もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

ななみやさんの公開ページ

ななみやさんのプロフィール

ママ・20代・大阪府、女4歳

ななみやさんの声

992件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う わにわにの食事風景  投稿日:2005/02/17
わにわにのごちそう
わにわにのごちそう 文: 小風 さち
絵: 山口 マオ

出版社: 福音館書店
とってもリアルなワニの姿に思わずどきっとするような絵本です。
怖がりのお子さんにはオススメできません。
迫力は満点。ワニワニがエプロンをして肉をフライパンでじゅうじゅう焼いてるシーンは圧巻です。
うちの娘は怖がらずに面白い〜なんて言ってました。
おなかがいっぱいにわにわにくん。その幸せそうな顔もたまりません。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 猫のひとりごと  投稿日:2005/02/17
ネギでちゅ
ネギでちゅ 作・絵: 舟崎 克彦
出版社: ポプラ社
ネギという名前の猫。自分ではただの猫じゃない。
いろいろなことができるけど、あえてそれをやらないからだと虚勢?を張るのが面白い。
なんだか人間にもこんな人がいるように感じる。
娘にはなんのことかイマイチだったか、私はよんでいて、にんまりとさせてもらった
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 汚れたおててには  投稿日:2005/02/09
おててはぴかぴか
おててはぴかぴか 作・絵: いとう ひろし
出版社: 講談社
はじめのいっぽと題してある男の子が主人公の絵本シリーズ
です。いとう ひろしさんのちょっと斜めからみたような
お話が特徴のシリーズなんですが、この「おてては
ぴかぴか」はストレートな作品で、内容も一番素敵だな
と感じました。
どろどろでべたべたの汚い手には、今日の楽しかった
思い出がつまってるんですね。手を洗うときには、その
思い出をひとつずつ心にしまっていくなんて、本当に
いいなぁと思いました。


参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 楽器に変身  投稿日:2005/02/09
バーバパパのおんがくかい
バーバパパのおんがくかい 作: アネット・チゾン タラス・テイラー
絵: アネット・チゾン タラス・テイラー
訳: 山下 明生

出版社: 講談社
足をけがしたクロディーヌをなぐさめるために、バーバパパ
たちは楽器に変身して、音楽会をひらくことにしました。
バーバパパたちは体の形をかえることができます。
いろいろな楽器に変身!娘はバーバパパがいろいろなものに
なるのが好きなようで、表紙の裏に、家族の紹介ページが
あるのですが、それを見て、一人一人、こんな楽器になったと指で示してくれました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ドキドキ一人で旅行  投稿日:2005/02/09
ひとりでおでかけ
ひとりでおでかけ 作・絵: たさききょうこ
出版社: JULA出版局
おばさん家に遊びにいったくまちゃんをおいかけて、
ななちゃんも一人で電車に乗って、くまちゃんのおばさん家
に遊びに行くお話です。
くまの車掌さんや電車ではぞうさんやありさんなどに
出会います。みんなとっても、ななちゃんに親切です。
無事にくまちゃんのおばさん家についたななちゃんは
なんだかちょっと頼もしくなったような気がしました。
それにしても、電車の中で食べるアイスクリームって美味しいんですよね〜
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う カウボーイ姿もかっこいい  投稿日:2005/02/09
カウボーイのスモールさん
カウボーイのスモールさん 作・絵: ロイス・レンスキー
訳: わたなべ しげお

出版社: 福音館書店
カウボーイのスモールさん、カクタスという名前の馬が彼の相棒です。カウボーイというと今の子どもたちには
分かりにくいと思いますが、この絵本にはカウボーイの衣装の説明や、馬の道具の説明も丁寧についていて、読みやすくなっています。

参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 電車の中の過ごし方  投稿日:2005/02/09
リサ れっしゃにのる
リサ れっしゃにのる 作: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳: 石津 ちひろ

出版社: ブロンズ新社
リサたち家族はみんなで旅行にでかけることにしました。
電車での移動時間は長いらしく、リサはいろいろなものを
数えたりしてましたが、とうとう数えるものがなくなり
ました。そこで登場したのがビーだま。
ところがころころ転がってしまいます。電車の中で
このような行動はダメですよね。リサの行動は子どもらしい
けど、それはダメなんだよと子どもに言いながら、絵本を
読んでいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う スモールさんの日常  投稿日:2005/02/09
スモールさんはおとうさん
スモールさんはおとうさん 作・絵: ロイス・レインスキー
訳: わたなべ しげお

出版社: 福音館書店
この本はスモールさんの家族とその1週間を説明した
絵本です。スモールさんは家事も手伝うよいパパだなと
感じました。理想的なお父さん像ですね。
日曜日には教会に行ったりと、ちょっと子どもには
なじめない話もありましたが、一家の絵はかわいらしく
子どもは自分の生活と比べて、同じだなとかいろいろ
感じたようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 雪国がうらやましいな  投稿日:2005/01/28
ゆきのひのポンテ
ゆきのひのポンテ 作: オスターグレン 晴子
絵: せきぐちともこ

出版社: 福音館書店
雪を初めてみた犬のポンテ。えいっ、と外にでると
ずぼっとはまったりぬけなくなります。
ポンテの初めての雪の体験はまるで子どものように
はしゃいでいます。
雪でかまくらを作って、マシュマロを食べるシーンなんか
このあたりでは雪は積もらないので、うらやましいなぁと
思いました。最後の裏表紙のお風呂シーンもぽっかぽかです。絵がとてもあったかい感じです
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 昔の風景 商店街  投稿日:2005/01/28
ももちゃんのおみせたんけん
ももちゃんのおみせたんけん 作・絵: 村田 エミコ
出版社: 福音館書店
ももちゃんはお姉さんと一緒にお買い物に出かけます。
お豆腐を買いにいくんです。そこに広がる町並みは
昔の活気のある商店街。
私の小さなころにはこんな商店街がありましたね〜
版画の絵が、またなんとも懐かしい感じを出していて、
これは子どもの絵本ではなく、大人向きなんじゃない
でしょうか。

参考になりました。 0人

992件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ

パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット