをめくり、カラフルな丸を指でつついてみたり、穴で楽しんだりしています。
絵本を読んであげるときは、その時々によって、いろんな音に変えたりして、大人も楽しんでいます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お風呂が楽しくなります  投稿日:2007/11/30
おふろでちゃぷちゃぷ
おふろでちゃぷちゃぷ 文: 松谷 みよ子
絵: いわさき ちひろ

出版社: 童心社
お風呂が大好きな家の子供は、この絵本を見ると、
いつもお風呂に入りたがり、落ち着きません。
絵本の中の子が楽しそうに、お風呂に入っているのがわかるのでしょうか。
そのため、初めて読んだときから、なかなか話の最後にたどり着くことが出来ません。
ただ、いわさきちひろさんの絵は、とても優しくて、暖かい感じがしますが、
家の子供は、興味を示しません。
大人には、なんとも言えず、懐かしい感じのする絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ホットケーキを作りたくなります  投稿日:2007/11/08
しろくまちゃんのほっとけーき
しろくまちゃんのほっとけーき 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
大好きな絵本の1つです。
かわいらしい絵と、わかりやすいくて覚えやすい言葉。
ホットケーキ作りのレシピがよくわかります。
家の子供には、まだ作れませんが、
もう少し大きくなったら、一緒にホットケーキを作りたいです。
食べることに、とても興味を持つようになってきたので、
この絵本もお気に入りのようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいい写真絵本  投稿日:2007/11/07
くっく くっく
くっく くっく 作: 長谷川 摂子
写真: 小川 忠博

出版社: 福音館書店
ピンクと水色のかわいいくっくの写真絵本。
やっと、靴を履いて、外の世界に飛び出していった
子供に読んであげました。

いつもは、自分の足に履いているはずのくっくが、踊り出す!!
とっても楽しそうに。
「まんまんもう」 
「おっぺけひゃらりんこ」
言葉もリズミカルでおもしろい響き。
最後は、踊り疲れて、くっく達は「ばいばい」します。

何度か読んであげていると、子供も何か言いながら
手をたたいたり、体を動かしたりするようになりました。

写真もシンプルでわかりやすく、
思った以上に、子供にはおもしろいお話みたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みんなのひみつ  投稿日:2007/11/07
にんじんとごぼうとだいこん
にんじんとごぼうとだいこん 作: (日本民話)
絵: 和歌山 静子

出版社: 鈴木出版
にんじんとだいこんとごぼう、みんな畑で元気に大きく育ったのに、色が違うのは何で?

にんじんはあか、だいこんはしろ、そしてごぼうはくろい。

その秘密はね・・・
みんなでお風呂に入ってね・・・

そうなんだ!と大人が納得してしまいました。

お料理された、お野菜だけではなくて、
たねをまいて、お水をあげて、大きくなって、
そんな、自然の姿を見せてあげたくなりました。
ご飯の時間もお風呂の時間も楽しく、楽しくなりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいい仕掛け絵本  投稿日:2007/11/06
それいけ!ねずみくんのチョッキ
それいけ!ねずみくんのチョッキ 作: なかえ よしを
絵: 上野 紀子

出版社: ポプラ社
かわいいねずみくんシリーズです。

ちょっとした仕掛け絵本で、隠れているねずみくんを探すのが、とっても楽しい絵本です。
ねこに意地悪をされても、みんなに助けられ、
ほのぼのとしてしまいます。

子供は、絵を見て喜んで、大人は内容を楽しんでます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かけ声がリズミカル  投稿日:2007/11/06
おおきなかぶ
おおきなかぶ 作: A・トルストイ
絵: 佐藤 忠良
訳: 内田 莉莎子

出版社: 福音館書店
なかなか抜けないおおきなかぶ。
おじいさん、おばあさんだけでは、抜けません。
「うんとこしょ、どっこいしょ」
犬や、ねこ、ねずみまでが、力をあわせて、がんばります。
「うんとこしょ、どっこいしょ」
このかけ声が、小さい子供にも、ウケがいい秘密かもしれません。
ひざにのせて、かけ声に合わせて、体を引っ張ります。
子供は、大喜びです。
普段の生活の中でも、
「うんとこしょ、どっこいしょ」
と声をかけると、かぶを引き抜くまねをするようになりました。

最後にかぶは、みんなで食べます。
甘くて、おいしいかぶです。
リズミカルで安心感のある絵本だと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい りんごが食べたくなります  投稿日:2007/11/06
りんご
りんご 作: 松野 正子
絵: 鎌田暢子

出版社: 童心社
りんごは、子供が大好きなくだものなので、この絵本を読んでみました。

絵本の中には、「あかいりんご、きいろいりんご、ピンクのりんご」どれもおいしそう。

皮をむいて、もぐもぐして食べるまでが、子供は興味津々。
絵を見ているだけでも、あの甘酸っぱい味を思い出すのでしょう、
自分は、食べられないことに、不機嫌になることも・・・

家のはいつも「あかいりんご」なので、絵本にあるように、「きいろいりんご」や「ピンクのりんご」を見せて、食べさせてあげたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 食べることの楽しさが伝わります  投稿日:2007/10/21
おいしいね おいしいよ
おいしいね おいしいよ 作・絵: わかやま けん
出版社: 童心社
最近、食べることにとても興味を持ち始めたので、読んで聞かせてみました。

うさぎやきりん、しろくま、ライオン、実際には見たこと無い動物がいっぱい出てきますが、
みんながおいしそうに楽しそうにご飯を食べているのが、子供にもわかるようです。
手で、絵をさわりながら、にこにことしています。

家の子供は、まだ上手にスプーンを使えませんが、最後の人間の子供がご飯を食べるページでは、食べるまねをしたりします。

この本を通じて、食べることの楽しさが伝わっているようなきがします。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい パン好きな子供におすすめ  投稿日:2007/10/21
ぱん だいすき
ぱん だいすき 作: 征矢 清
絵: ふくしまあきえ

出版社: 福音館書店
あれも、これもパン!
1才になった子供は、おいしそうなパンがいっぱいのこの本がお気に入りです。
パンを手に持って、食べられる様になってからは、おいしそうな絵を見て、喜んでいます。
これから、もっとたくさんの種類のパンが食べられる様になると、更に面白く読めるのではないでしょうか。
参考になりました。 0人

24件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける

全ページためしよみ
年齢別絵本セット