話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる

はななおみさんの公開ページ

はななおみさんのプロフィール

ママ・30代・福島県、女5歳 男3歳

はななおみさんの声

27件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 何回読んでも楽しいです  投稿日:2007/12/18
バムとケロのおかいもの
バムとケロのおかいもの 作: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂
我が家の「バムとケロシリーズ」2作目です。
子供って、同じ絵本を何日も何回も読んでとせがみますよね。それって読むほうにとってはとても苦痛になる時があります。でも、この絵本は何回読んでも新しい発見があって、子供と一緒にそれを見つけながら楽しめる絵本です。
3歳ぐらいになると、大人顔負けの発見と新しい見方ができて、読むほうの私もだいぶ楽しませていただきました。

どうぞ、この絵本で子供と一緒にたくさんの発見をして楽しんでください。(中身は読んでからのお楽しみ)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 難しい絵本かな  投稿日:2007/12/18
スノーマン
スノーマン 作・絵: レイモンド・ブリッグズ
出版社: 評論社
読み聞かせをするには、ちょっと難しかったです。
子供にこの絵本を持ってこられると、正直辛かったです。

文章のない絵本を、読み進めるということは、自分の文章力のなさを思い知らされることになりました。それでもなんとか読み進めてきましたが、娘は案外そんなことは関係ないようで、私が必死に文章を考えて読んでいるのに相槌を打ったり、付け加えたりして、何度か読んでいるとだんだん楽しくなってきました。文章のない絵本も意外と子供との触合いに役立つようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あはははっ  投稿日:2007/12/18
でんぐり でんぐり
でんぐり でんぐり 作・絵: くろい けん
出版社: あかね書房
どうしてなのか、あはははっと笑うところでまだ1歳にもならなかった息子は、ゲラゲラ笑うのです。・・・あまりにかわいいので、何度も何度も読んであげました。

今となっては、布団の上ででんぐり返しをしたくて(自分ではまだ出来ない)私のところへやってとせがみに来ます。絵本から学ぶものって大きいですね。

とても、単純ですが、軽快でよみやすい絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ぐりとぐらと出会った本  投稿日:2007/10/28
ぐりとぐらのおきゃくさま
ぐりとぐらのおきゃくさま 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
今年の春、病院の待合室でこの本に出会いました。
「ぐりとぐら」との出会いの本です。
もうすぐ3歳になる娘と一緒に季節はずれの、この本を読みました。娘も私も勝手にお家に入って「ダメだね〜。誰かな〜?」と、すぐに本に夢中になっていきました。この時最後まで読んで私はお客様の正体がすぐにわかりましたが、娘はとうとうこのおじさんの正体がわかりませんでした。わたしは、この本を読んで「ぐりとぐら」のファンになりました。

それから「ぐりとぐら」シリーズを少しずつ集めています。
娘も「ぐりとぐら」が大好きです。

クリスマスが近くなったらこの本を娘にプレゼントしようと思っています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 面白いよね〜  投稿日:2007/10/28
からすのパンやさん
からすのパンやさん 作: かこ さとし
出版社: 偕成社
なかなか本を読まない小学校3年生の甥っ子に、プレゼントしました。
弟(甥っ子の父)からは、「え〜絵本でしょこれ」とちょっと物足りなそうでしたが、まずは、自分から読みたいと思うのが大事だと思い、面白そうな絵本をあげました。

包みからだすと、早速甥っ子は絵本を読み始めました。
どうやら私の思惑通り甥っ子はこの絵本を気に入ってくれたようです。真剣に読み終わった後「これおもしろいから、後で○○(私の娘)に読んであげるね」と、一言。

この絵本をきっかけに、本を読む楽しさをしってくれたらいいなあと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 癒されたいのかな〜  投稿日:2007/10/28
幸せの絵本2ー大人も子どもも、もっとハッピーにしてくれる絵本100選
幸せの絵本2ー大人も子どもも、もっとハッピーにしてくれる絵本100選 編: 金柿 秀幸
出版社: SBクリエイティブ
ちょっと、育児や自分に自身がもてなくなった時やストレスがたまった時この本を開いてみます。いろんな絵本を知ることができ、読むたびに表情の変わる本です。前は気にもとめなかった絵本にちょっと興味をもってみたり、そうすると、少しずつイライラがなくなっていきます。

子供と一緒に読んでも楽しいです。保育園へ通っている娘のほうが本のレパートリーが多いようです。「これ知ってるよ〜」と1ヶ月もするとまた私の知らない絵本を指差すことがあります。

第3弾早く出ないかな。楽しみにしています。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 意外に面白い  投稿日:2007/10/28
ごぶごぶ ごぼごぼ
ごぶごぶ ごぼごぼ 作: 駒形 克己
出版社: 福音館書店
1歳になる息子が、気に入るかどうかわかりませんでしたが、単純で色彩がきれいだったので購入してみました。

どうやら息子の心にヒットしたらしく、いつもこの本を読んで欲しいとせがまれます。何個かあいている穴にお互い指を入れてみたり、遊び方はいろいろですが、息子が好きなページもあるようで、何回も何回も同じページに戻って「ニター」とする息子を見ると思わず吹き出しそうになります。

是非お子さんに試してみてください。読んであげる価値のある本ですよ
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すみれちゃんは、すみれちゃんなの  投稿日:2007/07/23
ぐりとぐらとすみれちゃん
ぐりとぐらとすみれちゃん 作: なかがわ りえこ
絵: やまわき ゆりこ

出版社: 福音館書店
ぐりとぐらの次は、このぐりとぐらのすみれちゃんを娘に呼んであげました。もちろんすみれちゃんに興味津々。
何度も読んであげた後、じゃあ、つぎは「ぐりとぐらと○○ちゃん(娘の名前)」で読もうか、と娘に提案したところ娘から「ダメだよ、すみれりゃんは、すみれちゃん」という答えが返ってきました。ぐりとぐらに「すみれちゃん」という存在は特別だったようです。「すみれちゃんは、どこからきたの?」「すみれちゃんはいくつ?」意外な娘の言葉にちょっとビックリした私でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おいしそ〜  投稿日:2007/07/23
しろくまちゃんのほっとけーき
しろくまちゃんのほっとけーき 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
この本を読んだ後、ホットケーキを作りたくなりますよ。
もちろん、私も作りました。だって本当にホットケーキがおいしそ〜なんですもの。
3歳の娘にはちょっと大変な作業でしたが、もちろん手伝ってもらいました。この本を読んでからは、出来合いのもの買ってきて食べるなんてとんでもないという感じです。

作りながら、「しろくまちゃんみたいね〜」食べながら「しろくまちゃんのホットケーキだね〜」と親子の会話が弾むこと請け合いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵本が欲しくなる本  投稿日:2007/07/23
幸せの絵本ー大人も子どももハッピーにしてくれる 絵本100選
幸せの絵本ー大人も子どももハッピーにしてくれる 絵本100選 編: 金柿 秀幸
出版社: SBクリエイティブ
このサイトと、この本でいきなり絵本に興味を持つようになりました。それまでは、本屋さんへ行って娘と息子に何か絵本でも、と思ってもなかなかどれにしていいか決められず買わずに帰ることがしばしばでした。
ところが、この本を読んでからは、この絵本もあの絵本も読んでみたい(子供たちに読んであげたい)と思うようになり
本屋さんへ行くと今度は、どの本を買っていこうかたくさんありすぎて逆に迷ってしまうほどになりました。
購入した本を、子供たちが興味津々で聞いてくれて何回も何回も「ママこの本読んで〜」と言ってくれるのを聞くととても嬉しくなります。

なかなか書店でゆっくり吟味することができないので、この本をじっくり何回も読んで次は、この本を子供たちに読んであげようと、絵本を読む楽しみが増えました。
子育て中のママには、必見です。
参考になりました。 0人

27件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット