すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
てつじんこさん 30代・ママ

遊びかた無限大
5歳の息子が楽しめそうだと思い購入しま…

サニーふうさんの公開ページ

サニーふうさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、女の子6歳 女の子3歳

サニーふうさんの声

28件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 想像の羽  掲載日:2018/3/8
DOOR 208の国と地域がわかる国際理解地図(2)ヨーロッパ
DOOR 208の国と地域がわかる国際理解地図(2)ヨーロッパ 監修: 中村 和郎 次山 信男 滝沢 由美子
発行: 地図情報センター

出版社: 帝国書院
遠いヨーロッパについて、日本との接点を交えながらかかれており、とても面白いです。あいさつや国の特徴なども記載されており、ヨーロッパの魅力がぎゅっとつまっているので、子どもたちも興味津々。
想像の羽を大きく広げながら、もって知りたい、いつかいってみたい、と、関心の幅を押し広げてくれる一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 星の欠片  掲載日:2018/3/8
友を失った夜/とりひき
友を失った夜/とりひき 作: 星 新一
絵: 田中 六大

出版社: 三起商行(ミキハウス)
星新一さんの絵本シリーズ。ショートショートの中に散りばめられた眩しい星の欠片を、しっかり感じ取ることができます。
子どもはもちろんのこと、大人も十分に楽しむことができる絵本。とりわけ、こちらにのっている二冊は、まさに人類の今を、そしてそう遠くない未来を反映していて、胸に訴えかけてくるものがあります。
未来を担う子どもたちと一緒に、顔を見合わせて、語り合いたい本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 好奇心の扉  掲載日:2018/3/8
DOOR 208の国と地域がわかる国際理解地図(1)アジア
DOOR 208の国と地域がわかる国際理解地図(1)アジア 監修: 中村 和郎 次山 信男 滝沢 由美子
発行: 地図情報センター

出版社: 帝国書院
日本から始まって、馴染みあるアジアの国々が、どんどん目の前に広がっていきます。絵本を捲るごとに、好奇心の扉が開いていくようです。
簡単な挨拶と国の情報、かわいらしい絵とともに地図がのっていて、子どもたちも楽しくアジアについて学べるのではないでしょうか。
さらに、アジアの中の日本、アジアの一員としての自分、といった視点で考えることもできる、すてきな絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ドーナツ、つくってみたい!  掲載日:2018/1/23
ドーナツやさんのおてつだい
ドーナツやさんのおてつだい 作: もとした いづみ
絵: ヨシエ
企画: アサヒ飲料株式会社
発行: 絵本ナビ

出版社: 泰文堂
五歳の娘が自分で読むのにちょうどよい分量で、リズミカルな文章がドーナツづくりのわくわくをかきたてるようで、なんべんもくりかえし読んでいます。
絵もとっても愛らしくて、特にさいごの桜の花の光景はすてきだなと思います。
読んでいるうちにドーナツが食べたくなって、うちでも挑戦してみました。絵本とおなじ、おなじと喜んでいました。
でも、100こつくって、という相談は、ちょっとむずかしいかな・・・。とっても楽しそうですけどね。
また、チョコペンシルで絵をかきたいとせがんでいるので、二本買って、三歳の次女といっしょに、おいしいドーナツがつくれたらなと思っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい くつひも、むすべたよ!  掲載日:2018/1/23
くつひもトレーニングブック
くつひもトレーニングブック 著: Lake Press
出版社: 東京書籍
かねてから、リボン結びがしたくてうずうずしていた五歳の娘。ちょうど本屋さんでこちらを見つけ、靴紐結びも学べて一石二鳥と思い、購入しました。
付録がついていて、説明もわかりやすく、何度も何度も挑戦しているうちに、一人でできるようになりました。「ママ、できたよ。みて、みてー」と、すごくご満悦な様子。幼稚園でも自分でやったと自慢したようです。
また、パパのスニーカーの靴紐も結び直して、とくいげにパパに教えてあげていました。
意外に教えるのが難しいので、こういう本があると、親としてもとても助かるし、子どもの「できた」につながり、すばらしいなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いっしょにねむくな―る  掲載日:2017/12/24
おやすみ、ロジャー
おやすみ、ロジャー 著: カール=ヨハン・エリーン
監: 三橋 美穂

出版社: 飛鳥新社
いますぐ眠くなる方法はさてなんだろうと考えながら読んでいるうちに、絵本の中にひきこまれていて、うとうとしてきます。
ゆっくり、気持ちを楽に、など、リラックス効果の高い言葉のくりかえしで、心がゆったり落ち着いてくるようです。
読む前ははしゃいでいた娘たちもだんだんしずかになり、全部読み終わらないうちに夢の中に入っていることもしばしばです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あっぱれ、ももちゃん  掲載日:2017/12/24
ももちゃんと じゃまじゃまねこと クリスマス
ももちゃんと じゃまじゃまねこと クリスマス 作: にわ
出版社: マイクロマガジン社
じゃまじゃまねこたちがかわいくて、愛らしくて、にくめない。ページをめくるたびに、あっ、ねこちゃん、ねこちゃん、ここにもいるよと、三歳の娘も大興奮。
ももちゃんといっしょにねこちゃんたちを何度もこらしめちゃうのも、気に入ったよう。まるまるふくらんだお洋服から、なんびきもねこたちが出てきたところは、特に大笑いでした。
楽しいしかけがあって、何度も喜んで読んでいました。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい パパ、ダメよ  掲載日:2017/12/24
はなくそ
はなくそ 著: アンジェール・ドロノワ
絵: カロリーヌ・アメル
監修: 守本倫子
訳: たかのゆう

出版社: 竹書房
最初タイトルを見たときは、「鼻くそだって、きゃははは」、と大笑いしていた娘でしたが、読み進めるにつれて、真剣な表情に。
わたしが言っても、鼻をすすることが多かったり、鼻くそをほじくっていることがあったのですが、何回も読んで、絵本の影響か、「やさしくとろうっ」と、などと言っています。
またパパに、「ダメ、鼻啜っちゃ、かぜなおらないよ」と、注意する場面も。
うちの子に小さな子どもたちは特に鼻風邪を引きやすいので、本でなぜ鼻をすすったり鼻くそをほじくらないほうがいいのか、どうしてなのか、ということがユーモアたっぷりに書かれていておすすめです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ねむくなるおまじない  掲載日:2017/12/24
おやすみ、エレン
おやすみ、エレン 著: カール=ヨハン・エリーン
監訳: 三橋 美穂

出版社: 飛鳥新社
最近興奮して眠れないことが多い娘に読んでみましたが、読んでいるうちに私もねむくなり、ねむたそうな声でゆったり話しているか、娘のまぶたもとろーんとさがってきます。
ねむくなるおまじないのような本だと思います。もちろん、わんぱくざかりの子どもだけでなく、忙しく悩み多き大人たちにも効果抜群。
どんどん眠くなる、あくび、の繰り返しで、階段をゆっくりさがっていくところで、もう力尽きて寝ることもしばしば。
ぞうさんのやわらかいタッチの絵も、眠気をさそいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい クリスマスにみんなで読みたい絵本  掲載日:2017/11/22
おおきいツリー ちいさいツリー
おおきいツリー ちいさいツリー 作・絵: ロバート・バリー
訳: 光吉 夏弥

出版社: 大日本図書
お屋敷にとどけられた大きなツリーの先っぽが、次から次へと渡されていってー。最後は小さなねずみの家に飾られます。
ツリーのおすそわけって、幸せですね。うきうきします。いろいろな人たちが動物たちが登場し、飾りつけもとってもすてき。
クリスマスが待ち遠しくなる、みんなで声を出して読みたい絵本です。
うちの娘たちもとても大好きで、くりかえしくりかえし読んでいます。長女がこの絵本を読み出すと、そろそろクリスマスだなあ、今年はどうやって飾りつけしようかなと、わくわく胸をはずませます。
参考になりました。 0人

28件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット