もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ゆ→こさんの公開ページ

ゆ→こさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、男の子6歳

ゆ→こさんの声

20件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 思った以上に楽しめています  掲載日:2014/12/24
あいうえあそびえほん
あいうえあそびえほん 作: 石津 ちひろ
絵: 荒井 良二

出版社: のら書店
遊びからひらがなに興味を持ってくれたらいいな〜と思い購入しました。
ゴロがよくぽんぽんと読みやすいです。あいうえお、かきくけこ、という並びを呪文のように覚えてくれたらいいな〜と期待して読み聞かせています。またイラストは大人の私からしたら1ページの中であまり関連性がなくごちゃごちゃしているな〜と思うのですが(あいうえおのページであればそれぞれの文字で始まるイラストが色々と描かれているため)、子供にはそのごちゃごちゃ感が興味を引くらしく「これ」「これ」と指差して一つ一つ確認して楽しんでいます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいいです  掲載日:2014/12/24
プータンいまなんじ?
プータンいまなんじ? 絵: ならさか ともこ
文: わだ よしおみ

出版社: JULA出版局
かわいいイラストですね。時間を学ぶと言ったらまだまだですが、時間に興味が出てきているわが子は楽しそうにお話を聞いています。自分で時計を回して遊ぶかと思いきやそこは意外と興味が薄く、基本的にはママやってといっていますが、時々ふざけて回して遊んでいます。時計の針はしっかりしているので簡単には壊れないと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しくお兄さんになれそうです  掲載日:2014/12/12
あかちゃんがやってきた
あかちゃんがやってきた 作: 角野 栄子
絵: はた こうしろう

出版社: 福音館書店
かわいいです。楽しいです。赤ちゃんがやってくることを子供目線で描いています。赤ちゃんがやってくる不安よりもワクワク感が増すような内容が好きです。一生懸命お兄ちゃんになろうと頑張るというよりも、子供らしい発想でお兄ちゃんになることを想像しています。こんな感じでうちの息子3歳もお兄ちゃんになることを楽しみに思ってくれるといいなぁと思う内容でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やっぱりかわいい  掲載日:2014/12/2
ぐりとぐらのおきゃくさま
ぐりとぐらのおきゃくさま 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
「ぐりとぐら」に続いて我が家でシリーズ2冊目です。やっぱりかわいい!期待を裏切らない。お話の最後までお客様の正体を言葉では明かさないのですが、サンタクロースの存在をどこまで認識しているのかわからない息子に「誰だ?」と聞いたらちゃんと「サンタクロース」と答えました。言葉で多くを語らないところがいいですね。
「ぐりぐら、ぐりぐら」のようなテンポのいい言葉はなかったのですが、3歳息子しっかり聞いてくれました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 本物のようなイラスト  掲載日:2014/11/27
どうぶつのおかあさん
どうぶつのおかあさん 作: 小森 厚
絵: 藪内 正幸

出版社: 福音館書店
イラストがとてもリアルです。お下がりでいただいていた本なのでもう少し小さいころから読んであげていればよかったな〜と思いました。初めて読んだ時の反応はいまいちでしたが、しばらくしてから再度読んであげるとイラストをじっと見てはお話を聞いていました。楽しむというより勉強になるといった感じの絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 親のトーマス勉強にもいいです  掲載日:2014/11/27
きかんしゃトーマス キャラクターコレクション
きかんしゃトーマス キャラクターコレクション 出版社: ポプラ社
トーマス大好きな息子が本屋さんに行って自分で選んだこの絵本。キャラクターについての説明がしっかりされているので文字もそれなりにあります。でもしっかり聞いては覚えて、時々自分で開いて覚えている文章を読んでいます。トーマス好きだったら絶対お勧めです。親もキャラクターを勉強できます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 冬の絵本  掲載日:2014/11/27
てぶくろ
てぶくろ 作: (ウクライナ民話)
絵: エウゲーニー・M・ラチョフ
訳: 内田 莉莎子

出版社: 福音館書店
長い文章はわが子にはどうかな?大人っぽいイラストはわが子にはどうかな?と思いながらも昔からの名作とのレビューに惹かれて半信半疑で購入したこの絵本。正解でした。
登場するどうぶつたちにはみんな特徴があって子供はそれを楽しそうに口にしています。私自身としては冬の落ち着いた雰囲気が伝わってきそうなイラストが好きです。暖かい部屋でゆったりと読みたいお話だなと思いました。
参考になりました。 1人

ふつうだと思う おしゃれなイラスト、でも息子には・・・  掲載日:2014/11/27
さんかくサンタ
さんかくサンタ 作・絵: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社: 絵本館
私自身イラストに惹かれて購入。2歳の息子の反応は・・・いまいちでした。もう少し小さいころに見せたほうがよかったのかな?丸、三角、四角が学べてなかなか良い絵本だと個人的には思うんですけどね。表紙のイラストもおしゃれなのでクリスマス時期のインテリアにもなります。さて、今年3歳のクリスマス、またこの絵本息子にリベンジするぞ!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ユニークでかわいい ほのぼのします  掲載日:2014/11/27
さつまのおいも
さつまのおいも 文: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成

出版社: 童心社
おいもの季節に購入しました。スーパーでサツマイモに過剰反応する息子にはばっちりはまったようです。表紙がわかりやすくおいもですからね。
お話はとてもほのぼのしています。有り得ないけど、おイモがご飯食べたり、スポーツしたりとても楽しい感じです。いろいろな形のおイモが並んだページでは「一番大きいのはこれ」とか「一番長いのはこれ」とかいった感じで楽しんでいます。そして最後のオチがまたユニークでかわいらしいです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 繰り返しのフレーズ  掲載日:2014/11/27
がたごと がたごと
がたごと がたごと 作: 内田 麟太郎
絵: 西村 繁男

出版社: 童心社
文章が少なくて驚きました。使っているフレーズは2,3フレーズです。またイラストが不気味なシーンがいくつかあり、個人的には好みでないです。電車好きな息子は普通に楽しんでいました。繰り返しを好むといわれる2.3歳児にはよかったんですね。
参考になりました。 0人

20件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

20か国以上で大反響!プログラミングの魔法の世界へようこそ

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット