もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

リカポンさんの公開ページ

リカポンさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、女2歳

リカポンさんの声

170件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 思いっきり体を動かして!  投稿日:2003/04/21
できるかな?あたまからつまさきまで
できるかな?あたまからつまさきまで 作・絵: エリック・カール
訳: くどう なおこ

出版社: 偕成社
リズム感のある文章に合わせて登場する動物「できるかな?」
子供が、動作を真似て「できるよ できる」
今、娘一押しのノリノリになる絵本。
「パパも、ママもやって〜」と、親子で楽しい時間がもてますよ。
娘の友達に読んであげたらやっぱり「できるよ!」と挑戦。
自然にやりたくなっちゃう元気がでる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵なしかけ絵本  投稿日:2003/04/19
だんまりこおろぎ
だんまりこおろぎ 作・絵: エリック・カール
訳: くどう なおこ

出版社: 偕成社
こおろぎぼうやの成長を描いたお話。
色々な昆虫たちにあいさつしたくても音がでない歌えないこうろぎぼうや。
読み進んでいくうち応援したくなってきますよ。
最後に仲間の女の子こおろぎに出会い、上手に歌えたこおろぎぼうやに
娘は、「すごい〜。じょうず〜。」思わず拍手!!
最後にこおろぎの音色のでるしかけ絵本に感激してました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 気持ちよさそ〜。  投稿日:2003/04/19
どろんこ こぶた
どろんこ こぶた 作・絵: アーノルド・ローベル
訳: 岸田 衿子

出版社: 文化出版局
どろんこが大好きなこぶたくんが、どろんこを求めて冒険をするお話。
娘には、ちょっと長いかな?と、思っていたが、最後までじーっと聞いていたのには驚きだった。
それだけこぶたくんが魅力的でそしてハラハラさせてくれたからかな。
なによりも大好きなこと、どろんこに沈むこと、それがまた子供心に共感するキャラクターですよ。
アーノルド・ローベル氏の他の絵本も読みたいと思っています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 癒してくれます。  投稿日:2003/04/19
14ひきのこもりうた
14ひきのこもりうた 作・絵: いわむら かずお
出版社: 童心社
夕方から夜にかけての14ひきの生活がほのぼの描かれた絵本です。
夕方の匂い、夜の匂いが漂う、時間がゆっくり流れている生活っていいな〜。
と、14ひきの生活の中に入ってしまいそうな、癒してくれるような絵本。
娘は、お風呂のページがお気に入りです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しみながら自然に・・・  投稿日:2003/04/16
1、2、3どうぶつえんへ
1、2、3どうぶつえんへ 作・絵: エリック・カール
出版社: 偕成社
娘の大好きな絵本。「これなに?」が始まったころ
物と一緒に文字や数字にも興味をもってもらいたいなと思い
選んだ絵本のひとつです。
動物たちが汽車に乗って現れます。どこにいくのかな?
大きく描かれた独特の色彩の絵と数字、
どのページにも描かれてるねずみ探しも楽しいです。
最後に子供の大好きな動物園に到着。
下に描かれた汽車もとってもよく考えられててさすがです。
繰り返し読むうちに楽しく自然に数の世界を教えてくれる絵本ですよ。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ころわんのお母さんのように・・・  投稿日:2003/04/16
ころわんとおにんぎょう
ころわんとおにんぎょう 作: 間所 ひさこ
絵: 黒井 健

出版社: ひさかたチャイルド
ある日、公園でお人形を見つけたころわん。
友達のちょろわんやねこちゃんと一緒に楽しくお人形と遊びます。
お人形を家に連れてきたころわんを優しく包むようにおかあさんが諭します。
もっとお人形と遊びたいころわんでしたが、お人形を公園に帰すことができ落とし主の女の子の喜ぶ姿を見ることができます。
子供の日常に似たようなことってありますよね。
ころわんのおかあさんの言葉に耳を傾け納得した娘は「返してよかったね。」娘自身に結びついてくれたかな。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う わたげを探しに行こう〜。  投稿日:2003/04/16
ころわんとふわふわ
ころわんとふわふわ 作: 間所 ひさこ
絵: 黒井 健

出版社: ひさかたチャイルド
ころわんとたんぽぽのわたげのお話。
小さな子供の視線と同じころわんが描かれたこのシリーズは、2歳の娘のお気に入りとなりました。
公園や道端でたんぽぽを見かけるたび早くわたげにならないかな。と親子で待ちわびてるこの頃です。
今の季節、小さなお子さんにおすすめの絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい はっはっはっ 最後に笑うのは誰?  投稿日:2003/04/16
さつまのおいも
さつまのおいも 文: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成

出版社: 童心社
土の中で暮らしてる「さつまいも」
ごはんも食べて。歯も磨く。え?そうなの?
トレーニングもしてる・・なんで?
子供達との綱引きのためだったんですね。
最後に大笑いしちゃったお芋掘りのお話です。
絵も明るく面白いですよ。
「ぷっぷっぷーっ」はもちろんのこと
「〜でごわす。」この言葉も娘にとってもウケていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ふれあいっていいな。  投稿日:2003/04/16
がたたん たん
がたたん たん 作: やすい すえこ
絵: 福田 岩緒

出版社: ひさかたチャイルド
知らない人同士の電車の中いろいろなハプニングが起こると・・・
文章はほとんどありません。
(が、読み手が、色々お話が作れてしまうので私は結構こうゆう絵本が好きです。)
白黒で描かれた乗客が、次々におこる出来事に心のふれあいが生じる度に、色づいていく姿がとってもほのぼのとして、それでいて大切な事を伝えてくれる絵本です。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いい味だしてます。ゴリラくん  投稿日:2003/04/16
おやすみゴリラくん
おやすみゴリラくん 作・絵: ペギー・ラスマン
訳: いとう ひろし

出版社: 徳間書店
夜の動物園を見まわっている管理人のおじさんからこっそりオリのかぎを拝借したゴリラくんが楽しい面白い「おやすみ」を繰り広げてくれるお話です。
文章は、少ないのですがそれがまた想像力をかき立ててくれて面白さを倍増させてくれます。
こちらに向かって「シー」と口元に指をあてているゴリラくんの姿は、とっても可愛いですよ。
親子で真似ながらクスクス笑ってしまう絵本です。
参考になりました。 0人

170件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

出版社おすすめ

  • かわうそモグ
    かわうそモグの試し読みができます!
    かわうそモグ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    モグとアオメは、カワウソの兄弟。ウナギを食べようと女の子に変身したモグですが…。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット